テレビ録画用外付けHDDの選び方とおすすめ5選を紹介!テレビ番組を気軽に録画!

家電

外付けHDD(ハードディスク)はテレビ録画に使用すれば多くの番組を録画することができる便利なアイテム(ガジェット)です。 簡単に設置でき、テレビ番組を撮り溜めしたい方、番組を保存しておきたい方におすすめのアイテムです。 そこで、テレビ録画用外付けHDDの選び方とおすすめ5選を紹介します。

この記事はこんな人におすすめ!

テレビ録画用外付けHDDのおすすめは?
テレビ録画用HDDはどうやって選べば良いの?

 

・外付けHDDの種類 ・テレビ録画対応外付けHDDの選び方
・テレビ録画用外付けHDDおすすめ5選

上記の3点から解説していきます。

 

hatta
hatta
テレビ録画におすすめの外付けHDDの選び方とおすすめ5選を紹介します! これを読めばテレビ録画用HDDで迷うことはなくなります!

 

iPhoneとPC両方に接続可能なUSBメモリ5選。Lightning端子対応USBの紹介

iPhoneとPC両方に接続可能なUSBメモリ5選。Lightning端子対応USBの紹介
iPhoneはUSBやSDカードに対応していないため、PCなど外部へのデータ転送は不便です。 写真や動画でストレージやiCloudがすぐにいっぱいになってしまうなんてことも多いはずです。 そんな時は、Lightning端子対応のUSBメモリがとても便利です。 iPhoneやiPadに接続できるUSBメモリをの選び方やおすすめのUSB5選を紹介します。

 

外付けHDDの種類

据え置き型

据え置き型の外付けHDDは、オフィスや自宅のリビングなど、決まった場所に設置して使用するモデルです。
比較的容量の大きなモデルが数多くラインナップされています
テレビ番組をまとめて録画したり、パソコンを丸ごとバックアップしたりする用途にも向いています。
電源にはコンセントが必要なため、設置場所がある程度限られてしまいます。
ただし、容量に対してリーズナブルなコスパモデルが多いのが魅力です。
縦置きと横置きの両方に対応しているモデルもあるので、設置する場所を考慮して選ぶことをおすすめします。
「ファンレス設計」のモデルであれば、動作音が静かなため、寝室などにもぴったりです。

ポータブル型

ポータブル型の外付けHDDは小型軽量なのが特徴で、大容量データを気軽に持ち運べます。
省電力設計のモデルが多く、USBケーブルを経由して電源が取れるのもポイントです。
コンセントのない場所でも、USBケーブル1本で使えます。 テレビ周りをスッキリさせたい方におすすめです。

 

hatta
hatta
外付けHDDには「据え置き型」と「ポータブル型」の2種類が存在します。 「据え置き型は」大容量でリーズナブルなものが多いのでおすすめです。

 

テレビ録画対応外付けHDDの選び方

容量を確認

外付けHDDの容量が大きいほど、録画できる時間が長くなります。
地上デジタルハイビジョン放送の場合、1TBの容量に約125時間分を録画することが可能です。
4K放送のようにデータ量の大きい番組の場合は、約65時間録画できます。
1日に録画する番組の数や、まとめ録りしておきたい日数を考慮したうえで、容量に余裕のある製品を選ぶことをおすすめします。

SeeQVault対応かをチェック

デジタル放送は著作権によって保護されているため、基本的に番組を録画したテレビでしか再生できません
例えば、テレビを買い替えた場合に、外付けHDDを新しいテレビに接続しても、過去の録画データは視聴できなくなります。
テレビを買い換える予定のある方におすすめなのが、「SeeQVault(シーキューボルト)」に対応した外付けHDDです。
SeeQVaultとは、パナソニック・サムスン・東芝・ソニーの4社によって開発されたコンテンツ保護技術です。
SeeQVault対応の機器なら、録画に使用したテレビ以外でも、コンテンツを再生できます。

hatta
hatta
「容量」「SeeQVault(シーキューボルト)」の2点がテレビ録画用外付けHDDを選ぶ際に重要になります。

 

テレビ録画用外付けHDDおすすめ5選

上記でテレビ録画外付けHDDの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!テレビ録画外付けHDDにはうるさいと評判の筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したテレビ録画外付けHDDを5つ紹介します!

BUFFALO HD-NRLD3.0U3-BA

BUFFALO HD-NRLD3.0U3-BA」はテレビやレコーダー、ゲーム機、パソコンなど、さまざまなデジタル家電につなげて使える容量3TBの外付けHDDです。
対応機器に接続すれば、テレビ番組の録画や再生を楽しめます。
また、レコーダーのHDDに保存した録画番組を本製品に移動させることも可能です。
レコーダーの空き容量が足りない場合などに、便利に使えます。
接続したテレビやパソコンの電源に連動して、本体のオン・オフが切り替わる「電源連動機能」を搭載しているのも魅力で、消費電力が気になる方にもおすすめのモデルです。

 

・種類:据え置き型
・容量:3TB

 

 

I-O DATA 24時間連続録画対応 録画用HDD AVHD-AUTB4

I-O DATA 24時間連続録画対応 録画用HDD AVHD-AUTB4」は24時間の連続録画に対応した容量4TBの外付けHDDです。
国内大手メーカーが発売する人気モデルと同等の、信頼性が高い「ハイグレードカスタムハードディスク」を搭載しているのが特徴です。
外付けHDD録画対応のテレビやレコーダーに接続して、番組の録画や再生を楽しめます。
本製品は、高さ約4.3cmのスリム設計です。
横置きタイプなので、レコーダーラックなどを使った設置にぴったりです。
「防振ダンパー」を搭載し、内部振動による雑音を軽減しているのもポイントです
ファンを省いた「エアフロー構造」を採用しているため、動作音も気になりません。
静音性が高く、快適に使用できる外付けHDDです。

 

・種類:据え置き型
・容量:4TB

 

 

I-O DATA 外付HDD HDCZ-UTL4K

I-O DATA 外付HDD HDCZ-UTL4K」は本体サイズが幅3.5×奥行き17.2×高さ11.6cmとコンパクトで、狭い場所に設置しやすい容量4TBの外付けHDDです。
縦置きと横置きの両方に対応したモデルです。
対応のテレビ・チューナー・レコーダーに接続し、新4K衛生放送を含んだテレビ番組の録画や再生ができます。
大容量ながら、お手頃価格で購入できるのが魅力です。
本体の表面が、凸凹形状に加工されているのもポイントで、一般的な平面モデルに比べて表面積が約6%広く、効率的に熱を放出します。
ファンレス設計と防振設計を採用しており、高い静音性を実現しています。
テレビの電源に連動して自動でスリープモードに切り替わる「電源連動機能」を搭載しているので、無駄な電力を抑えられるのも魅力です。

 

・種類:据え置き型
・容量:4TB

 

 

SEAGATE SGP-MX020U

SEAGATE SGP-MX020U」は24時間の連続テレビ録画に対応した高耐久の外付けHDDです。
容量は2TBで、接続するテレビの録画機能によっては2番組の同時録画も可能です。
USB3.1に対応しており、大容量データでもスムーズに扱えます。
テレビへの接続・設定方法をわかりやすく解説した「かんたん接続ガイド」が同梱されているのも魅力で、初めてHDDを購入する方や、機械の扱いが苦手な方でも安心して使用できます。
ファンレス設計で動作音が小さいのもポイントです。
見たい番組が多い方や、同時間帯に被ってしまいがちな方におすすめです。

 

・種類:ポータブル型
・容量:2TB

 

 

ADATA 外付けハードドライブ AHV620S-2TU31

ADATA 外付けハードドライブ AHV620S-2TU31」は高さ1.15cmと極薄の外付けHDDです。
かさばりにくく、バッグなどに入れて持ち運びやすいのが特徴です。
本体の端が持ち上がったデザインで、テレビ台などの上に平たく置いても、表面に傷が付きにくい設計です。
容量は2TBで、パソコンのデータ保存用としても、テレビ録画用としても使用できます。
本製品は、対応のテレビやレコーダーに、USBケーブル1本で接続可能です。
AVアダプターなどは不要なので、コンセントの位置を気にせず、手軽に設置できるのもメリットです。

 

・種類:ポータブル型
・容量:2TB

 

 

 

hatta
hatta
上記5点が実際に筆者が使用している厳選したテレビ録画用外付けHDDです! 個人的に「据え置き型」と「ポータブル型」のものを1つずつ持っておくのがおすすめです!

 

番組を撮り溜めてから一気見したい方などにおすすめのアイテム

以上がテレビ録画用外付けHDDの選び方とおすすめ5選の紹介でした。 テレビ録画に対応した外付けHDDには、据え置き型とポータブル型の2種類があります。 大容量タイプを探している方には据え置き型、テレビ周りをスッキリさせたい方や、持ち運びたい方にはポータブル型がおすすめです。 録画を取っておきたい方や、撮り溜めてから一気見したい方にはおすすめのアイテムです!

 

hatta
hatta
テレビ録画用HDDはテレビ番組を効率良く見るのに活用できます!

 

Androidタブレットの選び方とコスパ重視おすすめモデル4選を解説!

404 NOT FOUND | hattablog
ブーツやアメカジ、趣味の情報を発信
家電
hattablog
タイトルとURLをコピーしました