「ダナーライト1」「ダナーライト2」「ダナーライト3」?ダナーライトシリーズの違い解説!

Danner

アウトドアブーツメーカーダナー(Danner)のフラッグシップモデル「ダナーライト」。
「ダナーライト1」「ダナーライト2」「ダナーライト3」などのモデルを聞いたことがあるのではないでしょうか?
そんな「ダナーライト1」「ダナーライト2」「ダナーライト3」の違いや特徴について解説していきます!

 

この記事はこんな人におすすめ!

ダナーライト 1、2、3の違いを知りたい!

ダナーライト2が欲しいけどまだ買えるの?

自分の持っているダナーライトはどのモデル?

 

・「ダナーライト1」「ダナーライト2」「ダナーライト3」とは?
・「ダナーライト1」「ダナーライト2」「ダナーライト3」各モデルの違いと特徴
・アメリカでしか手に入らないモデル

上記3点から解説していきます。

 

hatta
hatta

ダナーライト 1、2、3について詳しく解説します!

 

旅履にはダナーライトがおすすめ!

旅靴にはダナーライト!ダナーライトと旅してわかった凄さ!
ダナー(DANNER)のフラッグシップモデル「ダナーライト(DANNER LIGHT)」。 ダナーライトは今も昔も旅靴やアウトドアブーツの代名詞的存在です。 そんなダナーライト(DANNER LIGHT)を旅靴として徹底レビューします。...

 

 

「ダナーライト1」「ダナーライト2」「ダナーライト3」とは?

ダナーライトの魅力

今年で誕生から40周年を迎えるアウトドアーブーツの象徴的存在であるダナーライト(Danner Light)。
今もなおアメリカ、ポートランドの工場でハンドメイドにこだわり製造されています。
世界で初めてゴアテックスを採用し、完全防水を実現したダナーのフラッグシップモデルです。
発売から約40年以上変わらぬデザインを守っています。
フルグレイン防水レザーに強度の高いコーデュラナイロンを採用。
ソールは高い摩擦性能をほこる、ビブラムソールを採用しています。
完全防水であり、そのハイスペックはアウトドアシーンなどで厳しい環境で発揮されるが、まるでスニーカーのような履き心地でタウンユースでも違和感がないスタイルです。
オーバースペックの中のオーバースペックです。

時代とともに少しづつのマイナーチェンジ

ダナーライトは発売から少しずつマイナーチェンジをして形を変えます。
発売当初は「ダナーライト1」「ダナーライト2」「ダナーライト3」と形を変え、現在では発売当初の「ダナーライト1」の形に戻っています
ちなみにダナーライトはフルモデルチェンジをしたことがありません。
ダナーライト発売から約40年が経過した今も、発売当時の形を保ったまま発売されています。
これこそが発売当初から続く完成度の高さの証ですね!

 

hatta
hatta

ダナーライトは大きくディティールを変えていませんが小さなマイナーチェンジを繰り返しています。

 

ハイスペックで無敵!ダナーライトを徹底レビュー!
昔も今も旅靴やアウトドアブーツの代名詞「ダナーライト(DANNER LIGHT)」。 ハイスペックでシーンを選ばず活躍するブーツです。 そんなダナー(DANNER)のフラッグシップモデル「ダナーライト」を徹底レビュー! h...

 

「ダナーライト1」「ダナーライト2」「ダナーライト3」各モデルの違いと特徴

ダナーライト1

現行で買うことができるダナーライトがこの形のモデルです。
進化を遂げているダナーライト1は一目でダナーライトと解るほど「当初のまま」でありながら、歴史とともに洗練され、より進化したモデルです。
当然発売当初よりスペックが高くなり進化を遂げています。


ダナーライト2

ダナーライトの第2世代モデルがダナーライト2です。
一番の特徴は初期モデルよりコーデュラナイロンの面積が狭くなりなっていることです。
それによりナイロン下の革の部分が曲線的なデザインに変化しました。
現在、日本国内では廃盤となっています。




ダナーライト3

ダナーライト3は、ダナーライトの第3世代モデルの現行デザインです。
一番の特徴は「ダナーライト2」に比べ、コーデュラナイロンの面積が広くなっています。
レザー部分が広いことで蒸れやすかった「ダナーライト2」の弱点を改良し、コーデュラナイロン部分が広く、ナイロンの下の革部分は三枚革になっていています。
そして、かかとのフィット感が高く、履き心地も快適に仕上がっています。足幅は細身でスタイリッシュです。
現在、日本国内では廃盤となっています。

ダナーライトで現在購入可能なモデル

ダナーライトはマイナーチェンジを行っており、現在では「ダナーライト1」の形がレギュラーラインナップとして販売されています。
「ダナーライト2」、「ダナーライト3」は既に下記の日程で生産終了品となっています。

 

・ダナーライト2:~2015年生産終了
・ダナーライト3:~2018年生産終了

 

hatta
hatta

現行モデルはダナーライト1のディティールに戻っています!

 

夏でも快適に履けるブーツ!ダナーライトの機能性!
夏はついついスニーカーやサンダルを履いてしまいますよね。 そんな時に限って雨が降りベチャベチャになったりしますね。 そんな時に頼りになる一足がダナー(Danner)のダナーライトです。 ダナーライトは夏にも快適に履ける機能性を備えています。 今日はそんなダナーライトの機能性について解説します!

 

アメリカでしか手に入らないモデル

「ダナーライト2」は今でも入手可能?

先ほど「ダナーライト2」は生産終了と説明したのですが、実はまだ購入可能です!
ちなみに生産終了は日本での話です。
アメリカでは「ダナーライト2」は人気商品となっているので、レギュラーラインナップになっています。
アマゾンからであれば並行輸入品を購入できます。
ただし、ダナージャパンの公式リペアには恐らく出せないと思いますのでご注意ください。
※多くの方はダナージャパンの修理ではなく修理店でソール交換をすると思いますが。

ダナーライトは日本とアメリカではラインナップが異なっている

日本とアメリカの共通項目は

  • ダナーライト(カーキ)
  • ダナーライト(ブラック)

 

日本独自のラインナップとしては

  • ダナーライトミリタリー(TAN/SAGE/MOJABE)

 

アメリカ独自のラインナップとしては

  • ダナーライト(セダーブラウン/カスケード)
  • ダナーライト2(ダークブラウン/ブラウン)
  • エクスプローラーオールレザー

となっています。




hatta
hatta

ダナーは本国アメリカのラインナップと日本のラインナップとでは結構違っています。

 

アウトドアブーツの代名詞!ダナーライト人気おすすめモデル5選!
ダナー(Danner)ブーツのフラッグシップモデル「ダナーライト」。 今も昔もアウトドアブーツの代名詞的存在です。 ハイスペックな上、履き心地もよくアウトドアやタウンユースでも活躍します。 今回はそんなダナーライトのオススメモデルを紹...

 

昔から変わらないダナーライトは完成度の高さの証

以上が「ダナーライト1」「ダナーライト2」「ダナーライト3」の違いまとめでした。
発売からフルモデルチェンジをすることなく細部を最適化することで現在までその形を保っています。
40年も前に完成された性能とスペックの高さがそそりますね!
この記事で興味を持ったら、ぜひダナーライト試してみてください。

 

hatta
hatta

大きなフルモフデルチャンジをすることなく、細部を最適化していくダナーの完成度の高さが最高です!

 

一生モノのブーツならダナー(DANNER)がおすすめ!3つの理由を解説!
ダナー(DANNER)といえばアウトドアブーツの代名詞的存在です。 だれもが一度は耳にしたことがあるメーカーではないでしょうか? 一生モノとはその名の通り、一生使えるものです。 長年履いて愛着が湧いてくると、買って良かったと思えること...
タイトルとURLをコピーしました