【第2段】CT125ハンターカブのサスペンションの選び方とおすすめ3選!ローダウンで足つき改善!

CT125 ハンターカブ

バイクのサスペンションは常にライダーとバイクを支えるパーツと言っても過言ではありません。
CT125ハンターカブのリアサスペンションを変える事により、 足つきの改善や乗り心地の改善、疲労感の軽減など様々な恩恵があります。
そこで、CT125ハンターカブのサスペンションの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのサスペンションは?

CT125ハンターカブのサスペンションの選び方は?

 

・CT125ハンターカブのサスペンションを変えるメリット
・CT125ハンターカブのサスペンションの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのサスペンション3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのサスペンションの選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めばハンターカブのサスペンションで迷うことはもう無くなります!

 

 

CT125ハンターカブのサスペンションの選び方とおすすめ3選!ローダウンで足つき改善も!

CT125ハンターカブのサスペンションの選び方とおすすめ3選!ローダウンで足つき改善も!
バイクのサスペンションは常にライダーとバイクを支えるパーツと言っても過言ではありません。 CT125ハンターカブのリアサスペンションを変える事により、 足つきの改善や乗り心地の改善、疲労感の軽減など様々な恩恵があります。 そこで、CT125ハンターカブのサスペンションの選び方とおすすめ3選を解説します。

【第3段】CT125ハンターカブのサスペンションの選び方とおすすめ3選!乗り心地、足つき改善!

【第3段】CT125ハンターカブのサスペンションの選び方とおすすめ3選!乗り心地、足つき改善!
バイクのサスペンションは常にライダーとバイクを支えるパーツと言っても過言ではありません。 CT125ハンターカブのリアサスペンションを変える事により、 足つきの改善や乗り心地の改善、疲労感の軽減など様々な恩恵があります。 そこで、CT125ハンターカブのサスペンションの選び方とおすすめ3選を解説します。

CT125ハンターカブのシートの選び方とおすすめ5選!シート高を下げて足つき改善!ローダウン効果

CT125ハンターカブのシートの選び方とおすすめ5選!シート高を下げて足つき改善!ローダウン効果
CT125ハンターカブは足つきの良いバイクではありません。 CT125ハンターカブシートを変えて足つきや乗り心地の改善を考えている方も多いと思います。 シートを変えると足つき、乗り心地、外観、疲労感などの改善が期待できます。 そこで、CT125ハンターカブのシートの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

CT125ハンターカブのサスペンションを変えるメリット

  • 足つきの改善
  • 乗り心地の改善
  • 疲労感の低減
  • 自分の理想に合った外観

 

CT125ハンターカブのサスペンションを変える1番のメリットは足つきの改善と乗り心地の改善です。
バイクのサスペンションは常にライダーとバイクを支えるパーツと言っても過言ではありません。
段差のショックの緩和はもちろん、高速時にも走りが安定するのは、すべてサスペンションの恩恵です。
バイクの乗り心地はサスペンションの性能で大きく変化します。
街乗りはもちろん、ロングツーリングなど疲労感も大きく変わってきます。
また、サスペンションは外観でもさり気なく目立つパーツでもあるので、カスタム性も抜群です。

筆者の感覚ですが、ハンターカブは決して足つきの良いバイクではありません
筆者は街乗りはもちろんローングツーリング、キャンプや山道など様々な乗り方でハンターカブを楽しんでいます。
だからこそ、足つきを改善したく、たくさんの種類のサスペンション交換を試してみました。
効果抜群で、足つきの改善はもちろん、乗り心地やなど費用対効果の高いカスタムになりました。

 

hatta
hatta

上記がCT125ハンターカブのサプペンションを交換するメリットです!
足つきの改善はもちろん、乗り心地の改善、疲労の軽減、好みの外観など、自分の好みに仕上げることができます!

 

 

CT125ハンターカブのサスペンションの選び方

取付けピッチを確認

取付けピッチとはサスペンションを取り付ける時のネジ穴とネジ穴の間隔です。
この取付けピッチがサスペンションのおおよその全長になります。
CT125ハンターカブの場合340~370mmのモノが多く、そのあたりのサイズを選ぶと問題なく装着可能です。

 

取付け穴径を確認

取付け穴径とは取付用穴の中心間距離、つまり、取り付ける際に使用するボルトサイズです。
CT125ハンターカブは「上φ12 / 下φ10」を採用しているので、この規格に合ったものを選ぶのが重要です。

 

hatta
hatta

「取付けピッチ」「取付け穴径」の2点がCT125ハンターカブのサスペンションを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのサスペンション3選

上記でCT125ハンターカブ用サスペンションの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!バイクの乗り心地のいは誰よりもうるさい筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用サスペンションを3つ紹介します!

 

SP武川 ローダウンリアショックアブソーバー 25mmダウン

SP武川 ローダウンリアショックアブソーバー 25mmダウン」は乗車時の足つきを向上させるCT125ハンターカブ用サスペンションです。
約25mmローダウンが可能で、脚付きの改善も期待できます。
装着することにより、シート高が約25mm下がり、乗車時の足つき性が向上し、街乗りでの信号待ちやタンデム時の安定性を高めます。
さらに、減衰力とバネレートを見直すことで、路面への追従性を高め、安定した走行が魅力です。
脚付きも乗り心地も向上できる間違いのないCT125ハンターカブ用サスペンションです。

 

・取付けピッチ:345mm
・取付け穴径:上φ12 / 下φ10


 

YSS製 DTGリアショックアブソーバー CT125 20mmローダウン

YSS製 DTGリアショックアブソーバー CT125 20mmローダウン」は路面への追従性を高めたCT125ハンターカブ用サスペンションです。
路面への設置感やショックをより向上し、安定した走行、ワインディングを楽しむことができます。
また、取り付けることにより20mmのローダウンが可能です。
脚付きが改善され街乗りなどストップアンドゴーが多いシーンでも安定感が増します。
色もブラックとレッドの2色から選ぶことができます。
ワインディングも脚付きも改善できるCT125ハンターカブ用サスペンションです。

 

・取付けピッチ:345mm(365mmローダウンなしモデルも有り)
・取付け穴径:上φ12 / 下φ10


 

エンデュランス リア サスペンション CT125

エンデュランス リア サスペンション CT125」は街乗りでも快適かつスポーティな走行も楽しめるCT125ハンターカブ用サスペンションです。
スタンダードのサスペンションより少し硬め乗り心地が特徴です。
少し硬めの設定で、長距離ツーリングでも疲労感が少なくワインディングを楽しむことができます。
バネも5段階で調整可能で、簡単に好みのセッティングに変更可能です。
また、取り付けることにより15mmローダウンが可能です。
走りも乗り心地も妥協のないCT125ハンターカブ用サスペンションです。

 

・取付けピッチ:345mm
・取付け穴径:上φ12 / 下φ10


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用サスペンション3選です!
シートは足つき改善はもちろん、乗り心地や外観のカスタマイズにも有効です!

 

 

CT125ハンターカブのサスペンション交換は費用対効果の高いカスタム

以上がCT125ハンターカブのサスペンションの選び方とおすすめ3選の解説でした。
バイクのサスペンションは常にライダーとバイクを支えるパーツと言っても過言ではありません!
CT125ハンターカブのリアサスペンションを変える事により、 足つきの改善や乗り心地の改善、疲労感の軽減など様々な恩恵があります!

バイクの乗り心地はサスペンションの性能で大きく変化します!
街乗りはもちろん、ロングツーリングなど疲労感も大きく変わってきます!
筆者の感覚ですが、ハンターカブは決して足つきの良いバイクではありません!
サスペンションの交換は足つきの改善はもちろん、乗り心地やなど費用対効果の高いカスタムといえます!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのサスペンション交換は費用対効果の高いカスタムです!
サスペンション交換は間違いなくCT125ハンターカブを更に快適にしてくれます!

 

 

CT125ハンターカブシフトガイドのメリットと取り付け方法を解説!シフトチェンジを改善!

CT125ハンターカブシフトガイドのメリットと取り付け方法を解説!シフトチェンジを改善!
CT125ハンターカブはうまくギアが入らないことが多いバイクです。 その原因は基本的な構造にあります。 シフトガイドを装着するとシフトチェンジ時の不具合や感覚など、シフトチェンジ時のストレスを改善することができます。 そこで、CT125ハンターカブシフトガイドのメリットと取り付け方法を解説します。
タイトルとURLをコピーしました