CT125ハンターカブのタイヤチューブの選び方とおすすめ3選!純正サイズ適用!パンクや予備対策!

CT125 ハンターカブ

CT125ハンターカブはチューブタイヤを採用しています。
定期的なタイヤチューブの交換はパンクやエアー漏れのリスクを下げることが出来ます。
また、ツーリングなどのシーンでパンクなどに備え予備のタイヤチューブを備えておくと安心です。
そこで、CT125ハンターカブのタイヤチューブの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのタイヤチューブは?

CT125ハンターカブのタイヤチューブの選び方は?

 

・CT125ハンターカブのタイヤチューブを変えるメリット
・CT125ハンターカブのタイヤチューブの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのタイヤチューブ3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのタイヤチューブの選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めばCT125ハンターカブのタイヤチューブで迷うことはもうなくなります!

 

 

CT125ハンターカブのオフロードタイヤの選び方とおすすめ3選!トラクションアップで走破性向上!

CT125ハンターカブのオフロードタイヤの選び方とおすすめ3選!トラクションアップで走破性向上!
CT125ハンターカブはオンロードオフロード問わず走行可能なポテンシャルの高いバイクです。 オフロードタイヤを装備するとよりオフロード等の未舗装路を楽しむことができます。 オフロードでのトラクションが増し、上り下りが楽になります。 そこで、CT125ハンターカブのオフロードタイヤの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

CT125ハンターカブのタイヤチューブを変えるメリット

  • タイヤのパンク防止
  • パンクのリスクを下げる
  • パンク対策に装備しておく

 

CT125ハンターカブのタイヤチューブを変える1番のメリットはタイヤのパンク防止です。
CT125ハンターカブはチューブタイヤを使用しており、タイヤとホイールの間に空気を入れるためのチューブが入っています。
一般的にチューブレスタイヤに比べてチューブタイヤは空気が抜けやすくパンクしやすいです。
また、劣化での空気漏れやパンクなどのリスクも多いです。
チューブはあくまでも消耗品なので、タイヤ交換時にチューブも一緒に交換することが望ましいです。
定期的なチューブの交換でパンクのリスクを下げることが出来ます。
また、いざという時のためにタイヤチューブの予備を備えておくとツーリング中でのパンクも安心です。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブはチューブタイヤを採用しており、定期的なチューブ交換はパンクなどのリスクを下げることが出来ます!
ツーリング中のパンクに備え予備を装備しておくと安心です!

 

 

CT125ハンターカブのタイヤチューブの選び方

サイズを確認

タイヤチューブを選ぶ上でサイズは重要な確認ポイントです。
CT125ハンターカブの純正タイヤサイズは、前後「80/90-17(2.75-17)」共通です。
チューブはおおよそのサイズで「70/100」表記のモデルを選ぶと安心して使用できます。
多少のサイズを太くしていても問題なく使用可能です。

 

hatta
hatta

「サイズ」の1点がCT125ハンターカブのタイヤチューブを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのタイヤチューブ3選

上記でCT125ハンターカブ用タイヤチューブの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!CT125ハンターカブのパンク対策には誰よりも強いこだわりを持つ筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用タイヤチューブを3つ紹介します!

 

DUNLOP バイクタイヤチューブ 2.25:2.50*70/100-17

DUNLOP バイクタイヤチューブ 2.25:2.50*70/100-17」は信頼度抜群のCT125ハンターカブ用タイヤチューブです。
価格も魅力ですが、ゴムも分厚くしっかりとした作りが特徴です。
安心と信頼のダンロップ製品なのもポイントです。
普段使いから林道などタフな環境でも頼りになります。
コスパだけでなく信頼度抜群なCT125ハンターカブ用タイヤチューブです。

 

・サイズ:70/100-17


 

 

 

IRC バイクタイヤチューブ 2.50*70/100*80/90-17

IRC バイクタイヤチューブ 2.50*70/100*80/90-17」は耐久性抜群のCT125ハンターカブ用タイヤチューブです。
厚手かつ柔軟性があり、オフロードのようなタフな路面でも安心して使用可能です。
また、比較的柔らかく組み込みもしやすいのもポイントです。
耐久性だけでなく、組み込みやすさも魅力のCT125ハンターカブ用タイヤチューブです。

 

・サイズ:70/100 80/90-17


 

 

 

IRC バイクタイヤチューブ 2.25:2.50*60/100*70/90-17

IRC バイクタイヤチューブ 2.25:2.50*60/100*70/90-17」は軽量化と柔軟性に優れたCT125ハンターカブ用タイヤチューブです。
上記で紹介したモデルのサイズ違いですが、問題なく使用可能です。
厚手かつ軽量なのが特徴です。
柔軟性も高く組み込みやすいのもポイントです。
軽量で扱いやすいCT125ハンターカブ用タイヤチューブです。

 

・サイズ:60/100*70/90-17


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用タイヤチューブ3選です!
パンクしにくく耐久性抜群の筆者信頼モデルです!

 

 

タイヤチューブはCT125ハンターカブの安全性の要

以上がCT125ハンターカブのタイヤチューブの選び方とおすすめ3選の解説でした。
CT125ハンターカブはチューブタイヤを採用しています!
チューブタイヤはパンクやエアー漏れをし易いのがネックです!
定期的なタイヤチューブの交換はパンクやエアー漏れのリスクを下げることが出来ます!
ツーリングなどのシーンでパンクなどに備え予備のタイヤチューブを備えておくと安心です!

タイヤチューブは安全かつ快適に走行するために重要なパーツです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

タイヤチューブはCT125ハンターカブの安全性の要とも言えるパーツです!
定期的な交換、予備の装備など備えておいて損はありません!

 

 

CT125ハンターカブのチェーンの選び方とおすすめ3選!シールチェーン交換で走行性能アップ!

CT125ハンターカブのチェーンの選び方とおすすめ3選!シールチェーン交換で走行性能アップ!
CT125ハンターカブのシールチェーンを変える事により走行性、機動性を向上させる事ができます。 シフトチェンジ、加速、減速のフィーリングが快適になり、走行音や振動が少なくなります。 取り回しも快適になり、燃費向上も期待できます。 そこで、CT125ハンターカブのチェーンの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました