CT125ハンターカブのハンドルブレースの選び方とおすすめ2選!取り付け簡単で効果絶大!

CT125 ハンターカブ

ハンドルブレースはハンドルの剛性を上げることができるアイテムです。
ハンドルクロスバーとも呼ばれており、振動軽減やハンドリングの改善などの効果があります。
また、スマホホルダーなどのアクセサリーも固定することが出来ます。
そこで、CT125ハンターカブのハンドルブレースの選び方とおすすめ2選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのハンドルブレースは?

CT125ハンターカブのハンドルブレースの選び方は?

 

・CT125ハンターカブにハンドルブレースをつけるメリット
・CT125ハンターカブのハンドルブレースの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのハンドルブレース2選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのハンドルブレースの選び方とおすすめ2選を解説します!
これを読めばハンターカブのハンドルブレースで迷うことはもう無くなります!

 

 

【第2段】CT125ハンターカブのハンドルブレースの選び方とおすすめ2選!取り付け簡単なモデル!

【第2段】CT125ハンターカブのハンドルブレースの選び方とおすすめ2選!取り付け簡単なモデル!
ハンドルブレースはハンドルの剛性を上げることができるアイテムです。 ハンドルクロスバーとも呼ばれており、振動軽減やハンドリングの改善などの効果があります。 また、スマホホルダーなどのアクセサリーも固定することが出来ます。 そこで、CT125ハンターカブのハンドルブレースの選び方とおすすめ2選を解説します。

 

 

CT125ハンターカブにハンドルブレースをつけるメリット

  • ハンドルの剛性アップ
  • 転倒時のハンドル保護
  • 走行時の振動軽減
  • ハンドリングの改善
  • アクセサリーを固定できる

CT125ハンターカブにハンドルブレースをつける1番のメリットはハンドルの剛性アップです。
CT125ハンターカブのバーハンドルを採用しています。
バーハンドルは構造上、センター部分が湾曲した構造になっており、剛性が低い特徴があります。
したがってその空間を埋めることができれば剛性の弱さをカバーすることが出来ます。
ハンドルブレースは主にハードな環境で走行する、オフロードバイクに採用されているパーツです。
CT125ハンターカブはオンロードはもちろん、オフロードも走ることができるバイクです。
ハンドルの剛性を上げることで、オフロードをより安心して走行することが出来ます。

バーハンドルは転倒時に点灯した方向に曲がりやすい性質があります。
ハンドルブレースは突っ張り棒の役割となり、ハンドル曲がりなどの破損を軽減してくれます。

また、走行時の振動軽減やねじれ軽減により、ハンドリングも改善され運転が楽になります。
街乗りはもちろん、長距離のツーリングでの恩恵も大きいです。
他にも、ハンドルブレースはスマートフォンホルダーの固定などアクセサリーバーとしても使用することが出来ます

 

hatta
hatta

ハンドルブレースはハンドルの剛性を上げ、ハンドリングを飛躍的に改善してくれるアイテムです!
アクセサリーバーとしても使用できる便利なパーツです!

 

 

CT125ハンターカブのハンドルブレースの選び方

ハンドル径を確認

ハンドルブレースはハンドルに固定します。
ハンドルブレースがハンドル経(ハンドルの直径)に対応しているのかを確認するのが大切です。
これをミスると取り付けできなくなってしまします。
CT125ハンターカブのハンドル系は22.2mmなので、対応しているモデルを選ぶことが重要です。

 

hatta
hatta

「ハンドル径」の1点がCT125ハンターカブのハンドルブレースを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのハンドルブレース2選

上記でCT125ハンターカブ用ハンドルブレースの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!ハンドルの剛性やハンドリングには誰よりもうるさい筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用ハンドルブレースを2つ紹介します!

 

エンデュランス ハンドルクロスバー CT125

エンデュランス ハンドルクロスバー CT125」はアルミ材の削り出しによるハンドルクロスバーです。
アルミ材から削り出しているので耐久性も抜群で高級感があります。
クロスバーの径がハンドルと同じΦ22.2にすることで、ハンドルに固定するタイプのスマホホルダーやメーターステーなどを固定することができます。
従来のタイプに対して、段付き部を無くして、ステーなどの固定可能部を最大限に拡大してあるので、さまざまなホルダーを取り付け可能です。

 

・ハンドル径:22.2mm


 

 

キタコ ハンドルブレース φ22.2ハンドル用

キタコ ハンドルブレース φ22.2ハンドル用」はアルミ削り出し製のハンドルブレースです。
アルミ削り出しで耐久性も抜群で長く使用できます。
長さも約17~225mmと調節可能で、取り付けも簡単です。
カラーも三色から選ぶことが出来ます。

 

・ハンドル径:22.2mm


 

 

hatta
hatta

上記2点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用ハンドルブレース2選です!
ハンドリングの違いに驚くはずです!

 

 

ハンドルブレースCT125ハンターカブに是非つけたいパーツ

以上がCT125ハンターカブのハンドルブレースの選び方とおすすめ2選の解説でした。
ハンドルブレースはハンドルの剛性を上げることができるアイテムです!
ハンドルクロスバーとも呼ばれており、振動軽減やハンドリングの改善などの効果があります。
転倒時にハンドルの保護にも役立ちます!

また、ハンドルブレースにはスマホホルダーなどのアクセサリーも固定することが出来ます!
利便性もアップするカスタムパーツです!
価格も比較的リーズナブルで費用対効果の高いパーツです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ハンドルブレースはハンドルの剛性を高め、バイク本来の楽しさ「走行」を格段にアップさせてくれます!
費用対効果が高く、CT125ハンターカブに是非つけたいパーツです!

 

 

CT125ハンターカブのフォグランプの選び方とおすすめ3選!簡単装着でライトの暗さを解消!

CT125ハンターカブのフォグランプの選び方とおすすめ3選!簡単装着でライトの暗さを解消!
CT125ハンターカブのヘッドライトは暗く夜間の走行はやや不安です。 そんな時に役立つのがフォグランプです。 夜間走行や霧、雨などの悪天候下でも周囲が確認しやすくなります。 また、周囲に自分の存在も知らせやすくなり事故防止にもなります。 そこで、CT125ハンターカブのフォグランプの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました