CT125ハンターカブのハンドルスイッチの選び方とおすすめ2選!ハザードやパッシング機能を追加!

CT125 ハンターカブ

CT125ハンターカブのハンドルスイッチを変えることで操作性を向上させることが出来ます。
純正には搭載されていないハザードやパッシング機能を追加することが出来ます。
また、ウインカーが消えづらい問題も解決することが出来ます。
そこで、CT125ハンターカブのハンドルスイッチの選び方とおすすめ2選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのハンドルスイッチは?

CT125ハンターカブのハンドルスイッチの選び方は?

 

・CT125ハンターカブのハンドルスイッチを変えるメリット
・CT125ハンターカブのハンドルスイッチの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのハンドルスイッチ2選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのハンドルスイッチの選び方とおすすめ2選を解説します!
これを読めばCT125ハンターカブのハンドルスイッチで迷うことはもうなくなります!

 

 

CT125ハンターカブのグリップの選び方とおすすめ3選!耐震性抜群!疲労感軽減!操作性向上!

CT125ハンターカブのグリップの選び方とおすすめ3選!耐震性抜群!疲労感軽減!操作性向上!
CT125ハンターカブのグリップを交換するとアクセルワークを向上することが出来ます。 グリップ感が増し、より繊細かつ細かなアクセルワークが可能になります。 より手にフィットするのでバイクの操作性向上にも繋がります。 そこで、CT125ハンターカブのグリップの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

CT125ハンターカブのハンドルスイッチを変えるメリット

  • 操作性向上
  • ハザード・パッシング機能を追加できる
  • ウインカー消えづらい問題を解決

CT125ハンターカブのハンドルスイッチを変える1番のメリットは操作性が向上する点です。
CT125ハンターカブ純正のハンドルスイッチにはハザード・パッシング機能がついていません。
ハンドルスイッチを変えることによりハザード・パッシング機能を追加することが出来ます。
停車する際や合図する際など操作性、利便性が向上します。

CT125ハンターカブはウインカーが消えづらい問題があります。
ウインカーの点滅がなかなか消えづらい問題も解決することが出来ます。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのハンドルスイッチを変えるとハザード。パッシング機能を追加することが出来ます!
操作性、利便性を向上させるカスタマイズです!

 

 

CT125ハンターカブのハンドルスイッチの選び方

追加できる機能を確認

CT125ハンターカブ純正のハンドルスイッチはハザード・パッシング機能がついていません。
ハザードやパッシングなど、これらの機能がついているか確認しましょう。

 

取付方法を確認

カプラーオンは線加工なしで簡単に取り付けが可能です。
面倒な設定作業も不要で少しでもカスタム経験のある方なら簡単取り付けが可能です。
もし不安な方はバイク屋さんに頼むのが確実です。

 

hatta
hatta

「追加できる機能」「取付方法」の2点がCT125ハンターカブのハンドルスイッチを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのハンドルスイッチ2選

上記でCT125ハンターカブ用ハンドルスイッチの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!CT125ハンターカブのハンドル周りの操作性向上には誰よりもうるさい筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用ハンドルスイッチを2つ紹介します!

 

TWR CT125 左ハンドルスイッチ

TWR CT125 左ハンドルスイッチ」は加工不要で取付簡単なCT125ハンターカブ用ハンドルスイッチです。
交換するだけで、ノーマル時には搭載されていないハザード機能とパッシング機能が追加することができます。
スイッチレイアウトもホンダ車往年のレイアウトで使いやすく伊野が特徴です。
取り付けも簡単で、純正のハンドルスイッチキットと交換するだけです。
取付はカプラーオンとなっているためハーネスの加工は必要ありません。
取付簡単で操作性、利便性を向上させるCT125ハンターカブ用ハンドルスイッチです。

 

・追加できる機能:ハザード、パッシング
・取付方法:カプラーオン


 

 

Feiteplus ハンドルスイッチ CT125

Feiteplus ハンドルスイッチ CT125」は純正と同じスイッチレイアウトのCT125ハンターカブ用ハンドルスイッチです。
純正と同じスイッチレイアウトでハザードとパッシング機能を追加しているのが特徴です。
交換しても違和感なく使用でき、利便性を向上させます。
取り付けはカプラーオンですが、一部パッシングスイッチの配線可能が必要になる点は注意が必要です。
圧着端子を作り直すことになるので、不安な方はバイク屋に頼むのが確実です。
純正のレイアウトで利便性を向上させるCT125ハンターカブ用ハンドルスイッチです。

 

・追加できる機能:ハザード、パッシング
・取付方法:カプラーオン(一部配線加工あり)


 

 

hatta
hatta

上記2点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用ハンドルスイッチ2選です!
街乗りはもちろん、ツーリングでも便利でハンドル周りの操作性を向上させること間違いなしです!

 

 

ハンドルスイッチカスタムはCT125ハンターカブの操作性を爆上げする

以上がCT125ハンターカブのハンドルスイッチの選び方とおすすめ2選の解説でした。
CT125ハンターカブのハンドルスイッチを変えることで操作性を向上させることが出来ます!
CT125ハンターカブ純正のハンドルスイッチにはハザード・パッシング機能がついていません!
そこで、ハンドルスイッチを変えることで純正には搭載されていないハザードやパッシング機能を追加することが出来ます!
また、ウインカーが消えづらい問題も解決することが出来ます!

ハンドルスイッチは操作性、利便性を向上させるカスタマイズです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ハンドルスイッチカスタムはCT125ハンターカブの操作性を爆上げします!
街乗りはもちろん、ツーリング時にも便利で満足度の高いカスタムです!

 

CT125ハンターカブのバーエンドの選び方とおすすめ3選!簡単交換!振動低減で操作性向上!

CT125ハンターカブのバーエンドの選び方とおすすめ3選!簡単交換!振動低減で操作性向上!
CT125ハンターカブのバーエンドを変えることによりハンドルの振動を低減することができます。 ハンドルの振動を低減させ、操舵性を向上させることができます。 また、転倒時のレバー、スロットル、グリップの保護やドレスアップも可能です。 そこで、CT125ハンターカブのバーエンドの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました