CT125ハンターカブの空気入れの選び方とおすすめ3選!充電式で持ち運びに便利!ツーリングにも!

CT125 ハンターカブ

CT125ハンターカブはチューブタイヤを使用しており空気が抜けやすいのが難点です。
充電式空気入れはコンパクトかつ軽量で携帯しやすいのが特徴です。
自宅やツーリング中に使用することが可能です。
1つあると空気圧管理がしやすく便利です。
そこで、CT125ハンターカブの空気入れの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめの空気入れは?

CT125ハンターカブの空気入れの選び方は?

 

・CT125ハンターカブに空気入れを装備するメリット
・CT125ハンターカブの空気入れの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめの空気入れ3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブの空気入れの選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めばCT125ハンターカブの空気入れで迷うことはもうなくなります!

 

 

CT125ハンターカブのタイヤチューブの選び方とおすすめ3選!純正サイズ適用!パンクや予備対策!

CT125ハンターカブのタイヤチューブの選び方とおすすめ3選!純正サイズ適用!パンクや予備対策!
CT125ハンターカブはチューブタイヤを採用しています。 定期的なタイヤチューブの交換はパンクやエアー漏れのリスクを下げることが出来ます。 また、ツーリングなどのシーンでパンクなどに備え予備のタイヤチューブを備えておくと安心です。 そこで、CT125ハンターカブのタイヤチューブの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

CT125ハンターカブに空気入れを装備するメリット

  • 空気圧を調整できる
  • バルブ次第で様々なアイテムに空気を入れることができる
  • 充電式空気入れはコンパクトで持つ運びに優れる
  • ツーリングでも便利
  • モバイルバッテリーとしても使用可能

CT125ハンターカブに空気入れを装備する1番のメリットは空気圧を調整できる点です。
空気入れがあれば自宅でタイヤの空気圧管理をすることが出来ます。
正しい空気圧を保つことは安全性の上でとても重要です。
また、様々なバルブが付属していればバイクや車以外にも自転車やボール、浮き輪、ボートなど様々なアイテムに空気を入れることも可能です。

充電式の空気入れはコンパクトで持ち運びに優れています
外出先でも使うことができ、ツーリングにも装備しやすい
また、自動で空気を入れてくれるので楽なのもポイントです。
モデルによりモバイルバッテリーとして使用することも可能です。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのはチューブタイヤを採用しており、空気が減りやすいのが難点です!
充電式空気入れは携帯しやすく、自宅はもちろんツーリングにも装備しやすく便利です!

 

 

CT125ハンターカブの空気入れの選び方

サイズと重さを確認

サイズと重さは製品により異なります。
小さく軽いモデルだと携帯しやすく、ツーリング時でも装備しやすいです。

 

付属バルブを確認

付属のバルブにより様々なアイテムに空気を入れることが可能です。
米式、英式、仏式、浮き輪用、ボール用などです。
バルブの種類によりバイクや自動車だけでなく、自転車やボール、浮き輪、ボートなどにも使用することが出来ます。

 

モバイルバッテリーとして使用可能か確認

充電式の空気入れはバッテリーが内蔵されています。
モデルによりモバイルバッテリーとしても使用することが出来ます。
モバイルバッテリーとして使用することができれば、ツーリング時のガジェットの充電にも便利です。

 

hatta
hatta

「サイズと重さ」「付属バルブ」「モバイルバッテリーとして使用」の3点がCT125ハンターカブ用空気入れを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめの空気入れ3選

上記でCT125ハンターカブ用空気入れの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!CT125ハンターカブの空気圧管理には誰よりも強いこだわりを持つ筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用空気入れを3つ紹介します!

YORIYOI 電動空気入れ

YORIYOI 電動空気入れ」は軽量な使いやすいCT125ハンターカブ用空気入れです。
重量はわずか440gと軽量でコンパクトなので、どこへでも携帯可能です。
バイクや自動車など各モードが用意されており、入れ過ぎ防止することができる安全設計です。
既定値を設置してボタンを押すだけで使用することが出来ます。
モバイルバッテリーとして使用可能で容量4000mAhと緊急時のスマホ充電にも便利です。
アタッチメントは米式、英式、仏式、浮き輪用、ボール用と様々なものに対応することが出来ます。
コンパクトかつ軽量でどこへでも持ち運びしやすいCT125ハンターカブ用空気入れです。

 

・サイズと重さ:8x13x9cm 440g
・付属バルブ:米式、英式、仏式、浮き輪用、ボール用
・モバイルバッテリーとして使用:可能(4000mAh)


 

 

SUPAREE タイヤエアポンプ

SUPAREE タイヤエアポンプ」は機能的なCT125ハンターカブ用空気入れです。
細長く円柱形状が特徴でLDEライトがついているので、非常時に懐中電灯としても使用することが出来ます。
視界確保もでき、暗闇や夜間の使用も便利です。
使い方も簡単で専用モードを選んでボタンを押すだけの簡単設計です。
専用バッグが付いており、車体に直接取り付けも可能です。
アタッチメントも豊富で機能的なCT125ハンターカブ用空気入れです。

 

・サイズと重さ:28x10x7.2cm 760g
・付属バルブ:米式、英式、仏式、浮き輪用、ボール用
・モバイルバッテリーとして使用:可能(4500mAh)


 

 

BORNET 電動 空気入れ

BORNET 電動 空気入れ」は高速充電給電に対応したCT125ハンターカブ用空気入れです。
USB-Cに対応しており、高速充電に対応しています。
また、バッテリー容量は5000mAhでスマホへの高速充電にも対応しています。
空気入れとしても優秀で小型かつ軽量で携帯しやすいです。
バイクや自動車、自転車など各モードが搭載されており、使用も簡単です。
アタッチメントも豊富で様々なアイテムに空気入れとして使用できます。
パワフルで使い勝手の良いCT125ハンターカブ用空気入れです。

 

・サイズと重さ:10.8x3cm 550g
・付属バルブ:米式、英式、仏式、浮き輪用、ボール用
・モバイルバッテリーとして使用:可能(5000mAh)

 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用空気入れ3選です!
自宅での使用はもちろん、ツーリング中での空気圧管理にも便利で、備えておくと安心です!

 

 

空気入れはCT125ハンターカブに備えておきたいアイテム

以上がCT125ハンターカブの空気入れの選び方とおすすめ3選の解説でした。
CT125ハンターカブはチューブタイヤを使用しており空気が抜けやすいのが難点です!
充電式空気入れはコンパクトかつ軽量で携帯しやすいのが特徴です!
自宅での使用はもちろん、ツーリング中に使用することも可能です!
1つあると空気圧管理がしやすく便利です。
付属のバルブでバイクや自動車だけでなくボール、浮き輪、ボートなどにも使用することが出来ます!
また、モデルによりモバイルバッテリーとして使用する事ができます!

充電式空気入れはCT125ハンターカブに備えておきたいアイテムです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

充電式空気入れは1つあるとタイヤの空気圧管理はもちろん、様々なアイテムに活用できます!
持ち運びに便利でCT125ハンターカブに備えておきたいアイテムです!

 

 

CT125ハンターカブのドラレコの選び方とおすすめ3選!電源直結型で取付簡単!前後撮影対応!

CT125ハンターカブのドラレコの選び方とおすすめ3選!電源直結型で取付簡単!前後撮影対応!
CT125ハンターカブにドラレコを取り付けると事故やトラブルの証拠を動画に残すことができます。 煽り運転や事故などのトラブルの記録はもちろん、ツーリングの記録としても使用できます。 万が一の時のお守りとしてぜひ装備したいアイテムです。 そこで、CT125ハンターカブ用ドラレコの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました