CT125ハンターカブのエンジンオイルの選び方とおすすめ3選!エンジンの好調維持、燃費向上に!

CT125 ハンターカブ

CT125ハンターカブのエンジンオイルを定期的に交換することでエンジンの好調を維持することが出来ます。
エンジンオイルは汚れて劣化するので、定期的なエンジンオイル交換はエンジンの運動性能維持、エンジン寿命を伸ばすこととが可能です。
そこで、CT125ハンターカブのエンジンオイルの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのエンジンオイルは?

CT125ハンターカブのエンジンオイルの選び方は?

 

・CT125ハンターカブのエンジンオイルを交換するメリット
・CT125ハンターカブのエンジンオイルの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのエンジンオイル3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのエンジンオイルの選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めばCT125ハンターカブのエンジンオイルで迷うことはもうなくなります!

 

 

CT125ハンターカブのチェーンの選び方とおすすめ3選!シールチェーン交換で走行性能アップ!

CT125ハンターカブのチェーンの選び方とおすすめ3選!シールチェーン交換で走行性能アップ!
CT125ハンターカブのシールチェーンを変える事により走行性、機動性を向上させる事ができます。 シフトチェンジ、加速、減速のフィーリングが快適になり、走行音や振動が少なくなります。 取り回しも快適になり、燃費向上も期待できます。 そこで、CT125ハンターカブのチェーンの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

CT125ハンターカブのエンジンオイルを交換するメリット

  • エンジンの好調維持
  • エンジン寿命を伸ばす
  • シフトチェンジ、加速、減速のフィーリングが快適になる
  • 走行音や振動が少なくなる
  • 燃費向上

 

CT125ハンターカブのエンジンオイルを交換する1番のメリットはエンジンの好調維持をできる点です。
エンジンオイルはエンジンの内部を「洗浄、防錆、冷却、潤滑、密封」など、保護する重要な役割があります。
走るほどにエンジンオイルは汚れて劣化してしまうので、定期的なエンジンオイル交換はエンジンの運動性能を維持することに繋がります。
エンジンオイル交換することで、エンジン内の環境を良く保つことでエンジン寿命を伸ばすことができます。

エンジンオイルを交換するだけで、シフトチェンジ、加速、減速のフィーリングが快適になります。
走行音や振動が少なくなり、走行時に発生する機械音も静かになります。
また、エンジンの回転が軽やかになり燃費向上も期待できます。

 

CT125ハンターカブのエンジンオイルの交換時期と注意点

  • オイルの量は700ml
  • 初回は1000kmもしくは1ヵ月
  • 2回目以降は2500km~3000kmもしくは1年毎
  • オイルフィルター(エレメント)が無い

 

CT125ハンターカブのエンジンオイル量は700mlです。
決められた適正量をしっかりと守りましょう。

CT125ハンターカブのエンジンオイルの交換時期(目安)があります。

  • 初回は1000kmもしくは1ヶ月
  • 2回目以降は2500km~3000kmもしくは1年毎

 

初回は慣らし運転で鉄粉やスラッジがやや多めに発生するため1000kmもしくは1ヵ月で交換しましょう。
また、それ以降は2500km~3000kmもしくは1年毎に交換するのがベストです。
エンジン好調化を維持するため、3000kmを超えないのが重要です。

CT125ハンターカブを始め、カブ系のバイクはオイルフィルター(エレメント)がついていません
エンジン内で発生した鉄粉やスラッジをオイルフィルターで吸着することができません。
そこで、マグネット付きドレンボルトを使用することにより、エンジン内の鉄粉やスラッジを磁石部分で吸着し、循環を防ぐことができます。

CT125ハンターカブのマグネット付きドレンボルトの選び方とおすすめ2選!鉄粉やスラッジを吸着!

CT125ハンターカブのマグネット付きドレンボルトの選び方とおすすめ2選!鉄粉やスラッジを吸着!
CT125ハンターカブにはオイルフィルター(エレメント)がついていません。 マグネット付きドレンボルトはエンジンオイル内の鉄粉やスラッジを吸着可能です。 エンジン内部の環境改善、エンジン寿命を伸ばすことができます。 そこで、CT125ハンターカブのマグネット付きドレンボルトの選び方とおすすめ2選を解説します。

 

hatta
hatta

エンジンオイルを定期的に交換することで、エンジンの好調維持やエンジン寿命を伸ばすことが出来ます!
走行音や振動が少なくなり、燃費向上にも役立ちます!

 

 

CT125ハンターカブのエンジンオイルの選び方

容量を確認

CT125ハンターカブのエンジンオイルの量は700mlです。
700ml以上でも以下でもなく、決められた規定量をしっかり入れることが大切です。

 

粘度を確認

オイルの粘度はオイルにより異なります。
粘度とはオイルの硬さを表し、表記は「5W-30」のように表記されています。
前の数字が小さいほど低温時の粘度が低く始動性が良く、後ろの数字が大きいほど高温時の粘度が高く油膜を保持する能力が高いことを示しています。
ちなみに「W」というのは「Winter(冬)」の略です。

CT125ハンターカブの場合は「5W-30」「10W-40」「10W-30」あたりの粘度を使用することができます。
街乗りやツーリングなど用途に合わせて選ぶと良いです。

 

hatta
hatta

「容量」「粘度」の2点がCT125ハンターカブのエンジンオイルを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのエンジンオイル3選


上記でCT125ハンターカブ用オイルの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!ハンターカブの走行性、機動性には誰よりもうるさい筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用オイルを3つ紹介します!

 

Honda 2輪用エンジンオイル ウルトラ G1

Honda 2輪用エンジンオイル ウルトラ G1」はマルチに使えるCT125ハンターカブ用エンジンオイルです。
低温時でも粘度が低くエンジン始動時でもしっかり保護し、特にストップアンドゴーが多い街乗りや通勤、通学などで威力を発揮します。
また、渋滞時や猛暑、ロングツーリングなどマルチに使用可能です。
マルチに使え「迷ったらこれ!」といえるCT125ハンターカブ用エンジンオイルです。

 

・容量:1L(20Lも選択可)
・粘度:5W-30


 

 

 

Honda 2輪用エンジンオイル ウルトラ G2

Honda 2輪用エンジンオイル ウルトラ G2」は過酷なコンディションでもしっかり保護できるCT125ハンターカブ用エンジンオイルです。
猛暑やロングツーリングなどエンジンに負荷がかかるようなシーンでもしっかりとエンジンを保護することが出来ます。
高粘度なため、過酷なコンディションでも安心してエンジンを回すことが出来ます。
ロングツーリングや猛暑などエンジンをしっかり保護できるCT125ハンターカブ用エンジンオイルです。

 

・容量:1L(20Lも選択可)
・粘度:10W-40


 

 

 

Honda 2輪用エンジンオイル ウルトラ G3

Honda 2輪用エンジンオイル ウルトラ G3」は100%化学合成油のハイスペックなCT125ハンターカブ用エンジンオイルです。
街乗りから、サーキット、ロングツーリングとマルチに使用することが可能です。
100%化学合成油で高性能を追求したハイグレードオイルです。
マルチに使え上質な乗り味が魅力なCT125ハンターカブ用エンジンオイルです。

 

・容量:1L(20Lも選択可)
・粘度:10W-30


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用オイル3選です!
オイル交換後走行すると走行性、機動性の向上に驚くはずです!

 

 

エンジンオイル交換はCT125ハンターカブの運動性能を向上する

以上がCT125ハンターカブのエンジンオイルの選び方とおすすめ3選の解説でした。
エンジンオイルは走るほど汚れて劣化するので、定期的なエンジンオイル交換は不可欠です!
定期的なエンジンオイル交換はエンジンの運動性能維持、エンジン寿命を伸ばすこととが可能です!
CT125ハンターカブのエンジンオイルを定期的に交換することでエンジンの好調を維持することが出来ます!

エンジンオイル交換はバイクの心臓とも言えるエンジンの運動性能を向上させる大切なメンテナンスです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

エンジンオイルはCT125ハンターカブの運動性能を爆上げします!
運動性能維持はもちろん、エンジン寿命を伸ばすことも可能です!

 

 

CT125ハンターカブのオフロードタイヤの選び方とおすすめ3選!トラクションアップで走破性向上!

CT125ハンターカブのオフロードタイヤの選び方とおすすめ3選!トラクションアップで走破性向上!
CT125ハンターカブはオンロードオフロード問わず走行可能なポテンシャルの高いバイクです。 オフロードタイヤを装備するとよりオフロード等の未舗装路を楽しむことができます。 オフロードでのトラクションが増し、上り下りが楽になります。 そこで、CT125ハンターカブのオフロードタイヤの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました