CT125ハンターカブの油温計の選び方とおすすめ2選!油温や電圧を常に把握!取付簡単!

CT125 ハンターカブ

油温計をCT125ハンターカブに付けることで常にエンジンオイルの温度を把握することが出来ます。
油温を把握することで、エンジンの異常に気づきやすくなります。
油温からエンジンオイルの劣化に気づけたり、エンジン寿命を伸ばすことができます。
そこで、CT125ハンターカブの油温計の選び方とおすすめ2選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめの油温計は?

CT125ハンターカブのコンビニフックの選び方は?

 

・CT125ハンターカブに油温計を付けるメリット
・CT125ハンターカブの油温計の選び方
・CT125ハンターカブにおすすめの油温計2選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブの油温計の選び方とおすすめ2選を解説します!
これを読めばCT125ハンターカブの油温計で迷うことはもうなくなります!

 

 

CT125ハンターカブのエンジンオイルの選び方とおすすめ3選!エンジンの好調維持、燃費向上に!

CT125ハンターカブのエンジンオイルの選び方とおすすめ3選!エンジンの好調維持、燃費向上に!
CT125ハンターカブのエンジンオイルを定期的に交換することでエンジンの好調を維持することが出来ます。 エンジンオイルは汚れて劣化するので、定期的なエンジンオイル交換はエンジンの運動性能維持、エンジン寿命を伸ばすこととが可能です。 そこで、CT125ハンターカブのエンジンオイルの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

CT125ハンターカブの油温計を付けるメリット

  • エンジンオイルの温度を常に把握できる
  • 異常に気付ける
  • エンジン寿命を伸ばす

 

CT125ハンターカブの油温計を付ける1番のメリットはエンジンオイルの温度を常に把握できる点です。
エンジンオイルは85℃~100℃未満が適正温度です。
120℃以上になることでオーバーヒートを引き起こすリスクが格段に上がります。
油温計はエンジンオイルの温度を常に数値で表示してくれます。
常にエンジンオイルの温度を把握することで、エンジンの異常に気づきやすくなります
また、油温からエンジンオイルの劣化に気づけたり、エンジン寿命を伸ばすことができます。

 

hatta
hatta

油温計をCT125ハンターカブに付けることで常にエンジンオイルの温度を把握することが出来ます!
温度を把握することでオーバーヒートなどのリスクを軽減でき、エンジン寿命を伸ばすことが出来ます!

 

 

CT125ハンターカブの油温計の選び方

取付方法を確認

カプラーオンは線加工なしで簡単に取り付けが可能です。
面倒な設定作業も不要で少しでもカスタム経験のある方なら簡単取り付けが可能です。
また、加工不要でオイルフィラーキャップの代わりに取り付けるモデルもあります。

 

hatta
hatta

「取付方法」の1点がCT125ハンターカブの油温計を選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめの油温計2選

上記でCT125ハンターカブ用油温計の選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!CT125ハンターカブの油温管理には誰よりもうるさい筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用油温計を2つ紹介します!

 

OPMID トップインジケーター CT125

OPMID トップインジケーター CT125」はアッパーホルダーに取付可能なCT125ハンターカブ用油温計です。
油温計はもちろん電圧計もついているのもポイントです。
エンジンの状態を示す指標の一つ「油温計」とバッテリーチェックに便利な「電圧計」を表示することが出来ます。
カプラーオンで配線を繋ぐだけなので一切の配線加工は不要です。
純正温度センサーに対応しており、面倒な専用センサーの取り付けも不要です。
取り付けも簡単で、収まりも良いCT125ハンターカブ用油温計です。

 

・取付方法:カプラーオン


 

 

ドレミコレクション 油温計 Z900RS M20×2.5

ドレミコレクション 油温計 Z900RS M20×2.5」はオイルフィラーキャップ部分に取り付けるCT125ハンターカブ用油温計です。
オイルフィラーキャップを取り外して代わりに取り付けます。
配線が不要で、誰でもすぐに取り付けが可能です。
表示はアナログで点検窓で、見やすい向きに調整も可能です。
手軽かつ簡単に取付可能なCT125ハンターカブ用油温計です。

 

・取付方法:オイルフィラーキャップ型


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用油温計2選です!
取り付けも簡単で、一目でエンジンオイルの温度が把握でき便利です!

 

 

油温計はCT125ハンターカブに絶対つけたいパーツ

以上がCT125ハンターカブの油温計の選び方とおすすめ2選の解説でした。
油温計をCT125ハンターカブに付けることで常にエンジンオイルの温度を把握することが出来ます!
エンジンオイルは85℃~100℃未満が適正温度です!
120℃以上になることでオーバーヒートを引き起こすリスクが格段に上がります!
常に油温を把握することで、エンジンの異常に気づきやすくなります!
また、油温からエンジンオイルの劣化に気づけたり、エンジン寿命を伸ばすことができます!

油温計はCT125ハンターカブのエンジンオイルの温度を一目で確認できるパーツです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

油温計はCT125ハンターカブのエンジンエンジンオイルの温度を一目瞭然にするパーツです!
間違いなく利便性を向上させる、付けるべきパーツです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのテラモトT-REVminiSPキット!エンブレがマイルドに!

CT125ハンターカブにおすすめのテラモトT-REVminiSPキット!エンブレがマイルドに!
CT125ハンターカブは1速2速のエンジンブレーキがキツく強力です。 そこで、テラモトT-REVminiSPキットの取り付けがおすすめです。 エンジンブレーキをマイルドにしシフトダウンを快適にします。 そこで、CT125ハンターカブにおすすめのテラモトT-REVminiSPキットに付いて解説します。
タイトルとURLをコピーしました