CT125ハンターカブのシートの選び方とおすすめ5選!シート高を下げて足つき改善!ローダウン効果

CT125 ハンターカブ

CT125ハンターカブは足つきの良いバイクではありません。
CT125ハンターカブシートを変えて足つきや乗り心地の改善を考えている方も多いと思います。
シートを変えると足つき、乗り心地、外観、疲労感などの改善が期待できます。
そこで、CT125ハンターカブのシートの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのシートは?

CT125ハンターカブの足つきを良くしたい

 

・バイクのシートを変えるメリット
・CT125ハンターカブのシートの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのシート5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのシートの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばハンターカブのシートで迷うことはもう無くなります!

 

 

CT125ハンターカブのボックスの選び方とおすすめ5選!純正から社外品!大容量でキャンプにも!

CT125ハンターカブのボックスの選び方とおすすめ5選!純正から社外品!大容量でキャンプにも!
ハンターカブに欠かせないアイテムが「ボックス」です。 ハンターカブにリアボックスを取り付けると積載容量の悩みを解決してくれます。 ヘルメットやツーリング中に買ったもの、キャンプ道具など様々なものを入れることができます。 そこで、CT125ハンターカブのボックスの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

バイクのシートを変えるメリット

  • 足つきの改善
  • 乗り心地の改善
  • 疲労感の低減
  • 自分の理想に合った外観

 

常にライダーの体に接する部分であるシートは、カスタムによってバイクに大きな影響を与えます。
また、車体の中でも目立つ部位となるため、ドレスアップを追求するなら必須の交換ポイントとも言えます。
シートカスタムを行う目的は、ライダーによって千差万別です。
ロングツーリングが好きなライダーなら、長距離での乗り心地の良さや疲労感の低減を重視。
スポーツライディングを楽しむ場合はシートのグリップ力や荷重移動のしやすさ
カスタム派ならルックスの向上など、メーカーやスタイルによって、さまざまな素材や形状がラインナップされています。

筆者の感覚ですが、ハンターカブは決して足つきの良いバイクではありません
筆者は街乗りはもちろんローングツーリング、キャンプや山道など様々な乗り方でハンターカブを楽しんでいます。
だからこそ、足つきを改善したく、いろいろな種類のシート交換を試してみました。
効果抜群で、足つきの改善はもちろん、乗り心地やなど費用対効果の高いカスタムになりました。

 

 

hatta
hatta

上記がバイクのシートを交換するメリットです!
足つきの改善はもちろん、乗り心地の改善、疲労の軽減、好みの外観など、自分の好みに仕上げることができます!

 

 

CT125ハンターカブのシートの選び方

サイズの確認

シートのサイズ確認は重要なポイントです。
特に外観に関わる部分でもあるので、どれくらいの大きさなのか、しっかり確認しましょう。

 

ローダウンの確認

ハンターカブのシートを交換する上でローダウンは足つきに関する重要なポイントです。
純正のシートに比べどれくらい下がるのかしっかり確認しましょう。

 

hatta
hatta

「サイズ」「ローダウン」の2点がCT125ハンターカブのシートを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのシート5選

上記でCT125ハンターカブ用シートの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!バイクの足つきや乗り心地に強いこだわりを持つ元レーサーの筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用シートを5つ紹介します!

 

K-SPEED DIABLO CT125交換用シートCT20

K-SPEED DIABLO CT125交換用シートCT20」は約20~30cmのローダウンが可能なシートです。
シートの座面全体にキルト調ステッチが施してあり、オトナの雰囲気を演出してくれます。
シートの表面はつツヤ消し仕上げです。
乗り心地も純正のシートと遜色なくとても快適なシートです。
さらに、シート自体の高さも純正より低く、足つきも改善します。

タレントのヒロミさんも自身のハンターカブをこのシートに変えていました。

 

・サイズ:横(先端)14cm、(最大幅)32cm、縦:42cm、高さ:7cm
・ローダウン:20~30cm

 


 

K-SPEED DIABLO CT125交換用シートV2

K-SPEED DIABLO CT125交換用シートV2」は約20~30cmのローダウンが可能なシートです。
純正シートとは一味違ったツヤのある表皮を使用しており、ファッション性がアップします。
縦方向にステッチが施されており、シート交換により強烈なワンポイントとなり、ワイルドな雰囲気を演出可能です。
さらに、シート自体の高さも純正より低く、足つきも改善します。

 

・サイズ:横(先端)14cm、(最大幅)32cm、縦:42cm、高さ:7cm
・ローダウン:20~30cm

 


 

K-SPEED DIABLO CT125交換用シートCT41

K-SPEED DIABLO CT125交換用シートV2」は約20~30cmのローダウンが可能なシートです。
茶色が特徴的なシートで、ツヤ消し仕様です。
前方は縦方向にステッチ、後方キルト調ステッチが施してあり、アクセント抜群です。
見た目、機能性ともに抜群のシートです。
さらに、シート自体の高さも純正より低く、足つきも改善します。

 

・サイズ:横(先端)14cm、(最大幅)32cm、縦:42cm、高さ:7cm
・ローダウン:20~30cm

 


 

ノイ CT125用 交換用シートV3

ノイ CT125用 交換用シートV3」は約25~35cmのローダウンが可能なシートです。
タイのバイクパーツメーカー「Noi WATDAN 24」社のハンターカブ CT125用シートです。
艶消しのマットブラックにデザイン性のあるステッチで高級感のあるデザインが特徴的です。
素材は合成皮革、防水フィルム処理済みです。
さらに、シート自体の高さも純正より低く、足つきも改善します。

 

・サイズ:横(先端)14cm、(最大幅)32cm、縦:42cm、高さ:6.5cm
・ローダウン:25~35cm

 


 

TWR CT125用 ローダウンカスタムパイピングシート

TWR CT125用 ローダウンカスタムパイピングシート」は約20~30cmのローダウンが可能なシートです。
タイのバイクパーツメーカー「TWR」社のハンターカブ CT125用シートです。
艶消しのマットブラックにステッチでが特徴的です。
横ステッチが体重移動をしやすくサポートしてくれる効果もあります。
さらに、シート自体の高さも純正より低く、足つきも改善します。

 

・サイズ:横(先端)14cm、(最大幅)28cm、縦:42cm、高さ:7cm
・ローダウン:20~30cm

 


 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用シート5選です!
シートは足つき改善はもちろん、乗り心地や外観のカスタマイズにも有効です!

 

 

シート交換はCT125ハンターカブを更に快適する

以上がCT125ハンターカブのシートの選び方とおすすめ5選の解説でした。
CT125ハンターカブは足つきの良いバイクではありません!
CT125ハンターカブシートを変えて足つきや乗り心地の改善を考えている方も多いと思います!
シートを変えると足つき、乗り心地、外観、疲労感などの改善が期待できます!

シートはバイクカスタムの中でも足つきや乗り心地に関する重要なパーツです。
シートを変えると足つき、乗り心地、外観、疲労感の改善が期待できます。
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

シート交換は間違いなく、CT125ハンターカブを更に快適にするカスタムです!
シート交換は費用対効果がとても高いカスタムなので、少しでも足つきに不満を感じていたら絶対的におすすめです!

 

 

CT125ハンターカブのシールド(風防)の選び方とおすすめ5選!スクリーンで疲労軽減!虫や雨にも

CT125ハンターカブのシールド(風防)の選び方とおすすめ5選!スクリーンで疲労軽減!虫や雨にも
シールド(風防)はハンターカブに欠かせないアイテムです。 ウインドスクリーンとも呼ばれ、ライダーにかかる空気抵抗を軽減する効果があります。 他にも飛び石防止や虫よけ、雨よけ効果もありツーリングを快適にサポートしてくれます。 そこで、CT125ハンターカブのシールド(風防)の選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました