【第2段】CT125ハンターカブのレッグバッグの選び方とおすすめ3選!左右可能!大容量防水!

CT125 ハンターカブ

レッグバッグのスマホや財布をなどの小物が収容可能な便利なバッグです。
太ももに装着する設計上、身体への負担が少なく、運転の操作性を妨げません。
荷物が取り出しやすく使い勝手が良いのが特徴です。
大容量や防水性が高いモデルもあります。
そこで、CT125ハンターカブのレッグバッグの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのレッグバッグは?

CT125ハンターカブのレッグバッグの選び方は?

 

・バイク用レッグバッグ(レッグポーチ)のメリット
・CT125ハンターカブのレッグバッグの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのレッグバッグ3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのレッグバッグ(レッグポーチ)の選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めばCT125ハンターカブのレッグバッグで迷うことはもうなくなります!

 

 

CT125ハンターカブのレッグバッグの選び方とおすすめ3選!バイクの必需品!左右可能!大容量防水!

CT125ハンターカブのレッグバッグの選び方とおすすめ3選!バイクの必需品!左右可能!大容量防水!
レッグバッグのスマホや財布をなどの小物が収容可能な便利なバッグです。 太ももに装着する設計上、身体への負担が少なく、運転の操作性を妨げません。 荷物が取り出しやすく使い勝手が良いのが特徴です。 大容量や防水性が高いモデルもあります。 そこで、CT125ハンターカブのレッグバッグの選び方とおすすめ3選を解説します。

CT125ハンターカブのサイドバッグの選び方とおすすめ2選!防水モデル!サイドバッグサポートも!

CT125ハンターカブのサイドバッグの選び方とおすすめ2選!防水モデル!サイドバッグサポートも!
サイドバッグはCT125ハンターカブの収納を確保できる便利なアイテムです。 ハンターカブには収納はなく、収納の問題が課題です。 サイドバッグは収納スペースを確保できます。 また、事故防止のためにサイドバッグサポートの取り付けも必須です。 そこで、CT125ハンターカブのサイドバッグの選び方とおすすめ2選を解説します。

 

 

バイク用レッグバッグ(レッグポーチ)のメリット

  • 小物が収容可能
  • 財布・スマホを収納可能
  • リュックやボディバッグのようにかさばらない
  • 運転性・操作性を妨げない
  • 荷物を取り出しやすい

 

レッグバッグの1番のメリットは最低限の小物が収容可能な点です。
絶対に携帯する財布やスマホなどもしまうことができます。
リュックやボディバッグなど不要になり、かさばらずにスマートなのも特徴です。

リュックやボディバッグはどうしても運転上負担が大きくなってしまいがちです。
レッグバッグは太ももに装着する設計上、身体への負担が少なく、運転の操作性を妨げません
肩が痛くなる心配もなくなります。
レッグバッグは荷物も取り出しやすく、バイクの利便性をより高めるバッグです。

 

hatta
hatta

レッグバッグ(レッグポーチ)は財布やスマホなどの小物を収納でき、取り出しやすいバッグです!
太ももに装着するため、運転の操作性を妨げず、身体への負担も少ないのが特徴です!

 

 

CT125ハンターカブのレッグバッグの選び方

容量の確認

サイドバッグの容量はモデルにより異なります。

  • 最低限の収納(スマホ、財布、鍵など):1L~3L
  • 最低限+アルファ:3L以上

上記を目安に選んでみてください

 

防水性能を確認

レッグバッグの防水性能はモデルにより異なります。
素材にターポリンを使用しているモデルなどは防水性能が高く突然の雨でも安心です。
ターポリンは「ポリ塩化ビニール」や「PVC」などと表記されています。

 

左右装着可能か確認

レッグバッグは基本右足に装着するモデルが多いです。
車体の取り回し時に車体を傷付けないようなど、左足にも装着したい方も多いと思います。
左右どちらの足にも装着可能なモデルなら安心です。

 

hatta
hatta

「容量」「防水性能」「左右装着可能」の3点がCT125ハンターカブのレッグバッグを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのレッグバッグ3選

上記でCT125ハンターカブ用レッグバッグの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!CT125ハンターカブの収納性と操作性には誰よりもうるさい筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用レッグバッグを3つ紹介します!

 

イエローコーン レッグバック YE-56

イエローコーン レッグバック YE-56」は多機能なポケットにより機能性抜群なCT125ハンターカブ用レッグバッグです。
メインルームのみ止水ファスナーを使用し、防水対策がされています。
可変式バックル仕様で身体にピッタリフィットしずれに強いです。
身体に接する面を多重構造の肉厚メッシュ素材にすることで、蒸れを軽減し快適に使用できます。
防水性能はおまけ程度ですが、なんでも収納できる収納性が高いレッグバックです。

 

・容量:2.8L
・防水性能:△
・左右装着可能:可能


 

KUSHITANI レッグバッグ K-3588

KUSHITANI レッグバッグ K-3588」は1680dコーデュラナイロンを使用している耐久性抜群のCT125ハンターカブ用レッグバッグです。
メイン収納はPVCコーティング&止水ファスナーで防水性能が高いのが特徴です。
容量は2.4Lでカードサイズのユーティリティーポケットを左右に装備したされています。
太ももに装着するベルトは、上下に位置調整が可能で、左右どちらでも使用できます。
スマートな見た目で、比較的たくさんの収納ができるレッグバッグです。

 

・容量:2.4L
・防水性能:◎
・左右装着可能:可能


 

コミネ バイク用 ウォータープルーフベルトポーチ SA-245

コミネ バイク用 ウォータープルーフベルトポーチ SA-245」はスマートなディティールが特徴のCT125ハンターカブ用レッグバッグです。
容量は約1Lでごわつかず、スタイリッシュでスマートに使用することができます。
メイン収納はPVCコーティングされており、防水仕様です。
また、スマホやカードを取り出しやすいジッパーポケットも装備されています。
ショルダーベルトも付属し、降車時は肩掛けでも使用可能なのもうれしいポイントです。
スタイリッシュに使えるレッグバックです。

 

・容量:1.0L
・防水性能:〇
・左右装着可能:可能


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用レッグバッグ3選です!
レッグバッグは普段使いやツーリングなどCT125ハンターカブの利便性をアップするアイテムです!

 

 

レッグバッグはCT125ハンターカブ(バイク)の利便性をアップする

以上がCT125ハンターカブのレッグバッグの選び方とおすすめ3選の解説でした。
レッグバッグのスマホや財布をなどの小物が収容可能な便利なバッグです!
太ももに装着する設計上、身体への負担が少なく、運転の操作性を妨げません!
荷物が取り出しやすく使い勝手が良いのが特徴です!
大容量や防水性が高いモデルもあります!

レッグバッグはスマホや財布、鍵などの小物が収納できるバッグです!
間違いなくバイクの利便性を高めるアイテムです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

レッグバッグはちょっとした荷物の収納ができる便利なアイテムです!
街乗りやツーリングなどにも便利なアイテムです!

 

 

【第2段】CT125ハンターカブのボックスの選び方とおすすめ3選!アルミ製やおしゃれなモデル!

【第2段】CT125ハンターカブのボックスの選び方とおすすめ3選!アルミ製やおしゃれなモデル!
ハンターカブに欠かせないアイテムが「ボックス」です。 ハンターカブにリアボックスを取り付けると積載容量の悩みを解決してくれます。 ヘルメットやツーリング中に買ったもの、キャンプ道具など様々なものを入れることができます。 そこで、CT125ハンターカブのボックスの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

CT125ハンターカブの延長キャリアの選び方とおすすめ3選!タンデムシートとボックス両方取付!

CT125ハンターカブの延長キャリアの選び方とおすすめ3選!タンデムシートとボックス両方取付!
延長キャリアは積載量を増やすことができる便利なイテムです。 キャンプや長距離ツーリングなど様々なシーンで活躍する装備です。 また、タンデムシートとリアボックスを両方付けることを可能にするアイテムでもあります。 そこで、CT125ハンターカブの延長キャリアの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました