CT125ハンターカブのミラーの選び方とおすすめ3選!視認性アップ!そのまま付けれる交換簡単!

CT125 ハンターカブ

ミラーは安全確認のための重要なパーツです。
社外ミラーは純正ミラーに比べ、細かな調節が出来見やすく調節することが可能です。
また、同じ車種のバイクとの差別化も図ることが出来ます。
そこで、CT125ハンターカブのミラーの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのミラーは?

CT125ハンターカブのミラーの選び方は?

 

・CT125ハンターカブのミラーを変えるメリット
・CT125ハンターカブのミラーの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのミラー3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのミラーの選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めばハンターカブのミラーで迷うことはもう無くなります!

 

 

CT125ハンターカブのハンドルブレースの選び方とおすすめ2選!取り付け簡単で効果絶大!

CT125ハンターカブのハンドルブレースの選び方とおすすめ2選!取り付け簡単で効果絶大!
ハンドルブレースはハンドルの剛性を上げることができるアイテムです。 ハンドルクロスバーとも呼ばれており、振動軽減やハンドリングの改善などの効果があります。 また、スマホホルダーなどのアクセサリーも固定することが出来ます。 そこで、CT125ハンターカブのハンドルブレースの選び方とおすすめ2選を解説します。

 

 

CT125ハンターカブのミラーを変えるメリット

  • 純正ミラーより見やすくなる
  • 好み似合わせて細かく調整可能
  • 振動でミラーが揺れなくなる
  • 他のCT125ハンターカブとの差別化

 

CT125ハンターカブのミラーを変えるメリットは純正ミラーより見やすくなる点です。
社外のミラーはステーの長さや角度など細かく調整できるのもが多いです。
これにより、安全性より確保しやすいです。
また、ミラーを変えることにより他のCT125ハンターカブとの差別化をすることも可能です。
CT125ハンターカブのミラーも決して悪いミラーではありません。
しかし、細かな調整が出来ないのが難点だと感じています。
また、振動に弱く、走行時に揺れるのが筆者的に気に入らな買ったです。
筆者はこれらのことを改善するためにミラーを変えました。

 

hatta
hatta

ミラーは安全確認のために重要なパーツです!
小さなカスタムですが、費用対効果が高いカスタムです!

 

 

CT125ハンターカブのミラーの選び方

取付けネジサイズを確認

CT125ハンターカブのミラーは「M10ピッチ1.25」という取付けネジ規格を採用しています。
「M10ピッチ1.25」を採用しているミラーなら加工無しでつけることが出来ます。
また、同じ規格のバイクにも取り付けできるので、乗り換え後も使用することが出来ます。

 

サイズを確認

ミラーのサイズは見やすさの大きなポイントです。
また、平成19年1月1日以降に製造された全ての車両のミラーは「面積69cm2」「円形のものは直径が94mm以上150mm以下」と決められています。
これらを満たすミラーを使用する必要があります。

 

hatta
hatta

「取付けネジサイズ」「サイズ」の2点がCT125ハンターカブのミラーを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのミラー3選

上記でCT125ハンターカブ用ミラーの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!バイクに乗る時は神経がすり減るほど安全確認を怠らない筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用ミラーを3つ紹介します!

 

武川 カーボニッシュポリゴンミラーセット

武川 カーボニッシュポリゴンミラーセット」は内側から外側へ広がるボディー形状がハンドル周りをシャープなイメージに演出するミラーです。
更にミラーの樹脂ボディーにはカーボン調の細かな立体成型が施され、デザイン性を高めております。
カラーは樹脂ボディー、アーム部、ナットを含め、ブラックを採用しています。
ミラーのボディー形状とミラーの面積は新保安基準を満たしているので安全です。
取付けネジサイズは、M10ピッチ1.25になります。左右共に正ネジを採用しています。

 

・取付けネジサイズ:M10ピッチ1.25
・サイズ:H97×W172mm


 

 

武川 Zミラー左右セット

武川 Zミラー左右セット」はミラーケースの中で鏡面部分のみを動かすことが出来きるミラーです。
これにより、ミラー装着後、鏡面部分の微調整を行うことが出来ます。
ショートとロングの2種類のアームが付属している為、ハンドルポジションの異なるいろいろな車両に使うことが出来ます。
また好みの見やすさにセットすることが可能です。
ミラーのサイズは新保安基準を満たしているので安心です。
M10ピッチ1.25。逆ネジを採用しており、取り付けも簡単です。

 

・取付けネジサイズ:M10ピッチ1.25
・サイズ:直径110mm


 

 

タナックス ナポレオンラジカルミラー

タナックス ナポレオンラジカルミラー」はユニバーサルジョイントにより転倒・接触時のダメージを緩和する設計のミラーです。
ポジションに応じてステーの長さを調節可能です。
また、可動部を雨やほこりから守るジョイントブーツも採用しています。
10mm正ネジ仕様しているので、そのまま装着可能です。
また、本製品は1本なので、両方交換する場合は2本購入する必要があります。

 

・取付けネジサイズ:10mm
・サイズ:直径102mm


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用ミラー3選です!
「見やすい」はか確実に事故リスクを減らしてくれます!

 

 

ミラーは見やすさと好みの外観を実現するパーツ

以上がCT125ハンターカブのミラーの選び方とおすすめ4選の解説でした。
ミラーは安全確認のための重要なパーツです!
社外ミラーは純正ミラーに比べ、細かな調節が出来見やすく調節することが可能です!
また、同じ車種のバイクとの差別化も図ることが出来ます!

ミラーは「見やすい」というのは絶対条件です!
好みの外観に見やすさをプラスでき、費用対効果の高いパーツと言えます!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ミラーは見やすさと好みの外観を実現するパーツです!
費用対効果の高いカスタムと言えます!

 

 

CT125ハンターカブのフォグランプの選び方とおすすめ3選!簡単装着でライトの暗さを解消!

CT125ハンターカブのフォグランプの選び方とおすすめ3選!簡単装着でライトの暗さを解消!
CT125ハンターカブのヘッドライトは暗く夜間の走行はやや不安です。 そんな時に役立つのがフォグランプです。 夜間走行や霧、雨などの悪天候下でも周囲が確認しやすくなります。 また、周囲に自分の存在も知らせやすくなり事故防止にもなります。 そこで、CT125ハンターカブのフォグランプの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました