CT125ハンターカブの冬用グローブの選び方とおすすめ3選!最強防寒防水性!レディースサイズも

CT125 ハンターカブ

バイクの冬用グローブは冬の寒い時期に運転するためのグローブで防寒、保温性が優れているグローブです。
ごわつきにより操作性が劣るなどの心配もつきものです。
そこで、CT125ハンターカブの冬用グローブの選び方とおすすめ3選を解説します。
また、冬用グローブにプラスするだけで各段に温かさが上がるアイテムも紹介します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめの冬用グローブは?

CT125ハンターカブの冬用グローブの選び方は?

 

・冬用グローブだけでは寒さは対策不十分
・CT125ハンターカブの冬用グローブの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめの冬用グローブ3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブの冬用グローブ(ウインターグローブ)の選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めばCT125ハンターカブの冬用グローブで迷うことはもうなくなります!

 

 

CT125ハンターカブのレッグシールドの選び方とおすすめ2選!疲労軽減や寒さ対策に!雨や泥除け!

CT125ハンターカブのレッグシールドの選び方とおすすめ2選!疲労軽減や寒さ対策に!雨や泥除け!
レッグシールドは風圧の分散効果があり、装着するだけでライダーの体力の消耗軽減が期待できます。 風や雨から身体を守り体力の消耗を軽減し、雨で脚が濡れるのを守ってくれます。 春秋冬など寒い時期の寒さ対策にも役立つアイテムでもあります。 そこで、CT125ハンターカブのレッグシールドの選び方とおすすめ2選を解説します。

 

 

冬用グローブ(ウインターグローブ)だけでは寒さ対策は不十分

結論から言います。
冬にバイクを運転するのに冬用グローブ(ウインターグローブ)だけでは(手の)寒さ対策は不十分です。
冬用グローブは冬の寒い時期に運転するためのグローブで防寒、保温性が優れているグローブです。
装備として温かく快適なのは間違いありません。
しかし、長時間冷風にさらされるとどんな冬用グローブもすぐに寒さを感じてしまいます
筆者は北海道に住んでいて雪が降るまでバイクに乗りますが、冬用グローブだけでは10分ともちません。

 

冬用グローブ+ハンドルカバー+グリップヒーターが最強


解決方法として、「冬用グローブ」+「ハンドルカバー」+「グリップヒーター」の3重装備です。
冬用グローブは手本体を守り、ハンドルカバーは風を遮断する役割があります。
さらにグリップヒーターは熱源としてグリップ周りを温めることが可能です。
まさに、冬着でこたつに入る感覚で、そのくらいが丁度よいです。

  • 冬用グローブ:超重要(絶対装備:ベース)
  • ハンドルカバー:超重要(絶対装備:基本)
  • グリップヒーター:あると良い(可能な限り装備したい:オプション)

寒い時期に毎日、通勤通学でバイクに乗る方、長距離運転する方は参考にしてみてください。

CT125ハンターカブのハンドルカバーの選び方とおすすめ2選!防水防寒対策に!取り付け簡単!
ハンドルカバーは取り付けるだけで手の防寒を圧倒的に高めることができるアイテムです。 グリップ部分を覆う構造で冷風を遮断し、手の防寒性、防水性を高めることができます。 グリップヒーターに比べ安く導入でき、取り付けも簡単なのが特徴です。 そこで、CT125ハンターカブのハンドルカバーの選び方とおすすめ2選を解説します。
CT125ハンターカブのグリップヒーターの選び方とおすすめ3選!純正から社外品も!
寒い時期にバイクに乗るとどうしても手や指先が冷たくなります。 手が寒くなると辛いだけでなく、操作性の低下につがり危険です。 寒くてもハンターカブをガンガン乗りたい方も多いと思います。 そんな時にグリップヒーターは心強いアイテムです。 そこで、CT125ハンターカブのグリップヒーターの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

hatta
hatta

冬にバイクに乗るには冬用グローブだけでは寒さ対策は心もとないです!
「冬用グローブ」+「ハンドルカバー」+「グリップヒーター」の3重装備がおすすめです!

 

 

CT125ハンターカブの冬用グローブの選び方

サイズを確認

サイズはバイク用グローブを選ぶ際に重要なポイントです。
大きすぎるとダボつき、操作性が悪くなります。
また小さすぎるとキツさがストレスになります。
ポイントは「少しきついかな?」くらいが使うと最高のサイズになってきます

 

スマホ対応か確認

バイク用グローブは装着したままスクリーンをタッチできるスマホ対応(タッチパネル対応)のものがあります。
スマホ対応モデルはグローブを履いたままスマホが操作できるので、利便性が高いです。
ツーリング中にスマホでマップを確認したり、アプリを操作する時にいちいちグローブを脱ぐ必要がありません。
モデルにより対応している指が違うので確認が必要です。

 

hatta
hatta

「サイズ」「スマホ対応」の2点がCT125ハンターカブの冬用グローブを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめの冬用グローブ3選

上記でCT125ハンターカブの冬用グローブの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!試される大地北海道の厳しい冬を幾度となく耐えてきた筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブの冬用グローブを3つ紹介します!

 

コミネ バイク用 WPプロテクトウインターグローブ GK-816

コミネ バイク用 WPプロテクトウインターグローブ GK-816」は使いやすく快適な着用感のショートタイプの冬用グローブです。
リブニットカフ仕様で裾からの冷気の浸入をシャットアウトします。
掌の振動吸収ゲルにより長時間使用でも気軽です。
サイズもカラーも豊富で選びやすい冬用グローブです。

 

・サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL、3XL
・スマホ対応:対応(人差し指、中指)


 

 

コミネ バイク用 ウインターグローブ-カルタゴ GK-801

コミネ バイク用 ウインターグローブ-カルタゴ GK-801」は伸縮性、運動性抜群の冬用グローブです。
伸縮スパンデックス生地を部分的に使用し操作性を損ないません。
拳にはソフトタイプのプロテクターを内蔵し安全面も安心です。
サイズもカラーも豊富で、価格・機能性に優れたコスパ最強モデルです。

 

・サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL、3XL
・スマホ対応:対応(人差し指、中指)


 

 

RSタイチ アームド ウインターグローブ RST635

RSタイチ アームド ウインターグローブ RST635」はカーボンプロテクターを使用した保護性能抜群の冬用グローブです。
甲部にナックルプロテクター、掌にカーボン素材、その周辺にフォーム素材のプロテクターを使用しています。
防水・透湿素材「ドライマスター」を採用しており、防水性、防寒性に優れた全天候対応型グローブです。
しっかりとした作りで、長く使用できる冬用グローブです。

 

・サイズ:S、M、L、XL、XXL、WM、WL
・スマホ対応:対応


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブの冬用グローブ3選です!
北海道で実証済みの信頼できるモデルです!どれも温かく運転操作がしやすい冬用グローブです!

 

 

冬用グローブはCT125ハンターカブの快適性を更に上げる

以上がCT125ハンターカブの冬用グローブの選び方とおすすめ3選の解説でした。
バイクの冬用グローブは冬の寒い時期に運転するためのグローブで防寒、保温性が優れているグローブです!
ごわつきにより操作性が劣るなどの心配もつきものです!
今回紹介したモデルは筆者が北海道の厳しい寒さで実証済みの保温性が高く、操作性も抜群のモデルです!

冬用グローブに「ハンドルカバー」「グリップヒーター」をプラスするだけで各段に温かさも上がります!
最低でもハンドルカバーは併用したいところです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

冬用グローブは寒い時期の手の寒さをしっかり守ってくれるベースアイテムです!
CT125ハンターカブは街乗りもツーリングもこなせる実用性のバイクだからこそ、グローブはこだわりたいアイテムです!

 

 

【第2段】CT125ハンターカブのボックスの選び方とおすすめ3選!アルミ製やおしゃれなモデル!

【第2段】CT125ハンターカブのボックスの選び方とおすすめ3選!アルミ製やおしゃれなモデル!
ハンターカブに欠かせないアイテムが「ボックス」です。 ハンターカブにリアボックスを取り付けると積載容量の悩みを解決してくれます。 ヘルメットやツーリング中に買ったもの、キャンプ道具など様々なものを入れることができます。 そこで、CT125ハンターカブのボックスの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました