CT125ハンターカブの冬用ジャケットの選び方とおすすめ3選!温かく防水防風の最強モデル!

CT125 ハンターカブ

バイクの冬用ジャケットは冬の寒い時期に運転するために防寒、保温性が優れています。
プロテクター内蔵で安全性も高く、運転操作も運転の操作性を妨げません。
そこで、CT125ハンターカブの冬用ジャケットの選び方とおすすめ3選を解説します。
また、冬用ジャケットにプラスするだけで各段に温かさが上がるインナーも紹介します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめの冬用ジャケットは?

CT125ハンターカブの冬用ジャケットの選び方は?

 

・冬用ジャケットだけでなくインナーも大切
・CT125ハンターカブの冬用ジャケットの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめの冬用ジャケット3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブの冬用ジャケットの選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めばCT125ハンターカブの冬用ジャケットで迷うことはもうなくなります!

 

 

CT125ハンターカブの冬用グローブの選び方とおすすめ3選!最強防寒防水性!レディースサイズも

CT125ハンターカブの冬用グローブの選び方とおすすめ3選!最強防寒防水性!レディースサイズも
バイクの冬用グローブは冬の寒い時期に運転するためのグローブで防寒、保温性が優れているグローブです。 ごわつきにより操作性が劣るなどの心配もつきものです。 そこで、CT125ハンターカブの冬用グローブの選び方とおすすめ3選を解説します。 また、冬用グローブにプラスするだけで各段に温かさが上がるアイテムも紹介します。

 

 

冬用ジャケットだけでなくインナーも大切

冬にバイクを乗るときに冬用ジャケットは最も効率の良いアイテムです。
防寒性、保温性に優れバイク用ということもあり、運転の操作性を妨げません。
しかし、冬用ジャケットを着るだけでは寒さ対策は不十分です。
インナーを着用することが大切です。
寒さ対策のカギになるのは空気の層です。
ヒートテックのようなタイトなインナーを着ることで防寒性を格段に上げることができます。

インナーはユニクロやアウトドアブランドから出ている高機能なものまで様々です。
一番最適なのはバイク用に発売されているのもを着用することです。
バイクを運転するのに最適な構造、機能性が備わっているので、おすすめです。
是非、寒い時期は冬用ジャケットだけでなく、インナーにも着目してみてください。



 

 

hatta
hatta

寒さ対策としてインナーは大切アイテムです!
インナー次第で防寒性が変わると言っても過言ではありません!

 

 

CT125ハンターカブの冬用ジャケットの選び方

サイズを確認

サイズはバイク用ジャケットを選ぶ際に重要なポイントです。
中に着るインナーの枚数によっても変わるので注意が必要です。
また、オーバーサイズになるとバサバサとジャケットが風の影響を受けやすくなります。

 

プロテクター入りか確認

バイク用ジャケットは大体のモデルはプロテクターが入っていますが、プロテクターが入っていないモデルもあります。
プロテクターは転倒や事故などの最悪の自体に身体をダメージから守ってくれる役割があります。
また、肘や脊髄などプロテクターの入っている箇所も確認しておくといいです。

 

hatta
hatta

「サイズ」「プロテクター」の2点がCT125ハンターカブの冬用ジャケットを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめの冬用ジャケット3選

上記でCT125ハンターカブの冬用ジャケットの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!試される大地北海道の厳しい冬を幾度となく耐えてきた筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブの冬用ジャケットを3つ紹介します!

 

コミネ バイク用 プロテクトソフトシェルウィンターパーカ-イフ

コミネ バイク用 プロテクトソフトシェルウィンターパーカ-イフ」はアウトドアスタイルにライディングのための機能を盛り込んだバイク用ジャケットです。
保温インナーの着脱とベンチレーションの開閉で3シーズン使用可能です。
伸縮性のある生地で、軽い着心地も大きな特徴です。
また、カラーリングやサイズも豊富で好みのモデルを選びやすいです。

 

・サイズ:mens、M~4XL women、M~L
・プロテクター:有(肩、肘、脊椎)


 

 

RSタイチ ドライマスター エクスプローラー オールシーズン ジャケット

RSタイチ ドライマスター エクスプローラー オールシーズン ジャケット」はアドベンチャーテイストと実用性を兼ね備えたライダースジャケットです。
レインウェアと同等の透湿防水性を誇る素材「ドライマスター」を採用し耐水圧10.000mmを実現しています。
高い防風性、防寒性を備えています。
また、内側には速乾性素材「T-DRYメッシュ」を採用して快適性も確保しています。
胸と背中には大型のベンチレーションを採用し、走行風の効果的な導入と排出が可能です。
オールシーズン対応の頼れるバイク用ジャケットです。

 

・サイズ:mens、S~XL women、S~XL
・プロテクター:有(肩、肘、胸)


 

 

RSタイチ モトレック ウインターパーカ RSJ723

RSタイチ モトレック ウインターパーカ RSJ723」は防水やプロテクション等のライディングに必要な機能を兼ね備えた、タウンユースにも適した冬用ジャケットです。
防水素材を使用しており、、急な雨でも安心して着用できます。
高い防水性と防風性が特徴です。
フードと中綿入りインナージャケットは着脱可能で、気温やコンディションに合わせた着こなしが可能です。
また、カラーリングやサイズも豊富で好みのモデルを選びやすいです。

 

・サイズ:mens、S~4XL women、M~L
・プロテクター:有(肩、肘、背中)


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブの冬用ジャケット3選です!
北海道で実証済みの信頼できるモデルです!どれも防寒性保温性の高い冬用ジャケットです!

 

 

冬用ジャケットはCT125ハンターカブの快適性を更に上げる

以上がCT125ハンターカブの冬用ジャケットの選び方とおすすめ3選の解説でした。
バイクの冬用ジャケットは冬の寒い時期に運転するために防寒、保温性が優れています!
プロテクター内蔵で安全性も高く、運転操作も運転の操作性を妨げません!
今回紹介したモデルは筆者が北海道の厳しい寒さで実証済みの保温性が高く、操作性も抜群のモデルです!

冬用ジャケットにインナーをプラスするだけで各段に温かさも上がります!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

冬用ジャケットは寒さからライダーを守るベースアイテムです!
CT125ハンターカブは街乗りもツーリングもこなせる実用性のバイクだからこそ、ジャケットはこだわりたいアイテムです!

 

 

CT125ハンターカブのレッグシールドの選び方とおすすめ2選!疲労軽減や寒さ対策に!雨や泥除け!

CT125ハンターカブのレッグシールドの選び方とおすすめ2選!疲労軽減や寒さ対策に!雨や泥除け!
レッグシールドは風圧の分散効果があり、装着するだけでライダーの体力の消耗軽減が期待できます。 風や雨から身体を守り体力の消耗を軽減し、雨で脚が濡れるのを守ってくれます。 春秋冬など寒い時期の寒さ対策にも役立つアイテムでもあります。 そこで、CT125ハンターカブのレッグシールドの選び方とおすすめ2選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました