CT125ハンターカブのハンドルカバーの選び方とおすすめ2選!防水防寒対策に!取り付け簡単!

CT125 ハンターカブ

ハンドルカバーは取り付けるだけで手の防寒を圧倒的に高めることができるアイテムです。
グリップ部分を覆う構造で冷風を遮断し、手の防寒性、防水性を高めることができます。
グリップヒーターに比べ安く導入でき、取り付けも簡単なのが特徴です。
そこで、CT125ハンターカブのハンドルカバーの選び方とおすすめ2選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのハンドルカバーは?

CT125ハンターカブのハンドルカバーの選び方は?

 

・CT125ハンターカブにハンドルカバーをつけるメリット
・CT125ハンターカブのハンドルカバーの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのハンドルカバー2選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのハンドルカバーの選び方とおすすめ2選を解説します!
これを読めばCT125ハンターカブのハンドルカバーで迷うことはもうなくなります!

 

 

CT125ハンターカブのグリップヒーターの選び方とおすすめ3選!純正から社外品も!

CT125ハンターカブのグリップヒーターの選び方とおすすめ3選!純正から社外品も!
寒い時期にバイクに乗るとどうしても手や指先が冷たくなります。 手が寒くなると辛いだけでなく、操作性の低下につがり危険です。 寒くてもハンターカブをガンガン乗りたい方も多いと思います。 そんな時にグリップヒーターは心強いアイテムです。 そこで、CT125ハンターカブのグリップヒーターの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

CT125ハンターカブにハンドルカバーをつけるメリット

  • 冷風を遮断
  • 手が温かい
  • グリップヒーターに比べてローコスト
  • 取り付け簡単

 

CT125ハンターカブにハンドルカバーを付ける1番のメリットは冷風を遮断できる点です。
春、秋、冬は風が冷たく、防寒グローブでも手が冷たく、かじかむことも多くなります。
そんな時ハンドルカバーが役に立ちます。
ハンドルカバーはハンドルのグリップ部分を覆う形状で手全体を冷風から守ってくれます
ウインターグローブと併用すれば手の防寒対策をより高めることができます。

ハンドルカバーはグリップヒーターに比べてローコスト(安く)で導入することができます。
また、取り付けもかぶせて紐で固定するだけととても簡単なのも特徴です。
ハンドルカバーは付けるだけで、手の防寒を圧倒的高めることができます。

 

hatta
hatta

ハンドルカバーは手の防寒を圧倒的に高めることができるアイテムです!
ローコストで導入でき、取り付けも簡単で、寒い時期に実用的なアイテムです!

 

 

CT125ハンターカブのハンドルカバーの選び方

素材を確認

ハンドルカバーの素材はモデルにより異なります。
布、合皮、ネオプレーン(ダイビングスーツのような素材)など様々です。
中でもおすすめはネオプレーンです。
伸縮性があり、防水性、防寒性が高く価格も安くコスパに優れています
お手入れも簡単なのもポイントです。

 

取付方法を確認

ハンドルカバーの取り付け方法は重要な確認事項です。
大体のモデルはハンドルにかぶせて毛紐で固定するモデルです。
アフターパーツをつけている際は干渉しないかも確認しておきましょう。

 

hatta
hatta

「素材」「取り付け方法」の2点がCT125ハンターカブのハンドルカバーを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのハンドルカバー2選

上記でCT125ハンターカブ用ハンドルカバーの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!寒い時期のバイクシーズンで寒さ対策は怠らない筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用ハンドルカバーを2つ紹介します!

 

OSS ネオプレーン 防寒防水ハンドルカバー

OSS ネオプレーン 防寒防水ハンドルカバー」は防水・防寒に優れたネオプレーン製のハンドルカバーです。
冬の寒風や雨雪をシャットアウトし、 ライダーの手を温かく守ります。
グリップやレバーからのすきま風が入りにくい構造で、裏地には起毛素材を使用し、保温性に優れています。
取り付け方法もでかぶせて固定するだけの簡単装着です。
価格も安く機能性も伴ったコスパ最強ハンドルカバーです。

 

・素材:ネオプレーン
・取り付け方法:紐固定式


 

 

MOTOSTAR バイク用 ハンドルカバー フリーサイズ

MOTOSTAR バイク用 ハンドルカバー フリーサイズ」は手袋をした状態でも出し入れしやすく、運転操作性抜群なハンドルカバーです。
カバー内が広めの構造が特徴で操作性を邪魔しません。
また、親指部分は透明ビニール仕様で、スイッチ類の確認ができ便利です。
裏起毛のため肌触りがよく保温性に優れており、高い防寒性、防水性を誇ります。
寒い季節でも指先暖かく快適にするハンドルカバーです。

 

・素材:ネオプレーン
・取り付け方法:紐固定式


 

 

hatta
hatta

上記2点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用ハンドルカバー2選です!
ハンドルカバーは寒さから手をしっかりと守ってくれる実用的なアイテムです!

 

 

CT125ハンターカブにハンドルカバーは実用的パーツ

以上がCT125ハンターカブのハンドルカバーの選び方とおすすめ2選の解説でした。
ハンドルカバーは取り付けるだけで手の防寒を圧倒的に高めることができるアイテムです!
グリップ部分を覆う構造で冷風を遮断し、手の防寒性、防水性を高めることができます!
グリップヒーターに比べ安く導入でき、取り付けも簡単なのが特徴です!

ハンドルカバーは街乗りからツーリングまでバイクをより快適にしてくれます!
寒さ対策としてローコストで実用的なパーツです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ハンドルカバーは寒い時期の手の寒さをしっかり守ってくれるアイテムです!
街乗りもツーリングもこなせる実用性のバイクだからこそ、絶対付けたいパーツです!

 

 

CT125ハンターカブのレッグシールドの選び方とおすすめ2選!疲労軽減や寒さ対策に!雨や泥除け!

CT125ハンターカブのレッグシールドの選び方とおすすめ2選!疲労軽減や寒さ対策に!雨や泥除け!
レッグシールドは風圧の分散効果があり、装着するだけでライダーの体力の消耗軽減が期待できます。 風や雨から身体を守り体力の消耗を軽減し、雨で脚が濡れるのを守ってくれます。 春秋冬など寒い時期の寒さ対策にも役立つアイテムでもあります。 そこで、CT125ハンターカブのレッグシールドの選び方とおすすめ2選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました