CT125ハンターカブのグリップヒーターの選び方とおすすめ3選!純正から社外品も!

CT125 ハンターカブ

寒い時期にバイクに乗るとどうしても手や指先が冷たくなります。
手が寒くなると辛いだけでなく、操作性の低下につがり危険です。
寒くてもハンターカブをガンガン乗りたい方も多いと思います。
そんな時にグリップヒーターは心強いアイテムです。
そこで、CT125ハンターカブのグリップヒーターの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのグリップヒーターは?

CT125ハンターカブのグリップヒーターの選び方は?

 

・バイクにグリップヒーターをつけるメリット
・CT125ハンターカブのグリップヒーターの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのグリップヒーター3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのグリップヒーターの選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めばハンターカブのグリップヒーターで迷うことはもう無くなります!

 

 

CT125ハンターカブのスマホホルダーの選び方とおすすめ3選!ツーリングや街乗りに!

CT125ハンターカブのスマホホルダーの選び方とおすすめ3選!ツーリングや街乗りに!
バイク用スマホホルダーはバイクにスマートフォンを固定できるアイテムです。 スマホをナビ代わりに使用する事ができ、止まって確認する必要が無くなります。 また、ハンズフリーで音楽を聞いたりすることもでき、ツーリングにも便利です。 そこで、CT125ハンターカブのスマホホルダーの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

バイクにグリップヒーターをつけるメリット

  • 手が温かい
  • 寒い時期の強い味方
  • 操作性を悪化させない

バイクにグリップヒーターを付ける1番のメリットは手が温かいことです。
春や秋、冬など、寒い時期にバイクに乗る際に手は必ず冷えます。
手が冷えた状態の運転は苦痛です。
また、運転に支障が出て危険です。
また、厚い防寒グローブ履くという方法もありますが、分厚く操作性が悪くなります。
グリップヒーターは操作性を悪化させず、街乗りやツーリングの強い味方になります。

 

hatta
hatta

グリップヒーターは寒い時期に強い味方になる心強いパーツです!
一度使うとやめられなくなります!

 

 

CT125ハンターカブのグリップヒーターの選び方

グリップヒーターのタイプを確認

グリップヒーターは大きく分けて「巻きつけタイプ」「半周タイプ」「全周タイプ」の3種類に分けられます。
それぞれにメリット&デメリットがあります。
自分にあったものを選びましょう。

巻きつけタイプ

既存のグリップの上にシート状のヒーターを巻きつけるタイプ

  • メリット:低コスト、グリップ交換不要で取り付け可能
  • デメリット:グリップが少し太くなる

半周タイプ

グリップ交換を行い取り付けるタイプ

  • メリット:全周タイプより安価、省電力
  • デメリット:親指など手前側が冷たい場合がある

全周タイプ

グリップ全体が暖かくなる交換タイプ

  • メリット:グリップヒーターの中で一番暖かい
  • デメリット:価格が高い

 

hatta
hatta

「グリップヒーターのタイプ」の上記1点がCT125ハンターカブのグリップヒーターを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのグリップヒーター3選

上記でCT125ハンターカブ用グリップヒーターの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!バイクの操作性や手の寒さには誰よりもうるさい筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用グリップヒーターを3つ紹介します!

 

ホンダ純正 グリップヒーター CT125

「ホンダ純正 グリップヒーター CT125」は発熱体に合金ステンレス鋼(SUS)を採用したグリップヒーターです。
Honda純正のCT125ハンターカブ用半周タイプグリップヒーターで装着感も抜群です。
電圧監視機能付で安全対策も申し分ありません。
車両の電圧が低下すると、車両を保護するために、自動的にグリップヒーターの電源がOFFになります。
また、インジケーターが点滅で知らせます。

 

・グリップヒーターのタイプ:半周タイプ


 

 

エンデュランス グリップヒーターセット CT125

「エンデュランス グリップヒーターセット CT125」は優れた機能性を備えたグリップヒーターです。
「スタートレベル」「アシスト時間」「エンドレベル」3つを設定することで、「レベル5で5分間だけ暖めてからレベル3に下げる」こんな操作をワンプッシュで行うことが出来ます。
また、電圧低下の影響を受けない設計で、信頼性の高い電圧を見やすいLED液晶ディスプレイで表示します。
優れたグリップ性能を持つ特殊素材とフラット面を適切に配置したデザインで熱伝導性を両立しています。

 

・グリップヒーターのタイプ:全周タイプ


 

 

キジマ グリップヒーター GH07

「キジマ グリップヒーター GH07」はスリムなグリップと一体式のスイッチで使いやすさが特徴のグリップヒーターです。
スイッチ一体型でハンドルから手を離さずに温度レベル調整が可能、運転中も操作しやすい設計です。
温度も5色のLEDインジケーター表示で温度レベルが容易に認識できます。
実用的かつ操作性どちらも高めたグリップヒーターです。

 

・グリップヒーターのタイプ:全周タイプ


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用グリップヒーター3選です!
寒い時期の街乗りやツーリングが最高に快適になります!

 

 

グリップヒーターは寒い時期の最高のアシストアイテム

以上がCT125ハンターカブのグリップヒーターの選び方とおすすめ3選の解説でした。
手が寒くなると辛いだけでなく、操作性の低下につがり危険です!
寒くてもハンターカブをガンガン乗りたい方も多いと思います!
そんな時にグリップヒーターは心強いアイテムです!

グリップヒーターは寒い時期の最高のアシストアイテムです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

グリップヒーターは寒い時期の最高のアシストアイテムです!
これさえあれば、寒い時期でもCT125ハンターカブを思う存分楽しめます!

 

 

CT125ハンターカブのフォグランプの選び方とおすすめ3選!簡単装着でライトの暗さを解消!

CT125ハンターカブのフォグランプの選び方とおすすめ3選!簡単装着でライトの暗さを解消!
CT125ハンターカブのヘッドライトは暗く夜間の走行はやや不安です。 そんな時に役立つのがフォグランプです。 夜間走行や霧、雨などの悪天候下でも周囲が確認しやすくなります。 また、周囲に自分の存在も知らせやすくなり事故防止にもなります。 そこで、CT125ハンターカブのフォグランプの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました