CT125ハンターカブのスマホホルダーの選び方とおすすめ3選!ツーリングや街乗りに!

CT125 ハンターカブ

バイク用スマホホルダーはバイクにスマートフォンを固定できるアイテムです。
スマホをナビ代わりに使用する事ができ、止まって確認する必要が無くなります。
また、ハンズフリーで音楽を聞いたりすることもでき、ツーリングにも便利です。
そこで、CT125ハンターカブのスマホホルダーの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのスマホホルダーは?

CT125ハンターカブのスマホホルダーの選び方は?

 

・バイク用スマホホルダーのメリット
・CT125ハンターカブのスマホホルダーの選び方
・CT125ハンターカブのスマホホルダーのおすすめ3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのスマホホルダーの選び方とおすすめ2選を解説します!
これを読めばハンターカブのスマホホルダーで迷うことはもう無くなります!

 

 

CT125ハンターカブのUSB電源の選び方とおすすめ3選!スマホを充電!ツーリングにが快適に!

CT125ハンターカブのUSB電源の選び方とおすすめ3選!スマホを充電!ツーリングにが快適に!
バイク用USB電源はスマホなどを充電したいときに便利なバイクアクセサリーです。 ツーリングなどでナビアプリをスマホで利用する時でも、USB電源で充電しながら利用することができます。 長距離ツーリングでもバッテリー切れの心配もありません。 そこで、CT125ハンターカブのUSB電源の選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

バイク用スマホホルダーのメリット

  • 低コスト
  • スマホをナビがわりにできる
  • 地図確認にいちいち止まらなくて良い
  • ハンズフリーで音楽を聴いたりできる

バイク用のスマホホルダーのメリットは、見知らぬ土地でのツーリングでも、手持ちのスマホアプリをそのままナビゲーションに使える点です。
費用が抑えられるほか、道順もスムーズに確認できます。

もちろんバイク専用のナビゲーションも市販されていますが、意外と高額です。
かといってドライブ中に、わざわざバイクを止めて地図を取り出して確認するのも時間をロスしてしまいます。
その点、スマホのナビアプリなら、バイクで高速移動しても、ほとんど位置誤差がでないほど高性能です。
そして手軽に安価に活用できるのが魅力です。

 

hatta
hatta

バイク用スマホホルダーは低コストでスマホをナビがわりに使用することができるアイテムです!
スマホのナビアプリが充実している現代ではツーリングのマストアイテムとも言えます!

 

 

CT125ハンターカブのスマホホルダーの選び方

スマホの対応サイズを確認

自分の使用しているスマホがスマホホルダーに対応しているのか確認することが重要です。
ここをミスると買ったのに装着できなくなります。
使用しているスマートフォンの機種やサイズが対応しているかしっかり確認しましょう。

 

ハンドル径を確認

バイクのスマホホルダーはハンドルに固定します。
スマホホルダーがハンドル経(ハンドルの直径)に対応しているのかを確認するのが大切です。
CT125ハンターカブのハンドル系は22.2mmなので、対応しているモデルを選ぶことが重要です。

 

hatta
hatta

「スマホの対応サイズ」「ハンドル径」の2点がCT125ハンターカブ用スマホホルダーを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブのスマホホルダーのおすすめ3選

上記でCT125ハンターカブ用スマホホルダーの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!ツーリング中音楽再生やスマホのナビをヘビーユーズしている筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用スマホホルダーを3つ紹介します!

 

デイトナ バイク用 スマホホルダー3 IH-1100D

デイトナ バイク用 スマホホルダー3 IH-1100D」はスマートフォンを挿入するだけでガッチリフィットするスマートフォンホルダーです。
3つ爪仕様で横ボタンがセンタータイプのスマートフォンにも対応しています。
スマートフォンを装着した状態で360°回転が可能なので、使い勝手も抜群です。
高強度アルミ合金製で耐久性も良く、スライドアームを採用することで大型スマートフォンに対応しています。

 

・スマホの対応サイズ:上下調節:123~170mm、左右調節:55~85mm、爪高さ調節:6~18mm
・ハンドル径:22~29mm


 

デイトナ スマートフォンホルダーWIDE IH-250D

デイトナ スマートフォンホルダーWIDE IH-250D」は首振りクランプ標準装備のスマホホルダーです。
スマートフォンを装着した状態で360°回転が可能なので、自分の見やすい角度を調節しやすいです。
上下アームと左右フック、付属のシリコンバンドでしっかりとスマホをホールドするので、ホールド感も抜群です。
取り外しもワンタッチででき、操作性も良いスマホホルダーです。

 

・スマホの対応サイズ:幅:55~85mm、全長:110~147mm
・ハンドル径:22~29mm


 

カエディア バイク スマホホルダー KDR-M11C

カエディア バイク スマホホルダー KDR-M11C」はアルミニウム合金(マウント)で出来ているスマホホルダーです。
耐久性抜群で長く使用できます。
スマートフォンを装着した状態で360°回転が可能で使い勝手も良いです。
縦幅132㎜~175㎜、横幅68㎜~85㎜のスマホサイズに対応しており、大型のスマホも固定できます。

 

・スマホの対応サイズ:横幅:68㎜~85㎜、縦幅:132㎜~175㎜
・ハンドル径:12.7~25.4mm


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用スマホホルダー3選です!
ツーリングや街乗りも快適になること間違いなしです!

 

 

スマホ用ホルダーはCT125ハンターカブをさらに楽しくする

以上がCT125ハンターカブのスマホホルダーの選び方とおすすめ3選の解説でした。
バイク用スマホホルダーはバイクにスマートフォンを固定できるアイテムです!
スマホをナビ代わりに使用する事ができ、止まって確認する必要が無くなります!
また、ハンズフリーで音楽を聞いたりすることもでき、ツーリングにも便利です!

 

hatta
hatta

スマホ用ホルダーはツーリングはもちろん街乗りでも便利なアイテムです!
スマホ用ホルダーは間違いなくCT125ハンターカブをさらに楽しく、快適にします!

 

 

CT125ハンターカブのナックルガードの選び方とおすすめ3選!手やバイクの保護!防風・防寒に!

CT125ハンターカブのナックルガードの選び方とおすすめ3選!手やバイクの保護!防風・防寒に!
ナックルガード(ハンドガード)は手をガードする重要なパーツです。 オフロード環境での手の保護はもちろん、オンロードでも役立つパーツです。 オンロードもオフロードも楽しめるCT125ハンターカブには是非つけたいパーツです。 そこで、CT125ハンターカブのナックルガードの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました