【第3段】CT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選!街乗りからツーリングに!

CT125 ハンターカブ

シートバッグはCT125ハンターカブの収納を確保できる便利なアイテムです。
ハンターカブには収納がなく、荷物の問題が課題です。
シートバッグは大容量な収納スペースを手軽に確保できます。
取り付けが簡単で、ツーリングにも大活躍です。
そこで、CT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのシートバッグは?

CT125ハンターカブのシードバッグの選び方は?

 

・バイク用シートバッグのメリット
・CT125ハンターカブのシートバッグの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのシートバッグ3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めばCT125ハンターカブのシートバッグで迷うことはもうなくなります!

 

 

CT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選!防水大容量!ツーリングやキャンプに!

CT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選!防水大容量!ツーリングやキャンプに!
シートバッグはCT125ハンターカブの収納を確保できる便利なアイテムです。 ハンターカブには収納がなく、荷物の問題が課題です。 シートバッグは大容量な収納スペースを手軽に確保できます。 取り付けが簡単で、ツーリングにも大活躍です。 そこで、CT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選を解説します。

【第2段】CT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選!ツーリングやキャンプに!

【第2段】CT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選!ツーリングやキャンプに!
シートバッグはCT125ハンターカブの収納を確保できる便利なアイテムです。 ハンターカブには収納がなく、荷物の問題が課題です。 シートバッグは大容量な収納スペースを手軽に確保できます。 取り付けが簡単で、ツーリングにも大活躍です。 そこで、CT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

バイク用シートバッグのメリット

  • 設置しやすい
  • 取り外し可能
  • 大容量で荷造りがしやすい
  • 荷物を取り出しやすい

バイク用シートバッグの1番のメリットは設置しやすい点です。
ほぼすべてのバイクに取り付け可能で、リアボックスのように難しい取り付けは不要です。
大体のモデルは専用の固定ベルトでバイクに固定するだけで簡単に設置することができます
また、取り外してバッグとして持ち運びできるモデルも多く、旅先での盗難対策にも便利です。

シートバッグは大容量で荷造りがしやすいのが特徴です。
メインスペースは広くたくさん荷物を収納することができます。
荷物を取り出しやすく、長距離ツーリングからキャンプツーリングなど様々なシーンで収納に便利です。
また、小さなポケットも多く使い勝手も良いです。

 

hatta
hatta

ツーリングバッグは設置しやすく、荷物をたくさん収納できるバイク用バッグです!
普段使いからツーリング、キャンプなど様々なシーンで活躍します!

 

 

CT125ハンターカブのシートバッグの選び方

容量を確認

容量は入れることができる荷物の量を決める重要な確認項目です。
普段使いなら20L~30Lロングツーリングやキャンプなどに使用する場合は40L~60L以上で選ぶのがおすすめです。
使用状況に応じて容量を確認してみてください。

 

サイズを確認

サイズは取り付ける際にイメージする重要な項目です。
大きすぎると左右が大幅にはみ出してしまったり、大きさを持て余すことになります
また、大きなものをつけると運転のフィーリングにも影響しやすいので注意が必要です。
好みのバランスになるようにサイズをイメージしてみてください。

 

hatta
hatta

「容量」「サイズ」の2点がCT125ハンターカブのシートバッグを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのシートバッグ3選

上記でCT125ハンターカブ用シートバッグの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!シートバッグ便利さに取りつかれた筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用シートバッグを3つ紹介します!

 

タナックス ミニフィールドシートバッグ モトフィズ

タナックス ミニフィールドシートバッグ モトフィズ」は日帰り、1泊程度に便利なCT125ハンターカブ用シートバッグです。
容量も19~27Lと可変でき、街乗りはもちろん、日帰り~1泊程度に便利なアウトドアスタイルのシートバッグです。
左右にある容量アップ機能で、ツーリング先で増えた荷物にも対応することができます。。
A4ファイルが収納可能なサイズなので、通勤通学のバッグとして使用することができます。
レインカバーも標準装備なので、突然の雨にも安心です。
Kシステムベルトは、簡単、確実、強力にシートに固定でき、脱着はバックル4ヵ所だけの超簡単仕様なのもポイントです。
普段使いから街乗り、1泊と幅広く使えるベーシックなCT125ハンターカブ用シートバッグです。

 

・容量:19~27L
・サイズ:奥行300×幅370~510×高さ200mm


 

タナックス フィールドシートバッグ モトフィズ

タナックス フィールドシートバッグ モトフィズ」はツーリングに求められる基本的な機能を追求したCT125ハンターカブ用シートバッグです。
ツーリングに求められる基本的な機能を追求したロングセラーモデルで、上記で紹介したモデルの大容量モデルになります。
容量は39~59Lの可変式で3泊~5泊程度のツーリングに幅広く対応するこtができます。
目安としてキャンプ3泊程度、もしくは宿に1週間程度の荷物運搬に便利な大きさです。
レインカバーも標準装備なので、突然の雨にも安心です。
ライダーの「便利」を考えた、多彩な機能が満載のCT125ハンターカブ用シートバッグです。

 

・容量:39~59L
・サイズ:奥行310×幅470~670×高さ310mm


 

デイトナ ヘンリービギンズ バイク用 キャンプ シートバッグ SYSTEM

デイトナ ヘンリービギンズ バイク用 キャンプ シートバッグ SYSTEM」は目的に応じて付属のシステムポーチを組み合わせることができるCT125ハンターカブ用シートバッグです。
目的に応じて付属のシステムポーチを自由に組み合わせ、カスタマイズして使用できる、新感覚のカスタマイズシステムバッグです。
65L+15L(ポーチ5サイズの合計容量)の合計80Lの大収納力で、 キャンプやロングツーリングのパートナーに最適です。
「ノンスリップシート+スライドストッパー」を採用しており、走行中にバッグが前後のズレに強いです。
また、金属ワイヤー剛性確保、広い開口部、両サイドオープン、折り畳み収納など充実機能を装備しています。
レインカバーも標準装備なので、突然の雨にも安心です。
シートバッグとポーチを自分仕様にカスタマイズできるCT125ハンターカブ用シートバッグです。

 

・容量:65L(本体)+15L(サイドポーチ5つ)
・サイズ:奥行350×幅550×高さ350mm


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用ボックス3選です!
ボックスを装備すると利便性が向上し、ハンターカブはより輝きが増します!

 

 

シートバッグはCT125ハンターカブの利便性をアップする

以上がCT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選の解説でした。
シートバッグはCT125ハンターカブの収納を確保できる便利なアイテムです!
ハンターカブには収納がなく、荷物の問題が課題です!
シートバッグは大容量な収納スペースを手軽に確保できます!
取り付けが簡単で、ツーリングにも大活躍です!

シートバッグは普段使いからツーリングやキャンプなど様々なシーンで活躍する便利なアイテムです!
間違いなくCT125ハンターカブの利便性をアップするアイテムと言っても過言ではありません!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

シートバッグは普段使いからツーリングやキャンプなど様々なシーンで活躍する便利なアイテムです!
間違いなくCT125ハンターカブの利便性をアップするアイテムと言っても過言ではありません!

 

 

【第2段】CT125ハンターカブのボックスの選び方とおすすめ3選!アルミ製やおしゃれなモデル!

【第2段】CT125ハンターカブのボックスの選び方とおすすめ3選!アルミ製やおしゃれなモデル!
ハンターカブに欠かせないアイテムが「ボックス」です。 ハンターカブにリアボックスを取り付けると積載容量の悩みを解決してくれます。 ヘルメットやツーリング中に買ったもの、キャンプ道具など様々なものを入れることができます。 そこで、CT125ハンターカブのボックスの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました