【第2段】CT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選!ツーリングやキャンプに!

CT125 ハンターカブ

シートバッグはCT125ハンターカブの収納を確保できる便利なアイテムです。
ハンターカブには収納がなく、荷物の問題が課題です。
シートバッグは大容量な収納スペースを手軽に確保できます。
取り付けが簡単で、ツーリングにも大活躍です。
そこで、CT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのシートバッグは?

CT125ハンターカブのシードバッグの選び方は?

 

・バイク用シートバッグのメリット
・CT125ハンターカブのシートバッグの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのシートバッグ3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めばCT125ハンターカブのシートバッグで迷うことはもうなくなります!

 

 

CT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選!防水大容量!ツーリングやキャンプに!

CT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選!防水大容量!ツーリングやキャンプに!
シートバッグはCT125ハンターカブの収納を確保できる便利なアイテムです。 ハンターカブには収納がなく、荷物の問題が課題です。 シートバッグは大容量な収納スペースを手軽に確保できます。 取り付けが簡単で、ツーリングにも大活躍です。 そこで、CT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選を解説します。

【第3段】CT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選!街乗りからツーリングに!

【第3段】CT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選!街乗りからツーリングに!
シートバッグはCT125ハンターカブの収納を確保できる便利なアイテムです。 ハンターカブには収納がなく、荷物の問題が課題です。 シートバッグは大容量な収納スペースを手軽に確保できます。 取り付けが簡単で、ツーリングにも大活躍です。 そこで、CT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

バイク用シートバッグのメリット

  • 設置しやすい
  • 取り外し可能
  • 大容量で荷造りがしやすい
  • 荷物を取り出しやすい

バイク用シートバッグの1番のメリットは設置しやすい点です。
ほぼすべてのバイクに取り付け可能で、リアボックスのように難しい取り付けは不要です。
大体のモデルは専用の固定ベルトでバイクに固定するだけで簡単に設置することができます
また、取り外してバッグとして持ち運びできるモデルも多く、旅先での盗難対策にも便利です。

シートバッグは大容量で荷造りがしやすいのが特徴です。
メインスペースは広くたくさん荷物を収納することができます。
荷物を取り出しやすく、長距離ツーリングからキャンプツーリングなど様々なシーンで収納に便利です。
また、小さなポケットも多く使い勝手も良いです。

 

hatta
hatta

ツーリングバッグは設置しやすく、荷物をたくさん収納できるバイク用バッグです!
普段使いからツーリング、キャンプなど様々なシーンで活躍します!

 

 

CT125ハンターカブのシートバッグの選び方

容量を確認

容量は入れることができる荷物の量を決める重要な確認項目です。
普段使いなら20L~30Lロングツーリングやキャンプなどに使用する場合は40L~60L以上で選ぶのがおすすめです。
使用状況に応じて容量を確認してみてください。

 

サイズを確認

サイズは取り付ける際にイメージする重要な項目です。
大きすぎると左右が大幅にはみ出してしまったり、大きさを持て余すことになります
また、大きなものをつけると運転のフィーリングにも影響しやすいので注意が必要です。
好みのバランスになるようにサイズをイメージしてみてください。

 

hatta
hatta

「容量」「サイズ」の2点がCT125ハンターカブのシートバッグを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのシートバッグ3選

上記でCT125ハンターカブ用シートバッグの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!シートバッグ便利さに取りつかれた筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用シートバッグを3つ紹介します!

 

タナックス MOTOFIZZ ミドルフィールド シートバッグ MFK

タナックス MOTOFIZZ ミドルフィールド シートバッグ MFK」は乗り降りしやすいローフォルムが特徴のCT125ハンターカブ用シートバッグです。
本体両側ファスナーを開く事で四量を29L~40Lと荷物に合わせて容量調整が可能です。
思わぬ荷物の増加にも素早く対応します。
上部に荷物を固定した状態でも、サイドオープンにより横から荷物の取り出しが可能です。
すぐに取り出したい物の収納に便利なポケットを本体両サイドが装備されています。
左ポケットはジャストツーリングマップルサイズで、いつでもルーティングが可能です。
内側にメッシュポケット仕切もついているので、小物整理に便利です。
カラーバリエーションも3つから選べる万能型シートバッグです。

 

・容量:29~40L
・サイズ:奥行280×幅520~680×高さ230mm


 

ゴールドウイン ツーリングリアバッグ GSM

ゴールドウイン ツーリングリアバッグ GSM」は使い勝手の良い25~32L収納のCT125ハンターカブ用シートバッグです。
1泊のツーリングはもちろん、数日のキャンプツーリング、ショッピングにも使えて便利なサイズです。
両サイドが拡張でき容量を25~32Lで調節可能です。
型くずれしにくい剛性補強仕様で、安定し収納が可能です。
両サイドオープン仕様なので、荷物も取り出しやすいです。
素材に840Dナイロンを使用しており、耐久性も抜群です。
サイズは4つから、カラーは2色から選ぶことができる使い勝手の良いシートバッグです。

 

・容量:25~32L(23L、53L、78Lもあり)
・サイズ:奥行300×幅420~550×高さ230mm


 

デイトナ ヘンリービギンズ バイク用 キャンプ シートバッグ PRO

デイトナ ヘンリービギンズ バイク用 キャンプ シートバッグ PRO」はホテル泊からキャンプまで幅広く対応した可変型のCT125ハンターカブ用シートバッグです。
メインルームやサイドポケットの収納力と荷物が取りやすい開口形状で使い勝手抜群です。
バッグの前ズレや荷崩れ防止、乗降時の妨げになりにくい形状、非使用時のコンパクト性などたくさんの特徴があるPRO仕様です。
容量も42~56Lにジッパーで拡張することができ便利です。
サイズも4つから選ぶことができ考えられた作りが魅力のシートバッグです。

 

・容量:42~56L(20~26L、37~44L、55~70Lもあり)
・サイズ:奥行300×幅500~620×高さ230mm


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用ボックス3選です!
ボックスを装備すると利便性が向上し、ハンターカブはより輝きが増します!

 

 

シートバッグはCT125ハンターカブの利便性をアップする

以上がCT125ハンターカブのシートバッグの選び方とおすすめ3選の解説でした。
シートバッグはCT125ハンターカブの収納を確保できる便利なアイテムです!
ハンターカブには収納がなく、荷物の問題が課題です!
シートバッグは大容量な収納スペースを手軽に確保できます!
取り付けが簡単で、ツーリングにも大活躍です!

シートバッグは普段使いからツーリングやキャンプなど様々なシーンで活躍する便利なアイテムです!
間違いなくCT125ハンターカブの利便性をアップするアイテムと言っても過言ではありません!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

シートバッグは普段使いからツーリングやキャンプなど様々なシーンで活躍する便利なアイテムです!
間違いなくCT125ハンターカブの利便性をアップするアイテムと言っても過言ではありません!

 

 

【第2段】CT125ハンターカブのボックスの選び方とおすすめ3選!アルミ製やおしゃれなモデル!

【第2段】CT125ハンターカブのボックスの選び方とおすすめ3選!アルミ製やおしゃれなモデル!
ハンターカブに欠かせないアイテムが「ボックス」です。 ハンターカブにリアボックスを取り付けると積載容量の悩みを解決してくれます。 ヘルメットやツーリング中に買ったもの、キャンプ道具など様々なものを入れることができます。 そこで、CT125ハンターカブのボックスの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました