【第2段】CT125ハンターカブのブレーキレバーの選び方とおすすめ3選!簡単交換!位置調節可能!

CT125 ハンターカブ

ブレーキレバーを交換することで操作性を飛躍的に向上させることができます。
フィット感を高め、レバーまでの距離を調整でき、ドレスアップが期待できます。
街乗りや長距離ツーリングなど様々なシーンでストレスなく操作でき、疲労軽減も期待できます。
そこで、CT125ハンターカブのブレーキレバーの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのブレーキレバーは?

CT125ハンターカブのブレーキレバーの選び方は?

 

・CT125ハンターカブのブレーキレバーを交換するメリット
・CT125ハンターカブのブレーキレバーの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのブレーキレバー3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのブレーキレバーの選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めばCT125ハンターカブのブレーキレバーで迷うことはもうなくなります!

 

 

CT125ハンターカブのブレーキレバーの選び方とおすすめ3選!簡単交換!位置調節可能!

CT125ハンターカブのブレーキレバーの選び方とおすすめ3選!簡単交換!位置調節可能!
ブレーキレバーを交換することで操作性を飛躍的に向上させることができます。 フィット感を高めレバーまでの距離を調整でき、ドレスアップが期待できます。 街乗りや長距離ツーリングなど様々なシーンでストレスなく操作でき、疲労軽減も期待できます。 そこで、CT125ハンターカブのブレーキレバーの選び方とおすすめ3選を解説します。

【第2段】CT125ハンターカブのナックルガードの選び方とおすすめ3選!手の保護や防風・防寒に!

【第2段】CT125ハンターカブのナックルガードの選び方とおすすめ3選!手の保護や防風・防寒に!
ナックルガード(ハンドガード)は手をガードする重要なパーツです。 オフロード環境での手の保護はもちろん、オンロードでも役立つパーツです。 オンロードもオフロードも楽しめるCT125ハンターカブには是非つけたいパーツです。 そこで、CT125ハンターカブのナックルガードの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

CT125ハンターカブのブレーキレバーを交換するメリット

  • 操作性向上
  • 疲労軽減
  • 転倒時に折れにくい
  • ドレスアップ効果

 

CT125ハンターカブのブレーキレバーを交換する1番のメリットは操作性向上です。
社外のブレーキレバーに交換することで、

  • フィット感を高める
  • ブレーキレバーまでの距離を縮める
  • 滑りにくい
  • 軽い力でブレーキを操作したい

上記のように様々な要因で操作性を向上させることができます。
手の小さい方や握力に自身がない方など、ブレーキレバーの感触を圧倒的に高めることが可能です。
ブレーキレバーを交換することで、街乗りから長距ツーリングなど様々なシーンで疲労軽減効果も期待できます。

オフロードタイプに特化したブレーキレバーは転倒による折れに強いモデルも存在します。
独自機構で折れるリスク軽減するモデルも存在します。
万が一の転倒や立ちごけなどでブレーキレバーを破損するリスクを減らすことができます。

また、ブレーキレバーを交換することでドレスアップ効果も期待できます。
カラーモデルも多く、さりげないドレスアップ効果が期待できます。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのブレーキレバーを交換すると格段に操作性を向上させることができます!
必ず使うパーツだからこそ、ブレーキレバーは絶対こだわりたいパーツです!

 

 

CT125ハンターカブのブレーキレバーの選び方

サイズを確認

ブレーキレバーには主に「スタンダードレバー」と「ショートレバー」の2種類があります。

スタンダードレバーは一般的にノーマル時に付いているものと同じ大きさのレバーです。
人差し指から小指まで4本で握りたい場合は「スタンダードレバー」がおすすめです。

ショートレバーはその名の通り短めのレバーです。
人差し指と中指、またはそのどちらかでブレーキを握る人には「ショートレバー」がおすすめです。

自分が普段どのようにブレーキをかけているかで選んでみてください。
ちなみにハンターカブ純正のブレーキレバーのサイズは約160mm(レバー部分、直線距離)です。

 

hatta
hatta

「サイズ」の1点がCT125ハンターカブのブレーキレバーを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブのハンドルブレースを選ぶ際に重要なポイントです!

上記でCT125ハンターカブ用ブレーキレバーの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!ブレーキレバーのフィーリングには誰よりもうるさい筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用ブレーキレバーを3つ紹介します!

 

Sniper ハンターカブ CT125 6段階アジャスター 可倒式 ブレーキレバー

Sniper ハンターカブ CT125 6段階アジャスター 可倒式 ブレーキレバー」は操作性を重視したCT125ハンターカブ用ブレーキレバーです。
レバー前面に滑り止めの溝加工とレバーの角を極力無くし操作性を極限まで高めたモデルです。
6段階アジャスターにより好みのレバー位置に調整可能です。
可倒式なので、転倒時の衝撃によるレバーへのダメージを最小限に抑えます。
純正マスターシリンダーに対応しているので、ポン付け可能で取り付けも簡単です。
機能性も価格も優れたCT125ハンターカブ用ブレーキレバーです。

 

・サイズ:135mm(ショートレバー)


 

BIKERS ブレーキレバー CT125 ハンターカブ BK-H0701

BIKERS ブレーキレバー CT125 ハンターカブ BK-H0701」はアルミの削出しのCT125ハンターカブ用ブレーキレバーです。
アルミ削り出し&アルマイト仕上げで、質感はもちろん、耐久性も抜群です。
グリップしやすいヘアライン加工で、楽にブレーキングが可能です。
また、6段階アジャスターにより好みのレバー位置に調整可能です。
軽量で軽いタッチが可能になるCT125ハンターカブ用ブレーキレバーです。

 

・サイズ:135mm(ショートレバー)


 

AWECOT CT125 ハンターカブ 可倒 伸縮式 6段階調整 アルミ ブレーキレバー

AWECOT CT125 ハンターカブ 可倒 伸縮式 6段階調整 アルミ ブレーキレバー」は長さ調節可能なCT125ハンターカブ用ブレーキレバーです。
ネジによりレバーを最適な長さに調節することができます。
6段階アジャスターにより好みのレバー位置に調整可能です。
可倒式なので、転倒時に壊れにくく、耐久性も抜群です。
カラーも豊富で自分のベストポジションを可能にするCT125ハンターカブ用ブレーキレバーです。

 

・サイズ:135~160mm(ネジにより長さ調節可能)


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用ブレーキレバー3選です!
ブレーキの操作性向上に驚くはずです!

 

 

ブレーキレバー交換はCT125ハンターカブの操作性を向上させる

以上がCT125ハンターカブのブレーキレバーの選び方とおすすめ3選の解説でした。
ブレーキレバーを交換することで操作性を飛躍的に向上させることができます!
フィット感を高め、レバーまでの距離を調整でき、ドレスアップが期待できます!
街乗りや長距離ツーリングなど様々なシーンでストレスなく操作でき、疲労軽減も期待できます!

ブレーキレバーは運転時に必ず使用するパーツです!
必ず使用するパーツだからこそ、合ったモデルに交換すると操作性を格段に向上させることができます!
間違いなくCT125ハンターカブの操作性をアップするアイテムと言っても過言ではありません!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ブレーキレバーは一度交換してしまえば快適がずっと続くパーツです!
間違いなくCT125ハンターカブの操作性をアップするアイテムと言っても過言ではありません!

 

 

【第2段】CT125ハンターカブのハンドルブレースの選び方とおすすめ2選!取り付け簡単なモデル!

【第2段】CT125ハンターカブのハンドルブレースの選び方とおすすめ2選!取り付け簡単なモデル!
ハンドルブレースはハンドルの剛性を上げることができるアイテムです。 ハンドルクロスバーとも呼ばれており、振動軽減やハンドリングの改善などの効果があります。 また、スマホホルダーなどのアクセサリーも固定することが出来ます。 そこで、CT125ハンターカブのハンドルブレースの選び方とおすすめ2選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました