CT125ハンターカブのエンジンガードの選び方とおすすめ3選!車体を保護!ドレスアップにも!

CT125 ハンターカブ

エンジンガードは転倒時の衝撃からエンジンを保護する重要なバイクの保護パーツです。
転倒時にエンジン以外のパーツが受けるダメージも最小限に抑えることができます。
高い走破性が魅力のCT125ハンターカブに是非装着したいパーツです。
そこで、CT125ハンターカブのエンジンガードの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

 

CT125ハンターカブにおすすめのエンジンガードは?

CT125ハンターカブのエンジンガードの選び方は?

 

・エンジンガードとは
・CT125ハンターカブのエンジンガードの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのエンジンガード3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのエンジンガードの選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めばハンターカブのエンジンガードで迷うことはもう無くなります!

 

 

【第2段】CT125ハンターカブのエンジンガードの選び方とおすすめ3選!車体を保護!取り付簡単

【第2段】CT125ハンターカブのエンジンガードの選び方とおすすめ3選!車体を保護!取り付簡単
エンジンガードは転倒時の衝撃からエンジンを保護する重要なバイクの保護パーツです。 転倒時にエンジン以外のパーツが受けるダメージも最小限に抑えることができます。 高い走破性が魅力のCT125ハンターカブに是非装着したいパーツです。 そこで、CT125ハンターカブのエンジンガードの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

エンジンガードとは

  • 転倒時の車体保護
  • エンジン以外のパーツが受けるダメージも最小限に抑える
  • ライダーの保護

 

エンジンガードは、転倒時の衝撃からエンジンを守ってくれる重要なバイクの保護パーツです。
安全性を重視するのであれば、エンジンガードは必須アイテムだと言えます。
また、転倒時に車体を支えてくれるため、エンジン以外のパーツが受けるダメージも最小限に抑えることができます
エンジンガードがあれば車体と脚に隙間ができるため、ライダーの保護にも繋がります。
外観が変わってしまうなどのデメリットなどがあり、装着に抵抗を覚える人多いです、
しかし、CT125ハンターカブはオンロードはもちろん、オフロードも走れるポテンシャルなバイクです。
抜群の走破性が魅力なバイクです。

ワイルドな外観にエンジンガードの無骨なデザインはCT125ハンターカブにむしろマッチしているといっても過言ではありません。
オフロードなど転倒の危険が多い場所を走行するなら、是非装着したいパーツだと思います。

 

hatta
hatta

エンジンガードはエンジンを守り、車体のダメージを最小限にする重要な保護パーツです!
走破性が魅力のCT125ハンターカブに性能も見た目もマッチしたパーツです!

 

 

CT125ハンターカブのエンジンガードの選び方

サイズを確認

エンジンガードのサイズ確認は重要なポイントです。
外観に関わる部分でもあります。
大きいタイプはそれだけ車体をしっかりガードすることができます。

 

パイプ径を確認

パイプ径はエンジンガードの太さです。
パイプ径は強度に関わる重要なポイントです。
太いほど強度が高く、ダメージを抑えることが可能です。

 

 

hatta
hatta

「サイズ」「パイプ径」の2点がCT125ハンターカブのエンジンガードを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのエンジンガード3選

上記でCT125ハンターカブ用エンジンガードの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!ハンターカブでオフロードを走ることが何より大好きな筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用エンジンガードを3つ紹介します!

 

Gcraft エンジンガード CT125

Gcraft エンジンガード CT125」はダウンチューブに取り付けるエンジンガードです。
林道走行中などでもブッシュから足を守ってくれます。
両サイドに大きく張り出したスチール製のエンジンガードで保護性も抜群です。
4つのボルトでダウンチューブに固定するので、装着も簡単です。

 

・サイズ:W500×H300mm
・パイプ径:φ19mm

 


 

デイトナ エンジンガード CT125

デイトナ エンジンガード CT125」はφ25.4スチールパイプ製の強固なエンジンガードです。
立ちゴケ等の軽度な転倒に対し、エンジンや操作ペダルのダメージを軽減します。
エンジンガード本体上側にストレート区間を長く設けたことにより、車体上側の保護の他、アクションカメラ/灯火類を装着できます。
取り付け方法はもともと付いているエンジンガードを外してつけるだけなので簡単です。

 

・サイズ:W340×H548mm
・パイプ径:φ25.4mm

 


 

キタコ ブッシュガード CT125

キタコ ブッシュガード CT125」は不整地走行の際、雑草、小枝等から足元をガードする、エンジンガードです。
CT125のスタイルにフィットさせたブッシュガードで、ドレスアップにもおすすめです。
ステンレス製のシルバーとスチール製のブラックの2種類から選ぶことができます。
取り付け方法もボルトオンで簡単です。

 

・サイズ:W539×H206mm
・パイプ径:φ19mm

 


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用エンジンガード3選です!
転倒時の車体の保護はもちろん、オフロードでも強い味方になるパーツです!

 

 

エンジンガードはCT125ハンターカブにつけたいパーツ

以上がCT125ハンターカブのエンジンガードの選び方とおすすめ3選の解説でした。
エンジンガードは転倒時の衝撃からエンジンを保護する重要なバイクの保護パーツです!
転倒時にエンジン以外のパーツが受けるダメージも最小限に抑えることができます!
高い走破性が魅力のCT125ハンターカブに是非装着したいパーツです!

エンジンガードはCT125ハンターカブのワイルドな外観にマッチしているといっても過言ではありません!
オフロードなど転倒の危険が多い場所を走行するなら、是非装着したいパーツだと思います!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

オンロードもオフロードもこなせるCT125ハンターカブは走破性の高いバイクです!
エンジンガードはCT125ハンターカブに是非つけたいパーツです!

 

 

CT125ハンターカブに約2ヵ月乗ってみた感想をレビュー!良い点、残念な点を解説!

CT125ハンターカブに約2ヵ月乗ってみた感想をレビュー!良い点、残念な点を解説!
CT125ハンターカブはホンダから発売されているバイクです。 発売以来、納車が約半年待ちの状況が続くほど大人気なバイクです。 筆者が実際にCT125ハンターカブに乗って感じた良い点、残念な点を解説します。 ハンターカブ購入を考えている方は是非参考にしてみてください。
タイトルとURLをコピーしました