CT125ハンターカブのトルクレンチの選び方とおすすめ2選!整備がはかどる!オイル交換にも!

CT125 ハンターカブ

トルクレンチが1つあるとCT125ハンターカブの整備がはかどります。
ボルトを正しいトルクで締め付けが可能で、安全面や故障に対しても安心です。
また、オイル交換や車のタイヤ交換などざまざまな整備に使用可能です。
そこで、CT125ハンターカブのトルクレンチの選び方とおすすめ2選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのトルクレンチは?

CT125ハンターカブのトルクレンチの選び方は?

 

・CT125ハンターカブの整備にトルクレンチを使うメリット
・CT125ハンターカブのトルクレンチの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのトルクレンチ2選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのトルクレンチの選び方とおすすめ2選を解説します!
これを読めばCT125ハンターカブのトルクレンチで迷うことはもうなくなります!

 

 

CT125ハンターカブのマグネット付きドレンボルトの選び方とおすすめ2選!鉄粉やスラッジを吸着!

CT125ハンターカブのマグネット付きドレンボルトの選び方とおすすめ2選!鉄粉やスラッジを吸着!
CT125ハンターカブにはオイルフィルター(エレメント)がついていません。 マグネット付きドレンボルトはエンジンオイル内の鉄粉やスラッジを吸着可能です。 エンジン内部の環境改善、エンジン寿命を伸ばすことができます。 そこで、CT125ハンターカブのマグネット付きドレンボルトの選び方とおすすめ2選を解説します。

 

 

CT125ハンターカブの整備にトルクレンチを使うメリット

  • 正しいトルクで締めることができる
  • マシンを長持ちさせることができる

CT125ハンターカブの整備にトルクレンチを使う1番のメリットは正しいトルクで締めることができる点です。
ハンターカブをはじめ、バイクや車には各箇所に規定トルクが設けられています。
規定トルクでボルトを締め付けることで、正しく整備することが出来ます。
また、規定トルクで正しく締め付けることで安全面はもちろん、パーツを長持ちさせることが出来ます。
したがって、規定トルクで正しく締め付けることでマシンを長持ちさせることに繋がります

 

CT125ハンターカブでトルクレンチを使う注意点

CT125ハンターカブのサービスマニュアルがあると便利です。
サービスマニュアルには全箇所の整備方法や規定トルクが記載されています。
「トルクレンチは買ったけれど、規定トルクがわからない・・・」ということがなくなります
整備するなら1冊持っておくと整備がはかどります。


 

hatta
hatta

トルクレンチでCT125ハンターカブを整備することで、正しいトルクで整備することが可能です!
安全面や大切に乗る観点からもトルクレンチは大切な整備アイテムです!

 

 

CT125ハンターカブのトルクレンチの選び方

トルクの確認

トルクレンチのトルクはモデルにより異なります。
目安として20~220Nm程度のものだとバイクや車など様々な整備に使用可能です。

 

ソケットの確認

ソケットはモデルにより、付属サイズが家となります。
17、19、21、24mmのソケットがあれば大体の箇所を対応可能です

 

hatta
hatta

「トルク」「ソケット」2点がCT125ハンターカブのトルクレンチを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのトルクレンチ2選

上記でCT125ハンターカブ用トルクレンチの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!日頃からハンターカブの整備には強いこだわりを持つ筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用トルクレンチを2つ紹介します!

 

C-Fixer トルクレンチ プレセット型 差込角12.7mm 20-220N・m

C-Fixer トルクレンチ プレセット型 差込角12.7mm 20-220N・m」はトルクのメモリが見やすいCT125ハンターカブ用トルクレンチです。
はっきりと読みやすいカラーリングでトルク変更を安全に行うことが出来ます。
また、滑りにくく、持ちやすいグリップでしっかりと締め付けることが出来ます。
回転方向も切り替えでき、ソケットは17、19、21、24mmも嬉しいポイントです。
価格も優れており、扱いやすいCT125ハンターカブ用トルクレンチです。

 

・トルク:20~220Nm
・ソケット:17、19、21、24mm


 

 

エマーソン トルクレンチセット EM-29

エマーソン トルクレンチセット EM-29」は堅牢かつシンプルなCT125ハンターカブ用トルクレンチです。
シンプルかつ堅牢な構造が特徴です。
ソケットは14、17、19、21、24mmの5つが付属しており、21mmはロング仕様です。
さらに延長用のエクステンションも付属しており、手が届きにくい場所でも扱いやすいです。
堅牢かつシンプルで長く使用することができるCT125ハンターカブ用トルクレンチです。

 

・トルク:20~200Nm
・ソケット:14、17、19、21、24mm


 

 

hatta
hatta

上記2点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用トルクレンチ2選です!
正しいトルクで締め付け可能で、1つ持っておくと整備が格段にはかどります!

 

 

トルクレンチはCT125ハンターカブの整備を快適にする

以上がCT125ハンターカブのトルクレンチの選び方とおすすめ2選の解説でした。
トルクレンチが1つあるとCT125ハンターカブの整備がはかどります!
ボルトを正しいトルクで締め付けが可能で、安全面に対しても安心です!
正しいトルクで整備することでマシンを長く大切に整備可能です!
また、オイル交換や車のタイヤ交換などざまざまな整備に使用可能です!

トルクレンチが1つあるとCT125ハンターカブの整備はより快適になります!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

 

hatta
hatta

トルクレンチが1つあるとCT125ハンターカブの整備はより快適になります!
正しいトルクで締め付けることで、安全面でも安心して乗ることが出来ます!

 

 

CT125ハンターカブのエンジンオイルの選び方とおすすめ3選!エンジンの好調維持、燃費向上に!

CT125ハンターカブのエンジンオイルの選び方とおすすめ3選!エンジンの好調維持、燃費向上に!
CT125ハンターカブのエンジンオイルを定期的に交換することでエンジンの好調を維持することが出来ます。 エンジンオイルは汚れて劣化するので、定期的なエンジンオイル交換はエンジンの運動性能維持、エンジン寿命を伸ばすこととが可能です。 そこで、CT125ハンターカブのエンジンオイルの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました