CT125ハンターカブのマグネット付きドレンボルトの選び方とおすすめ2選!鉄粉やスラッジを吸着!

CT125 ハンターカブ

CT125ハンターカブにはオイルフィルター(エレメント)がついていません。
マグネット付きドレンボルトはエンジンオイル内の鉄粉やスラッジを吸着可能です。
エンジン内部の環境改善、エンジン寿命を伸ばすことができます。
そこで、CT125ハンターカブのマグネット付きドレンボルトの選び方とおすすめ2選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのマグネット付きドレンボルトは?

CT125ハンターカブのマグネット付きドレンボルトの選び方は?

 

・CT125ハンターカブにマグネット付きドレンボルトを付けるメリット
・CT125ハンターカブのマグネット付きドレンボルトの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのマグネット付きドレンボルト2選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのマグネット付きドレンボルトの選び方とおすすめ2選を解説します!
これを読めばCT125ハンターカブのマグネット付きドレンボルトで迷うことはもうなくなります!

 

 

【第2段】CT125ハンターカブのチェーンオイルの選び方とおすすめ3選!ハイスペック最強モデル!

【第2段】CT125ハンターカブのチェーンオイルの選び方とおすすめ3選!ハイスペック最強モデル!
チェーンオイルはチェーンの保護をする重要なアイテムです。 チェーンを乾燥やサビ、ひび割れから守り、潤滑に動かし熱や力から保護することができます。 CT125ハンターカブのパワーロスを少なくし、パワーアップや燃費改善にも役立ちます。 そこで、CT125ハンターカブのチェーンオイルの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

CT125ハンターカブにマグネット付きドレンボルトを付けるメリット

  • エンジンオイル内の鉄粉やスラッジを吸着
  • エンジン内部の環境を良く保つことができる
  • エンジン寿命を伸ばす

 

CT125ハンターカブにマグネット付きドレンボルトを付ける1番のメリットはエンジンオイル内の鉄粉やスラッジを吸着できる点です。
CT125ハンターカブを始め、カブ系のバイクはオイルフィルター(エレメント)がついていません。
エンジン内で発生した鉄粉やスラッジをオイルフィルターで吸着することができません。
そこで、マグネット付きドレンボルトを使用することにより、エンジン内の鉄粉やスラッジを磁石部分で吸着し、循環を防ぐことができます。
鉄粉やスラッジを吸着することで、エンジン内部の環境を良く保つことが期待できます。
エンジン内の環境を良く保つことでエンジン寿命を伸ばすことができます。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブはオイルエレメントがない為、このようなマグネットタイプのドレンボルトが必要かつ便利です!
エンジン内部の環境を良く保ち、エンジン寿命を伸ばすことができます!

 

 

CT125ハンターカブのマグネット付きドレンボルトの選び方

サイズを確認

CT125ハンターカブのドレンボルトのサイズは「M12×12×P1.5」です。
「M12×12×P1.5」のサイズを選べば問題なく使用することができます。

 

hatta
hatta

「サイズ」1点がCT125ハンターカブのマグネット付きドレンボルトを選ぶ際に重要なポイントです。

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのマグネット付きドレンボルト2選

上記でCT125ハンターカブ用マグネット付きドレンボルトの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!日頃からハンターカブのエンジン内部の環境には強いこだわりを持つ筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用マグネット付きドレンボルトを2つ紹介します!

 

デイトナ ドレンボルト マグネット付き M12×12×P1.5

デイトナ ドレンボルト マグネット付き M12×12×P1.5」はネジ先端にネオジム磁石を装着したCT125ハンターカブ用マグネット付きドレンボルトです。
強力なネオジム磁石がエンジンオイル内の鉄粉やスラッジを吸着します。
素材はスチール製で強く締めてもナメにくいのも特徴です。
ドレンワッシャー付きなのもポイントです。
エンジンをより長持ちさせることができるCT125ハンターカブ用マグネット付きドレンボルトです。

 

・サイズ:M12×12×P1.5


 

 

 

スペシャルパーツ武川 マグネット付きドレンボルト M12×P1.5

スペシャルパーツ武川 マグネット付きドレンボルト M12×P1.5」はドレスアップ効果抜群のCT125ハンターカブ用マグネット付きドレンボルトです。
カラーラインナップは4色でワンポイントのドレスアップ効果も期待できます。
ドレンボルトに付いている磁石も強力で、約1.2kgのリアショックも持ち上げるほどの強さです。
エンジンオイルに混ざった鉄粉をしっかりと吸着することができます。
機能性、ドレスアップ性抜群のドレスアップ効果抜群のCT125ハンターカブ用マグネット付きドレンボルトです。

 

・サイズ:M12×12×P1.5


 

 

hatta
hatta

上記2点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用マグネット付きドレンボルト2選です!
エンジン寿命を伸ばし、エンジン内部をよりクリーンな状態に保つことができます!

 

 

マグネット付きドレンボルトはCT125ハンターカブに絶対つけたいアイテム

以上がCT125ハンターカブのマグネット付きドレンボルトの選び方とおすすめ2選の解説でした。
CT125ハンターカブにはオイルフィルター(エレメント)がついていません!
マグネット付きドレンボルトはエンジンオイル内の鉄粉やスラッジを吸着することができます。
エンジン内部の環境を良く保ち、エンジン寿命を伸ばすことができます。

エンジン内の環境をより良く保つことができ、燃費向上も期待できます!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ハンターカブをはじめ、カブ系バイクはオイルフィルター(エレメント)がついていないのでマグネット付きドレンボルトは必須アイテムです!
エンジン寿命を伸ばすことができます!

 

 

CT125ハンターカブのガソリン携行缶の選び方とおすすめ3選!ガス欠の心配なし!ツーリングにも!

CT125ハンターカブのガソリン携行缶の選び方とおすすめ3選!ガス欠の心配なし!ツーリングにも!
ガソリン携行缶は万が一の燃料切れ(ガス欠)時に備えておくと安心のアイテムです。 ツーリングや散策、山道、林道など見知らぬ地でガソリンが残りわずかだと不安になります。 そんな時、ガソリン携行缶にガソリンを入れて装備しておくと安心です。 そこで、CT125ハンターカブのガソリン携行缶の選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました