CT125ハンターカブのガソリン携行缶の選び方とおすすめ3選!ガス欠の心配なし!ツーリングにも!

CT125 ハンターカブ

ガソリン携行缶は万が一の燃料切れ(ガス欠)時に備えておくと安心のアイテムです。
ツーリングや散策、山道、林道など見知らぬ地でガソリンが残りわずかだと不安になります。
そんな時、ガソリン携行缶にガソリンを入れて装備しておくと安心です。
そこで、CT125ハンターカブのガソリン携行缶の選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのガソリン携行缶は?

CT125ハンターカブのガソリン携行缶の選び方は?

 

・CT125ハンターカブ(バイク)にガソリン携行缶を装備するメリット
・CT125ハンターカブのガソリン携行缶の選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのガソリン携行缶3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのガソリン携行缶の選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めばハンターカブのガソリン携行缶で迷うことはもう無くなります!

 

 

CT125ハンターカブのUSB電源の選び方とおすすめ3選!スマホを充電!ツーリングにが快適に!

CT125ハンターカブのUSB電源の選び方とおすすめ3選!スマホを充電!ツーリングにが快適に!
バイク用USB電源はスマホなどを充電したいときに便利なバイクアクセサリーです。 ツーリングなどでナビアプリをスマホで利用する時でも、USB電源で充電しながら利用することができます。 長距離ツーリングでもバッテリー切れの心配もありません。 そこで、CT125ハンターカブのUSB電源の選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

CT125ハンターカブ(バイク)にガソリン携行缶を装備するメリット

  • 燃料切れ(ガス欠)の心配がない
  • ツーリング先、散策先で燃料の心配をしなくて良い
  • 集団ツーリングでもメンバーのガス欠をサポートできる

 

CT125ハンターカブにガソリン携行缶を装備する1番のメリットは燃料切れ(ガス欠)の心配がなくなる点です。
ツーリング先や散策先など、見知らぬ地でガソリンが残りわずかだとドキドキしますよね。
残りのガソリンでスタンドまで行けるなら大丈夫ですが、行けない場合は押していくことになります。
また、時間によっては閉まっているガソリンスタンドも多いです。

また、誰もいない山奥や林道、オフロードなどを散策しているときのガス欠は悲惨です。
舗装路とは違い、バイクを押すのも一苦労です。
上記のような様々なシーンで、ガソリン携行缶にガソリンを入れて装備しておくと安心度が段違いです。

CT125ハンターカブの場合ファミリーバイク保険(自動車保険付帯特約)で乗る方も多いと思います。
ファミリーバイク保険の場合はガス欠やレッカーなどは対象外の場合が多いので注意が必要です。

ガソリン携行缶にガソリンを装備しておくと万が一のときに心臓に毛が生えたくらい心強いです。

 

ガソリン携行缶を使う際の注意点

  • 必ずスタッフに給油してもらう
  • ガソリン携行缶を使用するときは静電気に注意する

 

ガソリン携行缶はセルフスタンドなどで自分で給油をすることができません
必ずスタッフに給油してもらいましょう。
また、セルフスタンドの場合はスタッフに頼んでも断られる場合があります。

万が一ガス欠してしまい、ガソリン携行缶の燃料を使用する場合は静電気に注意しましょう。
ガソリンはとても揮発性が高く、わずかな静電気でも危険です。
給油する前にかならず地面に両手をつけて放電するなどしましょう。

 

hatta
hatta

筆者はツーリング先や林道を散策中にガス欠になりそうになったことが何度もあります!
そんな時、ガソリン携行缶にガソリンを装備しておくと万が一のときに心臓に毛が生えたくらい心強いです!

 

 

CT125ハンターカブのガソリン携行缶の選び方

消防法適合品かを確認

ガソリンを入れる場合、ガソリン携行缶は消防法適合品でないと使用できません
ガソリンは揮発性がとても高く危険です。
必ず消防法適合の携行缶を使用しましょう。

 

容量を確認

 

非常用として装備するとして、容量は1Lのものがおすすめです。
サイズも程よく、軽いので装備の邪魔になりにくいです。
CT125ハンターカブの場合は1Lで67.2km/L(カタログ値)走ることができます
1Lあればかなりの距離を走ることができ、安心です。

実際に乗って感じたCT125ハンターカブの燃費を解説!燃費を良くするアイテムも紹介!
CT125ハンターカブは街乗りはもちろん、ロングツーリングやキャンプなど様々なレジャーを楽しめる1台です。 ライダーのライフスタイルに合わせることができる高い機能性が魅力です。 ハンターカブの燃費が気になっている人も多いと思います。 そこで、筆者が実際に乗って感じたCT125ハンターカブの燃費を解説します。

 

サイズ、重量を確認

サイズと重量は携帯性を重視する上で重要です。
小さく軽いモデルだと装備の邪魔になりにくく、ツーリング時でも便利です。

 

hatta
hatta

「消防法適合品」「容量」「サイズ、重量」の3点がCT125ハンターカブのガソリン携行缶を選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのガソリン携行缶3選

上記でCT125ハンターカブ用チェーンカバーの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!何度もガソリン携行缶に救われたことがある筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用ガソリン携行缶を3つ紹介します!

メルテック ガソリン携行缶 アルミボトルタイプ 1L

メルテック ガソリン携行缶 アルミボトルタイプ 1L」はオールマイティーに使用できるCT125ハンターカブ用ガソリン携行缶です。
消防法適合品でガソリンはもちろん、混合油、オイル、軽油、灯油等が安全に持ち運ぶことができます。
本体はわずか165gと軽量で持ち運びしやすいのが特徴です。
容量は1Lで、給油ノズルもついているので楽に給油が可能です。
また、専用の収容袋もついているので収納時も便利です。
使い勝手の良いオールマイティーに使用できるCT125ハンターカブ用ガソリン携行缶です。

 

・消防法適合品:適合
・容量:1L
・サイズ、重量:約Φ80×245(H)mm、165g


 

 

 

エマーソン ガソリン携行缶 1000cc

エマーソン ガソリン携行缶 1000cc」は軽量が特徴のCT125ハンターカブ用ガソリン携行缶です。
本体はわずか150gと軽量で持ち運びしやすいのが特徴です。
容量は1Lで、給油ノズルもついているので楽に給油が可能です。
消防法適合品で、安全にガソリンを持ち運ぶことが可能です。
また、専用の収容袋もついているので収納時も便利です。
軽量で装備しやすいCT125ハンターカブ用ガソリン携行缶です。

 

・消防法適合品:適合
・容量:1L
・サイズ、重量:約Φ80×246(H)mm、150g


 

 

 

エトスデザイン ガソリン携行缶 1.0リットル

エトスデザイン ガソリン携行缶 1.0リットル」はデザイン性に優れたCT125ハンターカブ用ガソリン携行缶です。
片手で持ちやすいシェイプボトルに給油ノズル不要の形状が特徴的です。
給油ノズル無しですぐに給油することができます。
消防法適合品で安全にガソリンを持ち過去部ことができます。
また、専用の収納袋がついているのも特徴です。
機能的で、デザイン性が優れているCT125ハンターカブ用ガソリン携行缶です。

 

・消防法適合品:適合
・容量:1L
・サイズ、重量:約Φ90×260(H)mm、210g


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用ガソリン携行缶3選です!
ツーリングや散策の際に備えていたら安心です!

 

 

ガソリン携行缶はCT125ハンターカブに備えておきたいアイテム

CT125ハンターカブのガソリン携行缶の選び方とおすすめ3選の解説でした。
ガソリン携行缶は万が一の燃料切れ(ガス欠)時に備えておくと安心のアイテムです。
ツーリングや散策、山道、林道など見知らぬ地でガソリンが残りわずかだと不安になります。
そんな時、ガソリン携行缶にガソリンを入れて装備しておくと安心です。

CT125ハンターカブは街乗りはもちろんツーリングやオフロードなど、どこへでも行きたくなるポテンシャルの高いバイクです!
ガソリン携行缶は万が一の燃料切れにとても頼りになります!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブは街乗りはもちろんツーリングやオフロードなど、どこへでも行きたくなるポテンシャルの高いバイクです!
ガソリン携行缶を装備しておけば心臓に毛が生えるたくらい心強いです!

 

 

CT125ハンターカブのフォグランプの選び方とおすすめ3選!簡単装着でライトの暗さを解消!

CT125ハンターカブのフォグランプの選び方とおすすめ3選!簡単装着でライトの暗さを解消!
CT125ハンターカブのヘッドライトは暗く夜間の走行はやや不安です。 そんな時に役立つのがフォグランプです。 夜間走行や霧、雨などの悪天候下でも周囲が確認しやすくなります。 また、周囲に自分の存在も知らせやすくなり事故防止にもなります。 そこで、CT125ハンターカブのフォグランプの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました