CT125ハンターカブのプラグの選び方とおすすめ2選!エンジンパワー向上!交換時期や熱価解説も!

CT125 ハンターカブ

CT125ハンターカブのプラグを交換するとエンジンがパワーアップします。
プラグを交換するとエンジンパワーをより引き出し、始動性向上やアイドリングの安定を体感できます。
また、加速性能の向上や燃費アップ効果も体感することが出来ます。
そこで、CT125ハンターカブのプラグの選び方とおすすめ2選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのプラグは?

CT125ハンターカブのプラグの選び方は?

 

・CT125ハンターカブのプラグを交換するメリット
・CT125ハンターカブのプラグの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのプラグ2選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのプラグの選び方とおすすめ2選を解説します!
これを読めばCT125ハンターカブのプラグで迷うことはもうなくなります!

 

 

CT125ハンターカブのエンジンオイルの選び方とおすすめ3選!エンジンの好調維持、燃費向上に!

CT125ハンターカブのエンジンオイルの選び方とおすすめ3選!エンジンの好調維持、燃費向上に!
CT125ハンターカブのエンジンオイルを定期的に交換することでエンジンの好調を維持することが出来ます。 エンジンオイルは汚れて劣化するので、定期的なエンジンオイル交換はエンジンの運動性能維持、エンジン寿命を伸ばすこととが可能です。 そこで、CT125ハンターカブのエンジンオイルの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

CT125ハンターカブのプラグを交換するメリット

  • エンジンのパワーアップ
  • 始動性能向上
  • アイドリングの安定
  • 加速性向上
  • 燃費向上

CT125ハンターカブのプラグを交換する1番のメリットはエンジンパワーがアップする点です。
プラグを交換するとエンジン内部での燃焼サイクルがスムーズに行うことができ、エンジンパワーをより引き出し事ができます。
スタート時のエンジン始動性能向上アイドリング時の安定などエンジンの好調化に大きく関わってきます。

走行中ではエンジンの吹け上がりがスムーズになり、加速性能が向上します。
また、燃焼サイクルが効率良く行えるため、燃費向上効果も期待できます。

 

CT125ハンターカブのプラグ交換時期

プラグは消耗品で定期的な交換が必要です。
プラグ(純正品)交換時期の目安は3,000km~5,000kmと言われています。
プラグ寿命を過ぎたまま使用し続けるとエンストや息継ぎなど様々な症状が出てきます。
走行不能にならないためにも定期的な点検交換が必須です。

 

hatta
hatta

エンジンプラグは消耗品で定期的な点検、交換が必要です!
CT125ハンターカブのプラグを交換するとパワーアップや燃費向上など様々なメリットを体感できます!

 

 

CT125ハンターカブのプラグの選び方

型番を確認

NGK製の場合は「CPR7EDX-9S」「CPR6EDX-9S」を選ぶと良いです。
3つのグレードに分かれており、その中でもハイスペックで燃焼を最適に保つこ事ができます。
このグレードなら寿命も長く8000km~10000kmでの交換サイクルになります。

 

熱価を確認

熱価とは熱を発散する度合いを表した指数です。
プラグの冷却性を数値化したものです。
CT125ハンターカブの純正の熱価は「6」で、6~7で選ぶと良いです。
熱価により最適なシーンがありますので、下記を参考に選んでみてください。

  • 6:通勤通学、街乗りなどあまり長い距離を走らない場合
  • 7:長距離ツーリングなどエンジンに負荷をかける場合

 

hatta
hatta

「型番」「熱価」の2点がCT125ハンターカブ用プラグを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのプラグ2選

上記でCT125ハンターカブ用プラグの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!ハンターカブのエンジンパワー、快適性には誰よりもうるさい筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用プラグを2つ紹介します!

NGK MotoDXプラグ 2輪専用 CPR6EDX-9S

NGK MotoDXプラグ 2輪専用 CPR6EDX-9S」はエンジン性能アップ実感できるCT125ハンターカブ用プラグです。
燃焼効率の向上により燃費を改善し、レスポンスに優れた加速性を体感することができます。
新素材D-Shapeとルテニウム配合中心電極採用しており、スムーズに燃焼を行うことが可能です。
2輪専用スパークプラグに求められる様々な性能(加速性・耐久性・耐汚損性・燃費・始動性等)を向上させることが出来ます。
また、熱価は6と純正と同等ですが、10000km耐久とロングライフも実現しています。
性能アップを実感できるCT125ハンターカブ用プラグです。

 

・型番:CPR6EDX-9S
・熱価:6


 

 

NGK 2輪用スパークプラグ CPR7EDX-9S

NGK 2輪用スパークプラグ CPR7EDX-9S」は熱価が高いCT125ハンターカブ用プラグです。
大体の内容は上記で紹介したモデルと一緒ですが、熱価が高く7のモデルです。
上記のモデルに比べプラグの冷却効果が高く、エンジンに負荷がかかるシーンでも安心して使用することが出来ます。
高速巡航や長距離ツーリングはもちろん、ボアアップマシンにもおすすめです。
熱ダレしにくく、エンジン性能の向上を実感できるCT125ハンターカブ用プラグです。

 

・型番:CPR7EDX-9S
・熱価:7


 

hatta
hatta

上記2点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用プラグ2選です!
交換するとエンジンのパワーアップ、快適性に驚くはずです!

 

 

プラグ交換はCT125ハンターカブのパワーアップを可能にする

以上がCT125ハンターカブのプラグの選び方とおすすめ2選の解説でした。
CT125ハンターカブのプラグを交換するとエンジンがパワーアップすることが出来ます!
プラグを交換すると燃焼サイクルをスムーズに行うことが出来ます!
それにより、エンジンパワーをより引き出し、始動性向上やアイドリングの安定を体感できます!
また、吹け上がりがスムーズになり、加速性能の向上や燃費アップ効果も体感することが出来ます!

エンジンプラグは消耗品なので、定期的な点検交換が必要です!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

プラグ交換はCT125ハンターカブのパワーアップを可能にします!
プラグはエンジンの好調を維持し、気持ちよく走るためにキーになるパーツです!

 

 

CT125ハンターカブのチェーンの選び方とおすすめ3選!シールチェーン交換で走行性能アップ!

CT125ハンターカブのチェーンの選び方とおすすめ3選!シールチェーン交換で走行性能アップ!
CT125ハンターカブのシールチェーンを変える事により走行性、機動性を向上させる事ができます。 シフトチェンジ、加速、減速のフィーリングが快適になり、走行音や振動が少なくなります。 取り回しも快適になり、燃費向上も期待できます。 そこで、CT125ハンターカブのチェーンの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました