読めば解決!未経験からグラフィックデザイナーになる方法3選!必要なスキルも解説!

ワーキング

未経験からグラフィックデザイナーになる人も多くなっています。
グラフィックデザイナーは高度なデザインスキルやソフトウェアスキルが必要と思っている人も多いと思います。
そこで、未経験からグラフィックデザイナーになる方法3選を現役のフリーランスグラフィックデザイナーが解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

未経験からグラフィックデザイナーになる方法は?

グラフィックデザイナーに必要なスキルは?

 

・グラフィックデザイナーとは
・グラフィックデザイナーに必要なスキル
・未経験からグラフィックデザイナーになる方法3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

現役のフリーランスグラフィックデザイナーとして活動している筆者が未経験からグラフィックデザイナーになる方法を解説します!
これを読めば未経験からグラフィックデザイナーを目指すことができます!

 

 

グラフィックデザイナーにおすすめの資格を解説!仕事に有利!働き方も紹介!

グラフィックデザイナーにおすすめの資格を解説!仕事に有利!働き方も紹介!
グラフィックデザイナーはチラシやポスター、カタログ、商品パッケージ、看板など様々なデザインを手掛ける仕事です。 グラフィックデザイナーにおすすめの資格5選と働き方を紹介します。 そこで、フリーで活動している現役のグラフィックデザイナーである筆者が資格や働き方などを解説します!

 

 

グラフィックデザイナーとは

グラフィックデザイナーは様々なデザインを手掛ける仕事です。
内容はチラシやポスター、カタログ、商品パッケージ、看板など様々です。

働き方は会社員とフリーランスの主に2種類に分けられます。
会社員は広告代理店やデザイン事務所、制作会社、企業の広告宣伝部など様々です、
グラフィックデザイナーとして経験や実勢を積んだら独立してフリーランスとして働く人も多いです。

完成されている作品やモノが多くなってきている現代では、ビジネスの現場でより需要が高まって来ている職種とも言えます。

 

hatta
hatta

グラフィックデザイナーの仕事は様々なものをデザインすることです!
印刷物はもちろん、パッケージデザインや看板など多岐にわたります!

 

 

グラフィックデザイナーに必要なスキル

デザインスキル

グラフィックデザイナーに求められる一番のスキルはデザインスキルです。
グラフィックデザイナーとしての生命線であり、最も重要なスキルです。
「レイアウト」「色彩」「タイポグラフィー」の3つは絶対に押さえておきべきスキルです。

レイアウトは全体を構成する骨組みになります。
写真やイラスト、テキストをどこにどのように配置するのかということです。
媒体により最適に配置していく必要があります。

色彩は全体の色を構成する彩りです。
色彩は「色相・明度・彩度」の3つが重要です。
媒体により最適な色彩を選択していきます。

タイポグラフィーは文字のバランスを構成する部分です。
文字の大きさ、行間、フォントなどを決め、読みやすく配置することが大切です。
媒体により最適なタイポグラフィーを選ぶことが重要です。

グラフィックデザイナーはデザインスキルを駆使し、問題を解説するデザイン、惹きつけるデザインを設計することが大切です。

 

ソフトウェアスキル

グラフィッデザイナーはパソコンをメインにデザインを作成してきます。
主に複数のソフトを使用します。
特にAdobeの「Illustrator」「Photoshop」「Indesign」は世界中のデザイナー使用しています
言わばグラフィックデザイナー必須のデザインソフトです。

Illustrator(イラストレーター)は全体のデザインを作成していくデザインソフトです。
グラフィックデザイナーがメインで使用するデザインソフトと言っても過言ではありません。
ロゴの作成やチラシ・ポスター・書籍などの印刷物のデザイン、商品パッケージやプロダクトデザインなどに様々な媒体作成に使用します。

Photoshop(フォトショップ)は画像編集ソフトです。
Photoshopは主に写真加工や合成、レタッチ、現像に使用します。
Webデザイン作成するのにも適しています。

InDesign(インデザイン)は多くのページ数を要する冊子など本格的な文字組版を行うためのプロ用ソフトです。
雑誌や書籍のように何十ページ、何百ページもあるような場合に使用します。

 

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルはグラフィックデザイナーに必要不可欠な能力です。
クライアントが求めているものをしっかりと聞き出すヒアリング能力やそれに伴うプレゼン能力はデザイン制作を進めていく上で必須です。
また、会社員の場合は複数のスタッフチームでデザインを作成していく場合も多いです。
自分の考えを伝える、相手の意見を聞く能力はとても重要です。

 

Webマーケティングスキル

WebマーケティングスキルとはWebアクセスを重視し、サービスや商品購入など、利益につなげる対策を行うことです。
重要なのは検索エンジン対策であるSEOです、
グラフィックデザイナーはWeb業務への連動が強いため、SEOやアクセス解析の知識を習得し、制作業務に付加価値を付けるようになります。

 

hatta
hatta

上記がグラフィックデザイナーの必須スキルです!
特にデザインスキルはたくさん場数を経験し、自分の引き出しを作っていくことが大切です!

 

 

未経験からグラフィックデザイナーになる方法3選

1、専門学校に通う

1つ目の方法はグラフィックデザインを勉強できる専門学校に通うことです。

専門学校はグラフィックデザイナーになる最適なカリキュラムでスキルを身に着けつことが出来ます
また、専門学校は最新の機器が揃っており、それらの機材を使用することが出来ます。
クリエイティブを学ぶ上で、最新の機材で学べるのは何よりのアドバンテージです。

講師や先生も現役のグラフィックデザイナーであることも多く、疑問なこと、わからいことなどすぐに質問することが出来ます。
自分の中の課題をいち早く消化し、スキルにすることが出来ます。

専門学校は強制的かつ手軽にスキルを身につけられる環境がメリットです。
行けば誰でもグラフィックデザインを学ぶことが出来ます。

 

2、独学で勉強する

2つ目の方法は独学で勉強する方法です。

現代ではYouTubeなど動画サイトに様々な教材動画を投稿している人がいます。
それらを見ながら独学で勉強する方法です。
ほぼすべてのジャンルがあるので、自分に必要な部分から学ぶことが出来ます
勉強するために必要なマシンやソフトウェアは自分で用意しなければなりません
また、知り合いにグラフィックデザイナーがいれば質問もしやすく勉強もはかどります。

オンラインで学ぶことができるサービスもあります。
こちらも好きな時間にスキルを学ぶことが出来、質問などもし放題です。

デジハリ・オンラインスクール:クリエイティブ業界に9万人以上の卒業生を輩出するデジタルハリウッドの授業を、完全オンラインで学べます。
インターネットにつながったパソコンさえあれば、「いつでも」「どこでも」学習でき、受講期間内なら24時間いつでも受講可能です。

自分の好きな時間に好きな場所で学ぶことができるのがメリットです。
仕事をしながら学びたい方にもおすすめです。

 

3、未経験者可能求人に応募する

3つ目は未経験者可能求人への応募です。
グラフィックデザイナーになるために実務経験が必要な求人は多いです。
しかし、未経験者可の求人も探せば結構あります
実際の現場でイチから実務やスキルを教えてもらえるのは大きなアドバンテージです。

おすすめなのは全国のハローワーク経由から応募することです。
相談員に相談して未経験から応募できるベストな求人を紹介してもらうことが出来ます。
ネット応募でもいいのですがハローワークからのほうが、企業へのパイプも太く、効率的です。

 

hatta
hatta

上記が未経験からグラフィックデザイナーになる方法3選です!
自分にあった方法を選んでみてください!

 

 

グラフィックデザイナーになるために行動あるのみ

以上が未経験からグラフィックデザイナーになる方法3選の解説でした。
グラフィックデザイナーになる上で重視されるのはソフトスキルとデザインスキルです!
デザインスキルを磨き、企業に見せることができるオリジナルのポートフォリを作るのも良い方法です!
是非、自分にあった方法を選んでみてください。

 

hatta
hatta

未経験からグラフィックデザイナーになるための方法を3つ紹介しました!
その上で絶対的に重要なのは行動することです!
行動しないと何も始まりませんよ!

 

 

フリーランスエンジニアのメリット&デメリットを解説!究極の自由!好きな場所で好きな仕事を!

フリーランスエンジニアのメリット&デメリットを解説!究極の自由!好きな場所で好きな仕事を!
フリーランスは好きな場所で、好きな時間に、好きな仕事をすることができます。 また、人間関係などストレスの軽減も魅力です。 場所や時間にとらわれずに働く、フリーランスに憧れる人も多いと思います。 そこで、フリーランスエンジニアの筆者がフリーランスのメリット&デメリットを解説します。
タイトルとURLをコピーしました