誰でもできるフリーランスの仕事の取り方、探し方!フリーランスとして生きるのは難しくない!

ワーキング

フリーランスとして生きるのが難しいと思っている方も多いはずです。
筆者もそんな一人で、独立前は仕事が取れるのか不安でした。
今回は筆者が実際に行った仕事の取り方を紹介します。
結果として独立1ヵ月目に、会社勤務以上の月収を稼ぐことができました。
今回は誰でもできるフリーランスの仕事の取り方を方法を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

フリーランスとして活動したいけれど、仕事が取れるか心配

フリーランスとして仕事をしたいけれど仕事はどうやって探すの

まずは副業として始めてみたい

 

・筆者がフリーランスになった時の状況
・筆者が実践したフリーランスの仕事の取り方

上記2点から解説します。

 

hatta
hatta

フリーランスの仕事の取り方、探し方を解説します!
これを読めばフリーランスとしての仕事の取り方で悩むことはなくなります!

 

 

筆者がフリーランスになった時の状況

筆者は印刷会社に約8年、広告代理店に約6年在籍した後にフリーランスデザイナーとして独立をしました。
当時、広告全般、WEBデザイン、WEB制作、動画編集、デジタルコンテンツなどを作成していました。

筆者はフリーランスとして活動(独立)するにあたって一番不安だったのが、「仕事を取ることができるか?」でした。
つまり、生活していけるのか?」という点です。

継続的な仕事をくれるクライアントはもちろんなく、仕事を振ってくれる広告代理店や制作会社などはもちろんありませんでした。
不安で不安で眠れなかったのですが、結論から言うと、そんな不安は全く必要なかったです

結果として独立1ヵ月目に、会社勤務以上の月収を稼ぐことができました。
筆者が実践した誰でもできる仕事の取り方、探し方を紹介します

フリーランスだからこそできる仕事の取り方なので必見ですよ。

 

hatta
hatta

筆者はフリーランスとして独立した時は不安でしたが、結論そんな不安は必要なかったです!
実際に筆者が実践した仕事の取り方、探し方を解説します!

 

筆者が実践したフリーランスの仕事の取り方

エージェントを使用

営業が不得意な人も多いと思います。筆者もそんな1人でした。
エージェントを使えば営業する必要がなくなります。

筆者はエージェントを使用してから仕事に困ることはありませんでした
自ら営業する必要もなく、最適な仕事や案件を紹介してくれるので、本当に効率的です。
何より営業する時間を制作する時間に使用できるので、より効率的に制作を進めることができます。

オンライン面談で得意な分野や不得意な分野など、親身になって相談に乗ってくれるので、自分の得意な案件を獲得することができます
ここで継続的に仕事を獲得することも可能です。事実、筆者がそうでした。
フリーランスの方がまずやるべきことはエージェントを使用することです
筆者が実際に使用しているエージェントを紹介します。
どれも登録無料ですので登録必須です。

Midworks:リモート案件が豊富で、リモート案件・時短案件など、フリーランスエンジニアの希望に合わせた柔軟な案件の提案を受けることができます。

at-engineer:高額案件が多く、業界最速の即日払が魅力のエージェントです。大手企業などの多数あり、案件も豊富です。

 

制作会社や広告代理店にSNS営業を行う

筆者はTwitterやInstagramなどのSNSで制作会社や広告代理店のアカウントに営業メッセージを送りました
直接会うわけではないので、営業としてのハードルは低くいので、実践しやすい方法です。
自身のSNSに自身の作成したデザインなどを投稿しておくと、相手側もポートフォリをとして見やすく効率的です。

おすすめなのは動画編集の案件獲得です。
YouTube展開している個人の方にメッセージを送るものおすすめです。
筆者の場合は動画編集のジャンルをメインでメッセージを送ったのですが、結構返信もらえました。
おかげで、YouTubeなどの動画編集を結構獲得できています。

SNSは世界中のクライアントを楽に探せるプラットフォームだと言っても過言ではありません
誰しも「改善」や「どうしよ」に対するヒントや答えを求めています。
クライアントの悩みにとって有益になりうるメッセージを送るのがコツです。

 

hatta
hatta

上記2つの方法で筆者はフリーランスとして収入を得ることができました。
副業からスタートの方も是非参考にしてみてください。

 

 

フリーランスとして生きるのは難しくない

 

以上がフリーランスの仕事の取り方、探し方の解説でした。

・能力は高いが、営業力が低い。
・能力は低いが、営業力が高い。

上記のケースでは、圧倒的に後者の方が稼ぐことができます

つまりフリーランスに必要なのは間違いなく営業力です。
しかし営業が苦手な方も多いと思います。
そんなときこそ外部サービス(エージェント)やSNSを活用した営業を行うのはとても手軽で即効性のある方法だと筆者は実感しています。
特に外部エージェントは面倒な営業をする必要がなくなるので、本当に効果的です!

 

Midworks:リモート案件が豊富で、リモート案件・時短案件など、フリーランスエンジニアの希望に合わせた柔軟な案件の提案を受けることができます。

at-engineer:高額案件が多く、業界最速の即日払が魅力のエージェントです。大手企業などの多数あり、案件も豊富です。

 

制作能力があるならフリーランスとして生きるのは難しくありません!
是非、参考にしてみてください。

 

hatta
hatta

能力があるならフリーランスとして生きるのは難しくはありません!
副業からでもぜひ始めてみてください!

タイトルとURLをコピーしました