CT125ハンターカブのタンデムシートの選び方とおすすめ2選!取付簡単で二人乗りが快適!

CT125 ハンターカブ

CT125ハンターカブで二人乗りをしようと思う方も多いと思います。
キャリアの上に座ることができるのですが、お尻が痛くなりやすく、滑って安定性がありません。
そんな時タンデムシートがあれば快適にタンデムを楽しむことができます。
そこで、CT125ハンターカブのタンデムシートの選び方とおすすめ2選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのタンデムシートは?

CT125ハンターカブのタンデムシートの選び方は?

 

・CT125ハンターカブにタンデムシートをつけるメリット&デメリット
・CT125ハンターカブのタンデムシートの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのタンデムシート2選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのタンデムシートの選び方とおすすめ2選を解説します!
これを読めばCT125ハンターカブのタンデムシートで迷うことはもうなくなります!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめの武川スーパーマルチDNメーターは見やすく最高のメーター!

CT125ハンターカブにおすすめの武川スーパーマルチDNメーターは見やすく最高のメーター!
CT125ハンターカブの純正メーターは表示内容が少なくシンプルです。 シフトインジケーターやタコメーター、時計がないなど純正メーターに不満を感じている人も多いと思います。 メーターを変えて不満な点を改善できたので、レビューします。 そこで、CT125ハンターカブにおすすめの武川スーパーマルチDNメーターを解説します。

 

 

CT125ハンターカブにタンデムシートをつけるメリット&デメリット

CT125ハンターカブのタンデムシートをつけるメリット

  • タンデマーの乗り心地向上
  • タンデマーの疲労軽減
  • 二人乗りの安全性向上

タンデムシートをつける一番のメリットはタンデマー(二人乗り)をする人の乗り心地を向上する点です。
タンデマーの乗り心地を向上し、長距離の移動でも疲労の軽減をする事ができます。
CT125ハンターカブはタンデムシートを装着しなくてもタンデムすることは可能ですが、大型のキャリアにそのまま乗ると、かなり滑ります。
タンデムシートは二人乗りをする上で安全性の向上にも繋がります。

 

CT125ハンターカブのタンデムシートをつけるデメリット

  • キャリアにリアボックスをつけれなくなる場合がある
  • キャリアのハンドル部分がつかみにくくなる

CT125ハンターカブにタンデムシートをつける1番のデメリットはキャリアにリアボックスを付けられなくなる点です。
リアキャリアにタンデムシートを装着することで、リアキャリアに固定するスペースが足りなくなります。
タンデムシートとリアボックスを両方付ける場合は「延長キャリア」などをつけてリアボックスをつけるスペースを確保する必要があります。
タンデムシートを装着するとリアキャリアのハンドル部分(取っ手部分)をつかみにくくなります
タンデムシートでハンドル部分との隙間がなくなるので、大変握りづらくなります。

 

hatta
hatta

ハンターカブにタンデムシートを装着すると二人乗りもらくらくで楽しいマシン早変わりします!
タンデマーの乗り心地を向上し、安全性も向上します。

 

 

CT125ハンターカブのタンデムシートの選び方

サイズを確認

タンデムシートのサイズ確認は重要なポイントです。
乗り心地や乗りやすさに関係し、外観に関わる部分でもあります。

 

取り付け方法を確認

タンデムシートの取り付け方法も重要な確認事項です。
取り付けに工具が必要ないモデルなら脱着も簡単です。
また、ボルト止めだけで装着できるモデルもあります。

 

hatta
hatta

「サイズ」「取り付け方法」の2点がCT125ハンターカブのタンデムシートを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのタンデムシート2選

上記でCT125ハンターカブ用タンデムシートの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!CT125ハンターカブでタンデムも楽しんでいる筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用タンデムシートを2つ紹介します!

 

武川 ピリオンシート CT125

武川 ピリオンシート CT125」はシート内部に耐震動性、クッション性に優れた特殊スポンジを採用したタンデムシートです。
走行中の疲労が軽減され、快適なライディングを楽しめます。
リアキャリアに装着することでパッセンジャーへの快適性と安全性を高めることができます。
対象リアキャリアに合わせた差し込み形状と専用固定フックを採用しています。
これにより、工具を必要とせず、簡単にタンデムシートの脱着が可能です。

・サイズ:約縦300mm×横300mm×厚さ55mm
・取り付け方法:差し込み形状、専用固定フック(工具不要)

取り付け方法



 

Gcraft タンデムシート CT125

Gcraft タンデムシート CT125」は全長約260mmとコンパクトなタンデムシートです。
キャリアに脚が接触しづらいよう厚みを多めにとった設計です。
キャリア本体のツメをひっかけ、ステー後方を2本ボルト止めと、シートステーの取り付け方法は簡単です。
質の高さが魅力のタンデムシートです。

 

・サイズ:約縦260mm×横200mm×厚さ55~80mm
・取り付け方法:ボルトオン


hatta
hatta

上記2点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用タンデムシート2選です!
二人乗りが快適でどこへでも行きたくなりますよ!

 

 

CT125ハンターカブはタンデムも楽しめるポテンシャルの高いバイク

以上が、CT125ハンターカブのタンデムシートの選び方とおすすめ2選の解説でした。
CT125ハンターカブで二人乗りをしようと思う方も多いと思います!
キャリアの上に座ることができるのですが、お尻が痛くなりやすく、滑って安定性がありません!
そんな時タンデムシートがあれば快適にタンデムを楽しむことができます!

CT125ハンターカブはソロはもちろんタンデムも楽しめるポテンシャルの高いバイクです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブはソロはもちろんタンデムも楽しめるポテンシャルの高いバイクです!
タンデムシートがあれば安全快適に二人乗りを楽しむ事ができます。

 

 

CT125ハンターカブシフトガイドのメリットと取り付け方法を解説!シフトチェンジを改善!

CT125ハンターカブシフトガイドのメリットと取り付け方法を解説!シフトチェンジを改善!
CT125ハンターカブはうまくギアが入らないことが多いバイクです。 その原因は基本的な構造にあります。 シフトガイドを装着するとシフトチェンジ時の不具合や感覚など、シフトチェンジ時のストレスを改善することができます。 そこで、CT125ハンターカブシフトガイドのメリットと取り付け方法を解説します。
タイトルとURLをコピーしました