CT125ハンターカブのブレーキペダルカバーの選び方とおすすめ2選!リアブレーキが踏みやすい!

CT125 ハンターカブ

ブレーキペダルカバーはリアブレーキを踏みやすくするアイテムです。
取り付けるだけで、リアブレーキをより踏みやすくすることが可能です。
リアブレーキの使い勝手が向上し運転しやすくなります。
ユニークな形も多くドレスアップにも役立ちます。
そこで、CT125ハンターカブのブレーキペダルカバーの選び方とおすすめ2選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのブレーキペダルカバーは?

CT125ハンターカブのブレーキペダルカバーの選び方は?

 

・CT125ハンターカブにブレーキペダルカバーをつけるメリット
・CT125ハンターカブのブレーキペダルカバーの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのブレーキペダルカバー2選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのブレーキペダルカバーの選び方とおすすめ2選を解説します!
これを読めばハンターカブのブレーキペダルカバーで迷うことはもう無くなります!

 

 

【第2段】CT125ハンターカブのブレーキレバーの選び方とおすすめ3選!簡単交換!位置調節可能!

【第2段】CT125ハンターカブのブレーキレバーの選び方とおすすめ3選!簡単交換!位置調節可能!
ブレーキレバーを交換することで操作性を飛躍的に向上させることができます。 フィット感を高めレバーまでの距離を調整でき、ドレスアップが期待できます。 街乗りや長距離ツーリングなど様々なシーンでストレスなく操作でき、疲労軽減も期待できます。 そこで、CT125ハンターカブのブレーキレバーの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

CT125ハンターカブにブレーキペダルカバーをつけるメリット

  • リアブレーキを踏みやすくなる
  • 低速でのバランス保持がしやすい
  • 街乗りツーリングでの運転しやすくなる
  • ドレスアップ効果

 

CT125ハンターカブにブレーキペダルカバーをつける1番のメリットはリアブレーキを踏みやすくなる点です。
CT125ハンターカブのリアブレーキペダルは少し小さめで踏みづらいのが問題点です。
そこで、リアブレーキペダルにブレーキペダルカバーを取り付けることでリアブレーキをが格段に踏みやすくなります。

バイクは低速になればなるほどバランスが取りにくい乗り物です。
低速時のバイクのバランスを取る技は色々ありますが、リアブレーキの使い方がキーになります。
リアブレーキを踏みやすくすることで、バイクの挙動を制御しやすくなり、安定した運転しやすくなります
街乗りやツーリングでの運転も格段にしやすくなります。

ブレーキペダルカバーはユニークな形のモデルも多いです。
ノーマルな形はもちろん、靴の形など様々です。
ブレーキペダルカバーを取り付けることによりワンポイントのドレスアップも可能です。

 

hatta
hatta

ブレーキペダルカバーは取り付けるだけでリアブレーキを踏みやすくする事ができます!
より運転しやすくなり、ドレスアップ効果も期待できます!

 

 

CT125ハンターカブのブレーキペダルカバーの選び方

サイズを確認

ブレーキペダルカバーのサイズはモデルにより異なります。
「踏みやすくする」という観点からサイズは重要な確認事項です。
目安として50mm以上のサイズを選ぶとブレーキペダルをより踏みやすくなります

 

取り付け方法を確認

ブレーキペダルカバーはほぼすべてのモデルがボルトオンで取付可能です。
ボルトオンはネジで固定するだけなので、取り付けも簡単で誰でも取付可能です。

 

hatta
hatta

「サイズ」「取り付け方法」の2点がCT125ハンターカブのブレーキペダルカバーを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのブレーキペダルカバー2選

上記でCT125ハンターカブ用ブレーキペダルカバーの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!CT125ハンターカブのリアブレーキの使い方には誰よりもうるさい筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用ブレーキペダルカバーを2つ紹介します!

 

H2C リブレーキペダルプレート CT125

H2C リブレーキペダルプレート CT125」は高い質感が特徴のCT125ハンターカブ用ブレーキペダルカバーです。
アルミ削り出しで高い質感が特徴で、耐久性も抜群です。
丸形なので踏みやすく、運転時も邪魔になりにくいです。
取り付けは誰でも簡単にポン付け可能です。
高い質感と実用性が魅力のたCT125ハンターカブ用ブレーキペダルカバーです。

 

・サイズ:直径50mm
・取り付け方法:ボルトオン


 

 

 

キジマ ブレーキペダルカバー 靴底 CT125

キジマ ブレーキペダルカバー 靴底 CT125」は靴底デザインが特徴のCT125ハンターカブ用ブレーキペダルカバーです。
靴底のデザインがポップで、雨などのシーンでも滑りにくいです。
縦長で踏みやすく邪魔になりにくいのがポイントです
遊び心と実用性が1つになったT125ハンターカブ用ブレーキペダルカバーです。

 

・サイズ:h50×w35mm
・取り付け方法:ボルトオン


 

 

hatta
hatta

上記2点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用ブレーキペダルカバー2選です!
リヤブレーキ踏みやすくなり、格段に運転しやすくなります!

 

 

ブレーキペダルカバーはCT125ハンターカブにつけたいパーツ

以上がCT125ハンターカブのブレーキペダルカバーの選び方とおすすめ2選の解説でした。
ブレーキペダルカバーはリアブレーキを踏みやすくするアイテムです!
取り付けるだけで、リアブレーキをより踏みやすくすることが可能です!
リアブレーキの使い勝手が向上し運転しやすくなります!
ユニークな形も多くドレスアップにも役立ちます!

CT125ハンターカブは街乗りはもちろん、長距離ツーリングも楽しめるポテンシャルの高いバイクです!
ブレーキペダルカバーは実用的で、ドレスアップにもおすすめのパーツです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブは街乗りはもちろん、長距離ツーリングも楽しめるポテンシャルの高いバイクです!
ブレーキペダルカバーは費用対効果が高く実用的で、是非つけたいパーツです!

 

 

【第2段】CT125ハンターカブのサイドスタンドプレートの選び方とおすすめ3選!安定性抜群!

【第2段】CT125ハンターカブのサイドスタンドプレートの選び方とおすすめ3選!安定性抜群!
サイドスタンドプレートは地面への接触面積を増やすことができるパーツです。 サイドスタンドの接地面を増やすことで、どこでも安定した駐車が可能です。 取り付けも簡単で、ドレスアップ効果もある実用的なパーツです。 そこで、CT125ハンターカブのサイドスタンドプレートの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました