ブーツやスニーカーを守る!防水スプレーの効果を最大限に発揮する方法!

お手入れ

こらからの時期、雨や泥で靴が汚れますよね?
ブーツやスニーカーを雨などの水や泥から守るために使う防水スプレー。
実はほとんどの方が防水スプレーの効果をフルに発揮できていないんです!
今回は防水スプレーの効果を最大限に発揮する方法を解説します!

 

hatta
hatta

防水スプレーの裏技的内容です!

防水スプレーとは?

防水スプレーの効果

雨や雪、ホコリ、ごみ、などの汚れから靴を守り、シミを防ぐ防水(はっ水)・防汚効果のあるスプレーです。
濡れに弱い製品などを水分からガードすることができます。

防水スプレーの種類

防水スプレーにはフッ素系とシリコン系の2種類が存在します。

シリコン系

表面に膜を作って水を浸透しないようにします。
表面をコーティングするので即効性はありますが、通気性が失われてしまいます。
通気性が失われると革が劣化する恐れがあります。

hatta
hatta

革の表面にバリアを作るイメージです。

フッ素系

革の繊維に水の分子よりも細かいフッ素樹脂を浸透させ、撥水させます。
通気性を保ちつつ革の風合いを損なうことなく防水できます。またシミになりにくいです。
革の繊維にフッ素樹脂が乗っている状態なので、撥水効果は長持ちしにくいです。
そのため繰り返し使うことで撥水効果を上げます。

 

hatta
hatta

繊維一本一本にバリアを作っているイメージです。

 

防水スプレーはフッ素系がおすすめ

フッ素系の防水スプレーをおすすめする一番の理由は革の通気性を保つことができるからです。
通気性が悪くなると革が劣化して、カビや型崩れの原因になります。



筆者おすすめの防水スプレーは下記記事を読んでみてください。

防水スプレーのおすすめ!防水スプレーはエム・モゥブレィ プロテクターアルファが最強!
数ある防水スプレーの中でもおすすめの防水スプレー「エム・モゥブレィ プロテクターアルファ」を紹介します。 防水スプレーはこれ一択です! これを読むときっと使いたくなること間違いなし! hatta 筆者も愛用す...

 

防水スプレーの効果を最大限に発揮させる方法!

ドライヤーで熱を加える


防水スプレーの効果を最大限に発揮させる方法、それは、ドライヤーで熱を加えることです!
撥水加工の商品を工場で生産する際、工場でも工程の最後に熱を加えています。

なぜ熱を加えるといいの?

防水スプレーをしたときは見えない小さな突起が無数にできている状態です。
この状態でもスプレーして間もない状態なら水をよく弾くのですが、少し時間がたつと防水面が荒れてしまい撥水性が低下してきます。
そこでスプレーして乾いたらドライヤーを当てて熱で突起がない状態にするのです。
コーティングをより滑らかに、強くする効果があります!

撥水性が悪くなってきたときは?

表面に水などの刺激が当たると撥水するためのフッ素系の膜が荒れて突起状になってしまいます。
そこでドライヤーを当てることで突起が熱で戻に戻りコーティング面がある程度復活します!
それでも復活しない場合は再度防水スプレーをしてドライアーを当てることをおすすめします。

傘などにも効果的

傘などもフッ素系の撥水剤がついているので撥水性が悪くなってきたら、ドライヤーをかけてあげると撥水性能が戻ります。

 

hatta
hatta

防水スプレー後にはドライヤーで熱を加えないともったいない!

 

作業するときの注意点

十分な換気

防水スプレーをするときは十分に換気されている場所がおすすめです。
床に液が落ちるので、室内はおすすめできません。
ベランダや玄関先などがおすすめです。
防水液を吸い込まないように気を付け、小さいお子様や、ペットがいないか注意してください。

ドライヤーは近づけすぎない

ドライヤーを当てるときは靴に近づけすぎないように注意してください。
熱で革が変形してしまい型崩れを起こす原因になります。
30㎝ほど離して一か所に集中的に当てすぎないようにしましょう!

防水スプレーを靴の中(インソール)にかけないように注意する

靴の中(インソール)に防水スプレーがかかると汗を吸わなくなります。
汗で靴内の湿度が高くなりカビの原因になります。
また靴底にかかると滑りやすくなるので注意しましょう。


防水スプレーをしたらドライヤーが最高の組み合わせ!

以上が防水スプレーの効果を最大限に発揮する方法でした!
防水スプレーをしたらドライヤーで熱を加えてあげてください!
やらないと意味ないんじゃないかってぐらい違ってきますよ!
お試しあれ!

hatta
hatta

防水スプレーのあとはドライヤーをかけてあげてください!

タイトルとURLをコピーしました