ウルトラワイドモニターの選び方とおすすめ5選!仕事やゲームや映画に!Hzや解像度なども解説!

ガジェット

ウルトラワイドモニターはモニターの中でも横幅の広さが特に広いものを指します。
モニターを2台並べてデュアル環境にするのとは異なり、つなぎ目がないので違和感なく視点移動できるのが魅力です。
多くの情報をまとめて映し出せるので生産性アップにも役立ちます。
そこで、ウルトラワイドモニターの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

ウルトラワイドモニターのおすすめは?

ウルトラワイドモニターの選び方は?

 

・ウルトラワイドモニターと
・ウルトラワイドモニターの選び方
・ウルトラワイドモニターおすすめ5選

 

 

hatta
hatta

ウルトラワイドモニターの選び方とおすすめ5選を解説します!
これ読めばウルトラワイドモニターで迷うことはもう無くなります!

 

 

高性能Windowsノートパソコン選び方とおすすめ5選!動画編集やゲーム、クリエーターに!

高性能Windowsノートパソコン選び方とおすすめ5選!動画編集やゲーム、クリエーターに!
ノートパソコンは低価格路線とハイスペック仕様の2極化が進んでいます。 ハイスペック仕様なノートパソコンは動画編集やゲーム、クリエーターにも十分対応できる高性能さが魅力です。 さらに最近のモデルは軽量かつコンパクトになっているのもポイントです。 そこで、高性能Windowsノートパソコン選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

ウルトラワイドモニターとは

ウルトラワイドモニターとは、一般的な外付けディスプレイよりも横幅が広い製品を指します
画面の縦横の比率を表すアスペクト比は4:3や16:9が一般的ですが、ウルトラワイドモニターの場合、21:9や32:9といった横方向に長いモノがラインナップされています。

ウルトラワイドモニターは、画面上の情報を複数表示させたり、ゲーミングで迫力のある映像を楽しんだりと幅広い用途にピッタリです
さらに、動画編集で使用する際にも、タイムラインを広く表示できるため、画面の見やすさを重視する方におすすめです。

ただし、通常のモニターよりも設置スペースが必要になるので、購入前にデスクの寸法を確認しておきましょう。

 

ウルトラワイドモニターのメリット

ウルトラワイドモニターは、作業効率の向上に役立ちます
通常のモニターよりも、多くの情報をまとめて映し出せるため、マルチタスクを快適に行いたい方におすすめです。

また、ゲームプレイを有利に進められるのもメリットです。
敵の様子を広い範囲で観察しやすく、ゲームフィールドで起こっている出来事に対して、素早いアクションを行えます。

 

hatta
hatta

ウルトラワイドモニターは作業スペースが拡張されマルチタスクを進行するのに役立ちます!
画面の広さは作業効率、生産性の向上に役立ちます!

 

 

ウルトラワイドモニターの選び方

モニターサイズを確認

ウルトラワイドモニターを購入する際に重視したい点はモニターサイズです。
最近発売されている製品は25~35インチのモデルが中心で、選択肢も多くなっています

ウルトラワイドモニターを活かしたいなら、種類が豊富な35インチ前後を要確認です。
広い表示領域を確保できるため、作業はもちろんゲームでも使えるのが魅力です。

ただし、横幅が広いので、購入前に設置する場所の広さが足りているかを確認する必要があります。
どうしても置けない場合は小さいサイズのモノをチョイスしたり、壁掛けをしたりなど、設置方法を工夫してみてください。

 

解像度を確認

ウルトラワイドモニターで見ておきたいのが解像度です。
3440×1440のUWQHD解像度をはじめ、2560×1080や3840×1600、なかにはフルHDを4枚並べるよりも大きな5120×2160の5K2K解像度を有したモノまであります

基本的にはどれも横幅が広く、ゲームやクリエイターソフトの表示領域を増やすことが可能です。
画質にこだわりを持つなら、3840×2160の4K解像度に迫るモノを選ぶのもおすすめです。
ただし、パソコンのスペックやプレイするゲームが解像度に対応していないと、モニターの性能を十分に発揮できない可能性もあるため注意が必要です。

 

モニターの形状を確認

平面タイプ

平面タイプは一般的なモニターと同じ感覚で使用できるため、単純に横のスペースを広げて、仕事や作業の効率を上げたい方におすすめです。

特にフォトショップ(Photoshop)やラストレータ(Illustrator)、CADなどデザイン系のツールを扱う場合には、湾曲タイプだと直線や曲線がわかりにくく感じたり、加工・編集の際に求めている仕上がりと異なるモノができ上がったりするので、平面タイプを選んでみてください。

 

湾曲タイプ

湾曲タイプは、モニターが横方向に弧を描くように曲がった製品です。
正面から見た際に包み込まれるような没入感と、画面全体を見渡した際に快適な距離感が得られます

用途としては、ゲームや映画鑑賞などがおすすめです。
ゲームの場合は、平面だと画面端が見にくいのに対し、湾曲タイプなら少ない視点移動で情報を把握できます。
映画鑑賞の場合は、曲面スクリーンの「IMAX」や3画面表示の「ScreenX」のように、高い没入感で視聴可能です。

なお、正面から見れば画面全体とちょうどよい距離感になりますが、左右から見ると画面の遠近感が上手く取れないことがあります。
複数人で同じ画面を共有する場合には不向きなので注意が必要です。

 

リフレッシュレートを確認

ウルトラワイドモニターをゲーミング用途に使用する方は、リフレッシュレートに注目してみてください。
リフレッシュレートとは、ディスプレイの画面情報が、1秒間に何回切り替わるかを示します
Hzによって表現され、数値が大きくなるほど滑らかな映像を楽しめるのが特徴です。

快適にゲームプレイをするには、144Hzに対応したモデルがおすすめです。
リフレッシュレートの数値が低いと、FPSやレーシングゲームといった動きの速いジャンルをプレイする際に、チラつきやボヤケが発生してしまう可能性があります。

ただし、ウルトラワイドモニターでリフレッシュレートの数値を最大限に反映させるためには、出力元であるデバイスのスペックにも注意しなければなりません。
また、Nintendo SwitchとPS4は最大60Hzまで、PS5は最高120Hzまでしか対応していない点に留意しておきましょう

 

応答速度を確認

ゲーミングを有利に進めたい方は「応答速度」の数値にも注意して選びましょう。
応答速度とは、モニターの色が別の色に変化するまでに必要とする時間のことです。
映像の残像感を抑えたい方は、応答速度の数値が「1ms以下」のモノがおすすめです。
とくに、アクションゲームやFPSを中心にプレイする方は、応答速度にこだわりましょう。

 

hatta
hatta

「モニターサイズ」「解像度」「モニターの形状」「リフレッシュレート」「応答速度」の5点がウルトラワイドモニターを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

ウルトラワイドモニターおすすめ5選

上記でウルトラワイドモニターの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!生産性が下がると消滅してしまう魔法にかけられた筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したウルトラワイドモニターを5つ紹介します!

 

ASUS 液晶ディスプレイ 34型 PA34VC

ASUS 液晶ディスプレイ 34型 PA34VC」はクリエイターにおすすめのウルトラワイドモニターです。
UWQHD(3440×1440)の解像度を持つ34インチ液晶を搭載しています。
フルHDの2.4倍という広い表示領域で、画像の加工や動画の編集作業が効率的におこなえます。
sRGBカバー率100%で、優れた色再現精度を有しているのもポイントです。

「ASUS ProArtキャリブレーション技術」を搭載しているのも本モデルの特徴です。
接続する機器に合わせて最適な色設定がおこなえるおすすめのモデルです。

 

・モニターサイズ:34インチ
・解像度:UWQHD(3440×1440)
・モニター形状:湾曲タイプ
・リフレッシュレート:60Hz
・応答速度:5ms

 

 

Acer UWQHDディスプレイ CB342CKsmiiphzx 34型ウルトラワイド

Acer UWQHDディスプレイ CB342CKsmiiphzx 34型ウルトラワイド」は34インチのウルトラワイドモニターです。
平面モデルながらIPSパネルを採用しているため、画面端の映像も鮮明に見られます。
HDMI×2とDisplayPortを備えており、2台の機器を同時に接続できるのが特徴です。
2画面表示機能を利用した多様な使い方が可能です。

PIP(ピクチャー・イン・ピクチャー)機能を利用すれば、パソコン作業をしながらサブ画面でニュース番組の確認も可能です。
利便性に優れたおすすめのモデルです。

 

・モニターサイズ:34インチ
・解像度:UWQHD(3440×1440)
・モニター形状:平面タイプ
・リフレッシュレート:75Hz
・応答速度:1ms

 

 

I-O DATA ゲーミングモニター 34型 GCWQ341XDB

I-O DATA ゲーミングモニター 34型 GCWQ341XDB」は比較的手頃な価格で購入できる、ゲーミングモニターを探している方におすすめのモデルです。
オーバードライブ機能をオンにすると、応答速度を2msへ高速化できるのが特徴です。
動きの速いシーンでも残像感を抑えられるので便利です。

DisplayHDR 400に対応しているのもポイントです。
白飛びや黒つぶれの少ない、見やすい画面でゲームをプレイすることが可能です。

 

・モニターサイズ:34インチ
・解像度:UWQHD(3440×1440)
・モニター形状:平面タイプ
・リフレッシュレート:75Hz
・応答速度:2ms

 

 

Acer ゲーミングモニター Z35bmiphz

Acer ゲーミングモニター Z35bmiphz」はエイサーのゲーミングブランド「Predator」シリーズのウルトラワイドモニターです。
9W+9Wのステレオスピーカーを内蔵しており、外部スピーカーなしでも迫力のサウンドでゲームが楽しめます。
プレイヤーを包み込むような湾曲デザインを採用しているため、画面への没入感も良好です。

応答速度は4msと高速で、残像の少ないクッキリとした映像が見られます。
また、表示の崩れや映像のもたつきを改善できる「G-Sync」にも対応しているなど、ワイド画面でゲームを堪能したい方におすすめのモデルです。

 

・モニターサイズ:35インチ
・解像度:FHD Ultra Wide(2560×1080)
・モニター形状:湾曲タイプ
・リフレッシュレート:144Hz
・応答速度:4ms

 

 

LG モニター ディスプレイ 38WK95C-W

LG モニター ディスプレイ 38WK95C-W」はマルチタスクを駆使したパソコン作業だけでなく、映画や動画の鑑賞にもおすすめのウルトラワイドモニターです。
HDR10に対応しているため、明暗差の大きな映像もクッキリと表示することが可能です。
sRGBカバー率は99%あり、色の再現性にも優れています。

10W+10Wのステレオスピーカーを搭載しているのもポイントです。
映画を大迫力かつハイクオリティなサウンドで視聴することが可能です。

また、Bluetooth接続ができるため、スマホの音楽を楽しむワイヤレススピーカーとしても利用できます。
シンプルなデザインのスタンドには、高さ調節やチルト機能が付いているので便利です。

 

・モニターサイズ:37.5インチ
・解像度:4K UHD Ultra Wide(3840×1600)
・モニター形状:湾曲タイプ
・リフレッシュレート:60Hz
・応答速度:5ms

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している厳選したウルトラワイドモニターです!
ゲームやクリエイティブなど生産性向上間違いなしです!

 

 

ウルトラワイドモニターは作業効率・生産性を爆上げする

以上がウルトラワイドモニターの選び方とおすすめ5選の解説でした。
ウルトラワイドモニターは横に広い画面で広い作業スペースを確保できるのが特徴です!
クリエイティブやゲームはもちろん、映画なども大迫力で楽しむことができます!
広い作業スペースは生産性を間違いなく向上させます!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

画面の広さは作業効率・生産性に比例します!
ウルトラワイドモニターは作業効率・生産性を間違いなく爆上げするアイテムです!

 

 

ゲーミングチェアの選び方とおすすめ5選を紹介!ゲーミングチェアで生産性を向上!

ゲーミングチェアの選び方とおすすめ5選を紹介!ゲームやテレワームに!コスパモデルも紹介!
ゲーミングチェアはゲームを長時間プレイするゲーマーのために作られたアイテム(ガジェット)です。 座り心地に優れており、疲れにくく、正しい姿勢を保ちやすいなど、さまざまなメリットがあります。 ビジネスシーンでも注目されているアイテムです。 そこで、ゲーミングチェアの選び方とおすすめ5選を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました