グラフィックデザイナーの仕事内容を解説!仕事の流れや必要なスキルも紹介!

ワーキング

グラフィックデザイナーはチラシやポスター、カタログ、商品パッケージ、看板など様々なデザインを手掛ける仕事です。
自分の作成したデザインを世の中に送り出すやりがいのある仕事です。
そこで、フリーで活動している現役のグラフィックデザイナーである筆者が仕事内容や必要なスキルなどを解説します!

 

この記事はこんな人におすすめです!

グラフィックデザイナーってどんな仕事?

グラフィックデザイナーに必要なスキルは?

 

・グラフィックデザイナーとは
・グラフィックデザイナーの仕事内容
・グラフィックデザイナーに必要なスキル

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

フリーで活動している現役のグラフィックデザイナーである筆者がグラフィックデザイナーの仕事内容を解説します!

 

 

フリーランスエンジニアのメリット&デメリットを解説!究極の自由!好きな場所で好きな仕事を!

フリーランスエンジニアのメリット&デメリットを解説!究極の自由!好きな場所で好きな仕事を!
フリーランスは好きな場所で、好きな時間に、好きな仕事をすることができます。 また、人間関係などストレスの軽減も魅力です。 場所や時間にとらわれずに働く、フリーランスに憧れる人も多いと思います。 そこで、フリーランスエンジニアの筆者がフリーランスのメリット&デメリットを解説します。

 

 

グラフィックデザイナーとは

グラフィックデザイナーは様々なデザインを手掛ける仕事です。
内容はチラシやポスター、カタログ、商品パッケージ、看板など様々です。

働き方は会社員とフリーランスの主に2種類に分けられます。
会社員は広告代理店やデザイン事務所、制作会社、企業の広告宣伝部など様々です、
グラフィックデザイナーとして経験や実勢を積んだら独立してフリーランスとして働く人も多いです。

完成されている作品やモノが多くなってきている現代では、ビジネスの現場でより需要が高まって来ている職種とも言えます。

 

hatta
hatta

グラフィックデザイナーの仕事は様々なものをデザインすることです!
印刷物はもちろん、パッケージデザインや看板など多岐にわたります!

 

 

グラフィックデザイナーの仕事内容

グラフィックデザイナーの仕事内容を始まりから終わりまで順を追って解説します。
基本は「何を、どうする、いつまでに」です

①受注、ヒアリング、打ち合わせ

仕事を受注するとまずは担当の営業やクライアントと打ち合わせを行います。
デザインする商品のコンセプトや広告の目的を明確にします
クライアントや営業の話を聞き、どのようなデザインにしたいのかまとめます。
いわばデザインのコンセプト(基礎)になる部分です。

ここで大切なのは「クライアントの悩みを解決する」ということです。
多くの場合は目的や悩み、課題があり広告を作成します。
課題解決という点で主観はもちろん第3者の目線(客観的視野)でデザインを考えることです。
そして、コンセプトが固まったらラフデザインを作成しクライアントへ提出します。

 

②デザイン制作

ラフデザインでOKが出たら本格的なデザイン制作に入ります。
デザインは必要に応じてですが、A案、B案のように複数作成することが多いです。
テキストやイラストなどを揃え、必要に応じて写真撮影なども行います。

大切なのは打ち合わせやヒアリングできめたコンセプトに沿ったデザインをすることです。
作りたいものを作るというのではなく、クライアントの問題をデザインで解決することが重要です。
デザインが完成したら校正としてクライアントに提出します。

 

③デザイン修正

クライアントからの修正指示に基づきデザイン修正をしていきます。
修正時に再度打ち合わせを重ねる場合もあります。
「デザイン提出、修正」は何度か繰り返す場合が多いです。
そして、デザインの完成へと仕上げていきます。
デザイン修正に大切なのはクライアントの問題解決への最適化です。

 

④納品

デザインが完成したら制作物を納品します。
納品は多くの場合「現物納品」「データ納品」の2種類に分けられます。

現物納品はチラシやポスター、冊子など、完成品を納品する場合です。
印刷会社などへデータ入稿をし完成品をクライアントへ納品します。
データ納品は作成したデジタルデータなどをそのままクライアントへ納品します。

これでひとつの仕事が完了です。

 

hatta
hatta

①~④までで1つの仕事が完了します!
グラフィックデザイナーの役割は「デザインで誰かの悩みを解決」することです!

 

 

グラフィックデザイナーに必要なスキル

グラフィックデザイナーに必要なスキルを解説していきます。

デザインスキル

グラフィックデザイナーに求められる一番のスキルはデザインスキルです。
グラフィックデザイナーとしての生命線であり、最も重要なスキルです。
「レイアウト」「色彩」「タイポグラフィー」の3つは絶対に押さえておきべきスキルです。

レイアウトは全体を構成する骨組みになります。
写真やイラスト、テキストをどこにどのように配置するのかということです。
媒体により最適に配置していく必要があります。

色彩は全体の色を構成する彩りです。
色彩は「色相・明度・彩度」の3つが重要です。
媒体により最適な色彩を選択していきます。

タイポグラフィーは文字のバランスを構成する部分です。
文字の大きさ、行間、フォントなどを決め、読みやすく配置することが大切です。
媒体により最適なタイポグラフィーを選ぶことが重要です。

グラフィックデザイナーはデザインスキルを駆使し、問題を解説するデザイン、惹きつけるデザインを設計することが大切です。

 

ソフトウェアスキル

グラフィッデザイナーはパソコンをメインにデザインを作成してきます。
主に複数のソフトを使用します。
特にAdobeの「Illustrator」「Photoshop」「Indesign」は世界中のデザイナー使用しています
言わばグラフィックデザイナー必須のデザインソフトです。

Illustrator(イラストレーター)は全体のデザインを作成していくデザインソフトです。
グラフィックデザイナーがメインで使用するデザインソフトと言っても過言ではありません。
ロゴの作成やチラシ・ポスター・書籍などの印刷物のデザイン、商品パッケージやプロダクトデザインなどに様々な媒体作成に使用します。

Photoshop(フォトショップ)は画像編集ソフトです。
Photoshopは主に写真加工や合成、レタッチ、現像に使用します。
Webデザイン作成するのにも適しています。

InDesign(インデザイン)は多くのページ数を要する冊子など本格的な文字組版を行うためのプロ用ソフトです。
雑誌や書籍のように何十ページ、何百ページもあるような場合に使用します。

 

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルはグラフィックデザイナーに必要不可欠な能力です。
クライアントが求めているものをしっかりと聞き出すヒアリング能力やそれに伴うプレゼン能力はデザイン制作を進めていく上で必須です。
また、会社員の場合は複数のスタッフチームでデザインを作成していく場合も多いです。
自分の考えを伝える、相手の意見を聞く能力はとても重要です。

 

Webマーケティングスキル

WebマーケティングスキルとはWebアクセスを重視し、サービスや商品購入など、利益につなげる対策を行うことです。
重要なのは検索エンジン対策であるSEOです、
グラフィックデザイナーはWeb業務への連動が強いため、SEOやアクセス解析の知識を習得し、制作業務に付加価値を付けるようになります。

 

hatta
hatta

上記がグラフィックデザイナーの必須スキルです!
特にデザインスキルはたくさん場数を経験し、自分の引き出しを作っていくことが大切です!

 

 

クライアントの悩みをデザインで解決する仕事

以上がグラフィックデザイナーの仕事内容や必要なスキルなどの解説でした。
グラフィックデザイナーはチラシやポスター、カタログ、商品パッケージ、看板など様々なデザインを手掛ける仕事です!
自分の作成したデザインを世の中に送り出すやりがいのある仕事です!
グラフィックデザイナーはクライアントの悩みをデザインで解決するクリエイティブな仕事です!
是非、参考にしてみてください。

 

hatta
hatta

グラフィックデザイナーはクライアントの悩みをデザインで解決するクリエイティブな仕事です!
目的や悩みが解決につながった時の喜びは何度経験してもたまりません!

 

 

フリーランスのグラフィックデザイナーになる方法を解説!エージェントや仕事のとり方も紹介!

フリーランスのグラフィックデザイナーになる方法を解説!エージェントや仕事のとり方も紹介!
フリーランスのグラフィックデザイナーは企業に属さず、自由度が高いのが特徴です。 どのようにフリーランスのグラフィックデザイナーになるのかわからない人も多いと思います。 そこで、現役のフリーランスグラフィックデザイナーとして活動している筆者が仕事のとり方などフリーランスのグラフィックデザイナーになる方法を解説します。
タイトルとURLをコピーしました