これさえ押さえれば大丈夫!グラフィックデザイナーに最低限必要なソフトを解説!

ワーキング

グラフィックデザイナーはチラシやポスター、カタログ、商品パッケージ、看板など様々なデザインを手掛ける仕事です。
どんなソフトウェアを使用しているのか気になっている人も多いと思います。
そこで、フリーで活動している現役のグラフィックデザイナーである筆者がグラフィックデザイナーに最低限必要なソフトを解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

グラフィックデザイナーに必要なソフトは?

グラフィックデザイナーはどんなソフトを使っているの?

 

・グラフィックデザイナーとは
・グラフィックデザイナーに最低限必要なソフト

上記2点から解説します。

 

hatta
hatta

グラフィックデザイナーに最低限必要なソフトを解説します!
フリーランスで活動している現役のグラフィックデザイナーである筆者が解説します!

 

 

フリーランスのグラフィックデザイナーになる方法を解説!エージェントや仕事のとり方も紹介!

フリーランスのグラフィックデザイナーになる方法を解説!エージェントや仕事のとり方も紹介!
フリーランスのグラフィックデザイナーは企業に属さず、自由度が高いのが特徴です。 どのようにフリーランスのグラフィックデザイナーになるのかわからない人も多いと思います。 そこで、現役のフリーランスグラフィックデザイナーとして活動している筆者が仕事のとり方などフリーランスのグラフィックデザイナーになる方法を解説します。

 

 

グラフィックデザイナーとは

グラフィックデザイナーは様々なデザインを手掛ける仕事です
内容はチラシやポスター、カタログ、商品パッケージ、看板など様々です。

働き方は会社員とフリーランスの主に2種類に分けられます。
会社員は広告代理店やデザイン事務所、制作会社、企業の広告宣伝部など様々です、
グラフィックデザイナーとして経験や実勢を積んだら独立してフリーランスとして働く人も多いです。

完成されている作品やモノが多くなってきている現代では、ビジネスの現場でより需要が高まって来ている職種とも言えます。

 

hatta
hatta

グラフィックデザイナーの仕事は様々なものをデザインすることです!
印刷物はもちろん、パッケージデザインや看板など多岐にわたります!

 

 

グラフィックデザイナーに最低限必要なソフト

筆者が実際に使用している無くてはならないソフトウェアを紹介します。

Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)(有償)

IllustratorやPhotoshop、、Premier Pro、Adobe XDなど誰でもきいたことがあるソフト名だと思います。
Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)は印刷物、WEB、動画などほぼすべてのクリエイティブを完結させることができます
グラフィックデザイナーならほぼ100%使用しているソフトウェアです。
全てのソフトウェアが自由に使えます。
また、ソフト単体でも契約することができます。

Illustrator(イラストレーター)

Illustrator(イラストレーター)はベクターグラフィックツールの業界標準ともいえるソフトウェアです。
webやモバイル用のグラフィックからロゴ、アイコン、本のイラスト、商品パッケージ、看板まで、あらゆるものをデザインすることができます。
グラフィックデザイナー必須ソフトのうちの1つです。

 

Photoshop(フォトショップ)

Photoshop(フォトショップ)はグラフィックツールの業界標準ともいえるソフトウェアです。
写真の編集や合成から、デジタルペインティング、アニメーション、グラフィックデザインまで、すべてPhotoshopでできてしまします。
グラフィックデザイナー必須ソフトのうちの1つです。

 

InDesign(インデザイン)

InDesign(インデザイン)は、多くのページ数を要する冊子など本格的な文字組版を行うためのプロ用ソフトです。
雑誌や書籍のように何十ページ、何百ページもあるような場合に使用します。

 

Dreamweaver(ドリームウィーバー)

Dreamweaver(ドリームウィーバー)はHTMLやCSS、JavaScriptなどをサポートしているwebデザインソフトウェアです。
デザインを見ながらコーディングできるため、動的なwebサイトを簡単に作成、コーディング、管理できます。
多くのデザイナーが使用しています。

 

Adobe XD(アドビ エックスディ)

Adobe XD(アドビ エックスディ)は簡単かつ素早くWebデザインを作成するソフトウェアです。
webデザインは、PhotoshopやIllustratorで行こなうのが主流でした。
しかしXDが登場してから、XDが主流となりつつあります。
本物のようなルック&フィールのデザインでストーリー作成でき、ワイヤーフレーム、アニメーション、プロトタイプを素早く簡単に作成できます。

 

Premiere Pro(プレミアプロ)

Premiere Pro(プレミアプロ)は動画編集ソフトです。
素早く本格的な動画編集が可能で、YouTubeクリエイターから、ハリウッドの映画制作者まで、映像に関わる多くの人たちから選ばれています。
色彩表現や臨場感のある音の調整、心をくすぐるテロップ作成など様々な編集が可能です。

 

Acrobat(アクロバット)

Acrobat(アクロバット)はPDF用のソフトウェアです。
PDFの編集はもちろん、保護など大切なPDFデータを守ることもできます。
世界中で使用されているPDFソフトです。


Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)(有償)

Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)米国マイクロソフト社が販売するビジネス用アプリケーションソフトです。
Word(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)などがまとめられています。
グラフィックデザイナーとして積極的にクリエイティブに使う機会はほとんど無いですが、原稿やデータ入稿などで、クライアントからワードやエクセルで送られてくることは多いです。

Word(ワード)

Word(ワード)はワープロソフトです。
原稿用紙のような見た目で文章作成に適したソフトウェアです。
誤字脱字を防ぐ文章校正機能や段落、行間を自動調整などもできます。

 

Excel(エクセル)

Excel(エクセル)は表計算ソフトです。
方眼紙のような見た目で表計算、データの集計や分析に適しています。
グラフの作成も容易で、関数入力やマクロ機能なども備わっています。

 

PowerPoint(パワーポイント)

PowerPoint(パワーポイント)はプレゼンテーションソフトです
PowerPointを使うと、文字や写真、グラフなどが入った見栄えのするスライドを簡単に作成できます。
プレゼンの準備から本番までサポートしてくれるソフトです。

 


hatta
hatta

上記がグラフィックデザイナーに最低限必要なソフトです!
中でも「Adobe Creative Cloud」は絶対必要なソフトでないと仕事が成り立たないです!

 

 

ソフトウェアはグラフィックデザイナーの武器

以上がグラフィックデザイナーに最低限必要なソフトの解説でした。
「Adobe Creative Cloud」と「Microsoft Office」は絶対必要なソフトです!
その他に必要なら「エディターソフト」などは自分の使いやすいものを入れて使用することをおすすめします!

一番は自分が使いやすいと感じるソフトを使いこなすことです!
使用するソフトウェアのスキルはグラフィックデザイナーのスキルに直結します!
是非、本記事を参考にしてみてください。

 

hatta
hatta

ソフトウェアはグラフィックデザイナーの実力を引き出す武器です!
とにかく触る機会を増やし、極めることが大切です!

 

 

誰でもできるフリーランスの仕事の取り方、探し方!フリーランスとして生きるのは難しくない!

誰でもできるフリーランスの仕事の取り方、探し方!フリーランスとして生きるのは難しくない!
フリーランスとして生きるのが難しいと思っている方も多いはずです。 筆者もそんな一人で、独立前は仕事が取れるのか不安でした。 今回は筆者が実際に行った仕事の取り方を紹介します。 結果として独立1ヵ月目に、会社勤務以上の月収を稼ぐことができました。 今回は誰でもできるフリーランスの仕事の取り方を方法を解説します。
タイトルとURLをコピーしました