CB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ3選!キャンプや登山、ツーリングに!防災用品としても!

アイテム

CB缶用シングルバーナーはカセットボンベが使えるシングルバーナーです。
燃料となるCB缶はどこでも入手しやすくランニングコストが安いのが魅力です。
1台で焼く、煮る、蒸すなどができキャンプや登山、ツーリング、防災用品としてもおすすめです。
そこで、CB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CB缶用シングルバーナーのおすすめは?

CB缶用シングルバーナーの選び方

 

・CB缶用シングルバーナーのメリット
・CB缶用シングルバーナーの選び方
・CB缶用シングルバーナーのおすすめ3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばCB缶用シングルバーナーで迷うことはもう無くなります!

 

 

LEDランタンの選び方とおすすめ3選!電池式や充電式!キャンプやツーリング、登山、防災用品に!

LEDランタンの選び方とおすすめ3選!電池式や充電式!キャンプやツーリング、登山、防災用品に!
LEDランタンは火を使わない安全性の高いランタンです。 火を使わないので、テントの中でも安心して使用できます。 キャンプやツーリングはもちろん、防災用品としても活躍します。 中にはスマホなどの機器を充電することができるモデルあり、万が一のときにも役立ちます。 そこで、LEDランタンの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

CB缶用シングルバーナーのメリット

  • 燃料(CB缶)を入手しやすい
  • ランニングコストが安い
  • 防災用品としても最適

CB缶用シングルバーナーの1番のメリットは燃料のCB缶(カセットガスボンベ)を入手しやすい点です。
カセットボンベはスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどどこでも手に入ります。
キャンプで訪れた先で燃料切れになっても入手しやすいのであ安心です。
また、OD缶と比べ安いので、ランニングコストに優れています
CB缶用シングルバーナーはキャンプで料理やお湯を沸かしたりできるアイテムですので、災害時に防災用品としても役立ちます
カセットボンベさえ備蓄していれば、心強いアイテムになります。

コンパクトかつ軽量で持ち運びしやすいので、キャンプや登山はもちろん、ツーリング、防災用品としてもおすすめのアイテムです。

 

hatta
hatta

CB缶用シングルバーナーはランニングコストに優れたシングルバーナーです!
キャンプや登山はもちろん、ツーリング、防災用品としてもおすすめのアイテムです!

 

 

CB缶用シングルバーナーの選び方

タイプを確認

一体型

一体型はバーナー本体とCB缶が一体になった構造が特徴的です。
シンプルかつコンパクトな構造で持ち運びに優れています。
普段のキャンプから登山やツーリングなど荷物を少なくまとめたい時にもおすすめです。
また、安定性や放射熱の関係であまり大きな鍋やクッカーは使用できません。

 

分離型

分離型はガス管と本体が燃料ホースで繋がっている構造が特徴的です。
バーナー本体を直接地面やテーブルに置けるので安定性が抜群です。
また、比較的大きな鍋も使うことが出来ます。
収納サイズが一体型と比べて大きくなるのは注意が必要です。

 

発熱量を確認

発熱量や火力はカロリー(kcal/h)で表されます
数字が大きくなればなるほど発熱量が高く高火力と判断することが出来ます。
CB缶シングルバーナーでは2500kcal/hとハイパワーなーモデルもあります。
目安として、1Lの水を5分程度で沸騰させるパワーが2500kcal/hです。

※気圧や標高によって異なります。

 

hatta
hatta

「タイプ」「発熱量」の2点がCB缶用シングルバーナーを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CB缶用シングルバーナーのおすすめ3選

上記でCB缶シングルバーナーの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!キャンプや登山、ツーリングでCB缶用シングルバーナーをヘビーユーズしているや筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCB缶用シングルバーナーを3つ紹介します!

 

SOTO ST-310

SOTO ST-310」は軽量コンパクトなCB缶用シングルバーナーです。
SOTO ST-310は収納時の寸法は140×70×高さ110mm、重量は約350gです。
一体型で発熱量は2500kcal/hの強い火力も魅力です。
マイクロレギュレーター搭載で、外気温が低い状態でも安定した火力を発揮することが出来ます。
オプションパーツが豊富でユーザーによって最適にカスタマイズできるのがポイントです。
詳しくは下記記事を読んでみてください。
https://hattablog.net/soto-st-310/

 

・タイプ:一体型
・発熱量:2500kcal/h


 

 

SOTO ST-301

SOTO ST-301」は分離型で高い安定性が魅力のCB缶用シングルバーナーです。
大きなゴトクと低重心設計により直径25cmまでの大きな鍋でも調理が可能です。
また、風防付の火口は風にも強い設計です。
ソロキャンプや大勢のキャンプでも頼りになるバーナーです。

 

・タイプ:分離型
・発熱量:3200kcal/h


 

 

FORE WINDS FW-MS01

FORE WINDS FW-MS01」はイワタニが展開するバーナーメーカーです。
重量はわずか186gで小型軽量が魅力です。
また専用の収納ケースも付いてくるので持ち運びしやすいです。
キャンプやツーリング登山など荷物を軽くしたい時におすすめのCB缶用シングルバーナーです。

 

・タイプ:一体型
・発熱量:2,000kcal/h


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用しているCB缶用シングルバーナーです!
キャンプや登山はもちろん、ツーリングや防災用品としても役立ちます!

 

 

CB缶用シングルバーナーはキャンプ、ツーリング、防災用品としてもおすすめ

以上が、CB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ3選の解説でした。
CB缶用シングルバーナーはカセットボンベが使えるシングルバーナーです!
燃料となるCB缶はどこでも入手しやすくランニングコストが安いのが魅力です!
1台で焼く、煮る、蒸すなどができキャンプや登山、ツーリング、防災用品としてもおすすめです!

旅先の湧き水でコーヒーを楽しんだり、ツーリングで調理ができたりと、キャンプや登山などのアウトドアはもちろん、防災用品としても心強いアイテムです。
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

CB缶用シングルバーナーは1つあるとキャンプや登山、ツーリングなどが更に楽しくなります!
また、防災用品として備えておくのもおすすめです!

 

 

コンパクトローテーブルの選び方とおすすめ3選!折りたたみ式でキャンプやツーリング、登山に最適!

コンパクトローテーブルの選び方とおすすめ3選!折りたたみ式でキャンプやツーリング、登山に最適!
コンパクトローテーブルは軽量かつコンパクトで携帯性に優れたテーブルです。 荷物を少なくしたい、軽くしたいシーンに向いているので、キャンプやツーリング、登山などにもおすすめのアイテムです。 素早く展開し、使用でき、収納も簡単なのが特徴です。 そこで、コンパクトローテーブルの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました