ポータブル電源の選び方とおすすめ3選!アウトドアやキャンプ、災害の備えに!大容量モデルも

アイテム

ポータブル電源は電気が使用できない様々なシーンで便利なアイテムです。
キャンプなどのアウトドアはもちろん、車中泊でもストレス無く家電を使用することができます。
また、災害時の停電などのシーンでも役立つため、防災用品としてもおすすめです。
そこで、ポータブル電源の選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

ポータブル電のおすすめは?

ポータブル電源の選び方は?

 

・ポータブル電源のメリット
・ポータブル電源の選び方
・ポータブル電源のおすすめ3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

ポータブル電源の選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めばポータブル電源で迷うことはもう無くなります!

 

LEDランタンの選び方とおすすめ3選!電池式や充電式!キャンプやツーリング、登山、防災用品に!

LEDランタンの選び方とおすすめ3選!電池式や充電式!キャンプやツーリング、登山、防災用品に!
LEDランタンは火を使わない安全性の高いランタンです。 火を使わないので、テントの中でも安心して使用できます。 キャンプやツーリングはもちろん、防災用品としても活躍します。 中にはスマホなどの機器を充電することができるモデルあり、万が一のときにも役立ちます。 そこで、LEDランタンの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

ポータブル電源のメリット

  • キャンプやアウトドアでも家電が使える
  • 車中泊でも便利
  • 災害時の備えにも最適

ポータブル電源は大容量のバッテリーが内蔵されており、電気の使用できない状況でも様々な家電を充電または使用することが出来ます
ACコンセントやUSB-A、USB-C、シガーソケットなど様々な出力端子が備わっています。
どこでもパソコンなど家電製品を使用できるので、キャンプなどのアウトドアはもちろん、車中泊などでも装備しておくと便利なアイテムです。
また、災害時の停電時など電気を使えないときにも便利なアイテムです。
スマホなどもたくさん充電でき、パソコンなどの家電もストレスなく使用できるので、防災の備えとしてもおすすめです。

 

hatta
hatta

ポータブル電源はキャンプや車中泊、災害時などに電気を確保できない様々なシーンで役立つアイテムです!

 

 

ポータブル電源の選び方

容量を確認

製品によりバッテリーの容量は異なります。
バッテリーは「Wh(ワットアワー)」という単位で表されます
バッテリー容量大きほどたくさん電気と使用することが出来ます。
しかし、容量が大きほど本体が大きく、重くなるので注意が必要です。
大容量のほうが良いのは当たり前ですが、持ち運びがネックになってきます。

目安として

  • 1泊のキャンプや車中泊:400Wh
  • 2泊以上のキャンプや車中泊:600wh
  • 防災の備えとして:600Wh以上

上記を基準として考えると良いです。
ちなみに444Wh(120,000mAh)はiPhone8だと約75台分満充電可能です。

 

出力端子を確認

製品によって搭載している出力端子が異なります。
ACコンセントやUSB-A、USB-C、シガーソケットなど様々な出力端子があるので、自分の使用したい出力端子があるモデルを選ぶことが大切です。

 

防水性能の有無を確認

製品によっては防水機能を備えたモデルもあります。
アウトドアなどで雨などで製品が濡れてしまっても安心です。

 

hatta
hatta

「容量」「出力端子」「防水性能の有無」の3点がポータブル電源を選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

ポータブル電源のおすすめ3選

上記でポータブル電源の選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!災害時の備えだけでなく、アウトドアでもポータブル電源をヘビーユーズしている筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したポータブル電源を3つ紹介します!

 

SmartTap ポータブル電源 PowerArQ

SmartTap ポータブル電源 PowerArQ」はコスパに優れたポータブル電源です。
容量は626Whと大容量にも関わらず重量は約6kgと持ち運びしやすいです。
また、オプションで太陽光(ソーラー)充電や車から充電できるキットもあり、使い勝手抜群です。
キャンプなどのアウトドアや車中泊、災害時の防災の備えとしても最適なポータブル電源です。

 

・容量:626Wh(174,000mAh)
・出力端子:USBポート×3・ACポート×1・DCポート×3・シガーソケット
・防水性能の有無:無


 

 

Jackery ポータブル電源 700

Jackery ポータブル電源 700」は容量700Wh(192000mAh)と大容量なポータブル電源です。
電力の使用効率も良くバッテリーの持ちが良いのも特徴です。
また、オプションで太陽光(ソーラー)充電や車から充電できるキットもあり、使い勝手抜群です。
重量は約6.3kgとオーランドに活躍するポータブル電源です。

 

・容量:700Wh(192000mAh)
・出力端子:USBポート×3・ACポート×2・DCポート×2・シガーソケット
・防水性能の有無:無


 

 

LACITA ポータブル電源 エナーボックス

LACITA ポータブル電源 エナーボックス」はIP44の防塵防水性能を備えたポータブル電源です。
アウトドアや水辺のレジャーなどでも安心して使用することができるポータブル電源です。
容量は444Wh(120,000mAh)、重量約5kgと1泊程度のキャンプや車中泊でも快適です。
また、オプションで太陽光(ソーラー)充電や車から充電できるキットもあり、使い勝手抜群です。

 

・容量:444Wh(120,000mAh)
・出力端子:ACポート×3・USBポート×3・シガーソケット
・防水性能の有無:IP44


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用しているポータブル電源です!
キャンプなどのアウトドアや車中泊、災害時の防災用品として1つ備えておくと心強いアイテムです!

 

 

ポータブル電源はキャンプや車中泊、災害時に備えておくと心強いアイテム

以上がポータブル電源の選び方とおすすめ3選の解説でした。
ポータブル電源は電気が使用できない様々なシーンで便利なアイテムです!
キャンプなどのアウトドアはもちろん、車中泊でもストレス無く家電を使用することができます!
また、災害時の停電などのシーンでも役立つため、防災用品としてもおすすめです!

ポータブル電源はキャンプや車中泊、災害時に備えておくと心強いアイテムです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ポータブル電源はキャンプや車中泊、災害時に備えておくと心強いアイテムです!
電気が使用できない場所でもストレス無く家電を使用することが出来ます!

 

 

アウトドア用カセットコンロの選び方とおすすめ3選!コンパクトなモデルも!キャンプにも!

アウトドア用カセットコンロの選び方とおすすめ3選!コンパクトなモデルも!キャンプにも!
アウトドア用セットコンロは風防(風よけ)などが搭載されており、風に強く、火力が強いのが特徴です。 キャンプなど野外での使用ができるので、手軽に料理などに使用することが出来ます。 また、炭と違い火起こしが必要なく、片付けが楽なのもポイントです。 そこで、アウトドア用カセットコンロの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました