CT125ハンターカブのオンロードタイヤの選び方とおすすめ3選!グリップ力アップで走行性能向上!

CT125 ハンターカブ

CT125ハンターカブはオンロードオフロード問わず走行可能なポテンシャルの高いバイクです。
オンロードタイヤを装備するとよりアスファルト等の舗装路をより楽しむことができます。
舗装路でのトラクションが増し、走行性能が向上します。
そこで、CT125ハンターカブのオンロードタイヤの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブにおすすめのオンロードタイヤは?

CT125ハンターカブのオンロードタイヤの選び方は?

 

・CT125ハンターカブにオンロードタイヤを付けるメリット
・CT125ハンターカブのオンロードタイヤの選び方
・CT125ハンターカブにおすすめのオンロードタイヤ3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブのオンロードタイヤの選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めばCT125ハンターカブのオンロードタイヤで迷うことはもうなくなります!

 

 

CT125ハンターカブのタイヤチューブの選び方とおすすめ3選!純正サイズ適用!パンクや予備対策!

CT125ハンターカブのタイヤチューブの選び方とおすすめ3選!純正サイズ適用!パンクや予備対策!
CT125ハンターカブはチューブタイヤを採用しています。 定期的なタイヤチューブの交換はパンクやエアー漏れのリスクを下げることが出来ます。 また、ツーリングなどのシーンでパンクなどに備え予備のタイヤチューブを備えておくと安心です。 そこで、CT125ハンターカブのタイヤチューブの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

CT125ハンターカブにオンロードタイヤを付けるメリット

  • オンロードなど舗装路での走行性能向上
  • グリップ力がアップし機動性向上
  • 走行中の振動軽減
  • ルックスの向上

CT125ハンターカブにオンロードタイヤを付ける1番のメリットはオンロードなど舗装路での走行性能が向上する点です。
舗装路に強いオンロードタイヤは接地面が広く、地面をひっかく力(トラクション)が強くなります。
トラクションが強くなるとグリップ力がアップし、機動性が向上します。
ロングツーリングや街乗りなどでも威力を発揮します。
オンロードタイヤは走行中の振動が少ない点もポイントです。
また、オンロードタイヤを変えることにより、より好みのルックスに近づけることも可能です。

 

hatta
hatta

オンロードタイヤを付けることにより、CT125ハンターカブはオンロードなどの舗装路での走行性能が向上します!
オンロードタイヤを装備するとツーリングや街乗りがより快適に走行可能です!

 

 

CT125ハンターカブのオンロードタイヤの選び方

サイズを確認

タイヤを選ぶ上でサイズは重要な確認ポイントです。
CT125ハンターカブの純正タイヤサイズは、前後「80/90-17(2.75-17)」共通です。
ちなみに空気圧は純正「フロント/1.75」「リア/2.25」です。

 

走行用途を確認

タイヤにもオンロードとオフロードで得意不得意があります。
オンロードタイヤで砂利道などのオフロードも走らなければならないシーンなど、それぞれの走行性能も確認することが重要です。
それぞれの特徴を走行用途と合わせて確認しましょう。

 

hatta
hatta

「サイズ」「走行用途」の2点がCT125ハンターカブのオンロードタイヤを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのオンロードタイヤ3選

上記でCT125ハンターカブ用オンロードタイヤの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!CT125ハンターカブでロングツーリングや街乗りを楽しみまくっている筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したCT125ハンターカブ用オンロードタイヤを3つ紹介します!

 

IRC バイクタイヤ GP-5 80/90-17

IRC バイクタイヤ GP-5 80/90-17」は純正で採用されているCT125ハンターカブ用オンロードタイヤです。
純正タイヤと同じモデルです。
バランスが良く、オンロードはもちろん、軽いオフロードなら問題なく走行可能です。
オールラウンドに使えるバランスの良いタイヤです。
「迷ったらコレ!」と言える一本です。
ツーリングから街乗りまで十分に楽しめる扱いやすいCT125ハンターカブ用オンロードタイヤです。

 

・サイズ:80/90-17
・走行用途:オンロード○ オフロード○



 

 

DUNLOP バイクタイヤ Buroro D604 80/90-17

DUNLOP バイクタイヤ Buroro D604 80/90-17」は安定性と耐摩耗性に優れたCT125ハンターカブ用オンロードタイヤです。
オンロードで求められる安定性と耐摩耗性確保したオンロード志向のトレールタイヤです。
強いグリップ力を感じることが出来ます。
街乗りやツーリングなど様々シーンで使用することも出来ます。
また、フラットダートなどの軽いオフロードなどなら問題なく走ることも出来ます。
グリップ力をアップさせ、安定性や耐摩耗性に優れたCT125ハンターカブ用オンロードタイヤです。

 

・サイズ:80/90-17
・走行用途:オンロード○ オフロード○


 

 

TIMSUN ストリートハイグリップ TS692 80/90-17

TIMSUN ストリートハイグリップ TS692 80/90-17」はハイグリップタイプのCT125ハンターカブ用オンロードタイヤです。
ハイグリップタイヤで強いグリップ力が特徴です。
晴れた日はもちろん、雨の日も安心して走ることができ、街乗りやツーリングで頼りになるタイヤです。
オフロードは不向きなので、砂利道以外では注意が必要です。
チューブレスタイプですが、チューブを使用し、そのまま組み込めば問題なく装着可能です。
ハイグリップかつロングライフなCT125ハンターカブ用オンロードタイヤです。

 

・サイズ:80/90-17
・走行用途:オンロード◎ オフロード△


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用している厳選したCT125ハンターカブ用オンロードタイヤ3選です!
舗装路での走行性能がさらに高くなり、ハンターカブの可能性を更に感じられるはずです!

 

 

オンロードタイヤはCT125ハンターカブのポテンシャルを引き出す

以上がCT125ハンターカブのオンロードタイヤの選び方とおすすめ3選の解説でした。
CT125ハンターカブはオンロードオフロード問わず走行可能なポテンシャルの高いバイクです!
オンロードタイヤを装備するとよりアスファルト等の舗装路を楽しむことができます!
タイヤ接地面が広くなりトラクションが増し、走行性能が向上します!
ロングツーリングや街乗りがさらに快適になり、走行中の振動も軽減します!

オンロードタイヤを装備したハンターカブはグリップ力がアップし、舗装路での走行性能が向上します!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

オンロードタイヤはCT125ハンターカブのポテンシャルを引き出す重要なアイテムです!
オンロードだけでなくでの機動性向上はもちろん、軽い砂利道などは問題なく走行可能です!

 

 

CT125ハンターカブの空気入れの選び方とおすすめ3選!充電式で持ち運びに便利!ツーリングにも!

CT125ハンターカブの空気入れの選び方とおすすめ3選!充電式で持ち運びに便利!ツーリングにも!
CT125ハンターカブはチューブタイヤを使用しており空気が抜けやすいのが難点です。 充電式空気入れはコンパクトかつ軽量で携帯しやすいのが特徴です。 自宅やツーリング中に使用することが可能です。 1つあると空気圧管理がしやすく便利です。 そこで、CT125ハンターカブの空気入れの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました