CT125ハンターカブでニーグリップができるDiabloタンクカバーセット!安定性積載性が向上!

CT125 ハンターカブ

CT125ハンターカブはタンクがシートの下にあるため、ニーグリップが出来ません。
そこで、Diabloタンクカバーセットの取り付けがおすすめです。
ニーグリップが可能になり、低速走行時の安定性も向上します。
そこで、CT125ハンターカブでニーグリップができるDiabloタンクカバーセットについて解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

CT125ハンターカブでニーグリップがしたい!

CT125ハンターカブのふらつきを少なくしたい!

 

・CT125ハンターカブはでニーグリップができない問題
・CT125ハンターカブにDiabloタンクカバーセットがおすすめの理由
・筆者がDiabloタンクカバーセットを使ってみた感想

上記3点で解説します。

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブにおすすめのテラモトT-REVminiSPキットについて解説します!
これを読めばCT125ハンターカブのシフトダウンが楽になること間違いなしです!

 

 

CT125ハンターカブにおすすめのテラモトT-REVminiSPキット!エンブレがマイルドに!

CT125ハンターカブにおすすめのテラモトT-REVminiSPキット!エンブレがマイルドに!
CT125ハンターカブは1速2速のエンジンブレーキがキツく強力です。 そこで、テラモトT-REVminiSPキットの取り付けがおすすめです。 エンジンブレーキをマイルドにしシフトダウンを快適にします。 そこで、CT125ハンターカブにおすすめのテラモトT-REVminiSPキットに付いて解説します。

 

 

CT125ハンターカブはでニーグリップができない問題

  • CT125ハンターカブはニーグリップが出来ない
  • フラついてしまう

CT125ハンターカブはニーグリップが出来ません
その原因はタンクがシート下にある点です。
タンクがシート下に有り、足部分(膝、太もも)を固定する事ができません。
バイクは足で乗ると言われるくらい、足はバイクの安定性にとても重要です。
ニーグリップ(足でタンクを挟み込むこと)でバイクと身体を一体化し安定させることが出来ます。
ハンターカブの場合は、くるくるぶしやふくらはぎで車体を挟み込むしか方法がありません。
ニーグリップが出来ない場合は特に低速時でマシンがフラつくことが多くなります

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブはタンクがシート下に有りニーグリップが出来ません!
ニーグリップが出来ないので、安定性がイマイチで特に低速時にフラつきます!

 

CT125ハンターカブにDiabloタンクカバーセットがおすすめの理由

  • ニーグリップが可能
  • 安定性向上
  • 低速時のフラつき改善
  • 疲労軽減効果
  • 積載性向上

Diabloタンクカバーセットを取り付けるとCT125ハンターカブでニーグリップが可能になります。
取り付けによりタンクの代わりのカバーが設置でき、ニーグリップをすることが出来ます。
車体と身体を一体化でき、物理的に安定性が大きく向上します。
街乗りなど低速時のフラつきが改善されます。
また、身体を固定できるため疲れにくく、疲労軽減効果も期待できます。

Diabloタンクカバーセットは積載性も向上できます。
タンクカバーの中にセンターキャリアと収納バッグが入っています。
これにより、様々なアイテムを積載可能です。


 

 

hatta
hatta

CT125ハンターカブにDiabloタンクカバーセットを付けることでニーグリップをすることが出来ます!
安定性が大きく向上し、積載性も向上するカスタムパーツです!

 

 

筆者がDiabloタンクカバーセットを使ってみた感想

  • ニーグリップができる幸せ
  • 安定性が大きく向上
  • 街乗りやツーリング時の疲労感軽減
  • ドレスアップ効果
  • 様々な小物を収納可能
  • 取付簡単

筆者がDiabloタンクカバーセットを使ってみて感じた第一の感想は「ニーグリップができる幸せ!」です。
いつも「ニーグリップ出来ないかな?」と思っていたので、ニーグリップしたい欲を見事に満たすことが出来ました。
街乗りなど10キロ以下の低速時にフラつかなくなり、安定性が大きく向上しました。
また、ニーグリップできるおかげで、乗車姿勢が楽になり街乗りやツーリング時の疲労感が軽減されました。

 

Diabloタンクカバーセットはドレスアップ効果も抜群です。
他のハンターカブライダーから「これは何?」「なんてパーツ?」とよく聞かれるようになりました。

まるでタンクを移設したみたいワイルドなディティールに変化させることができ、見た目のかっこよさも気に入っている部分です。

 

Diabloタンクカバーセットは「タンクカバー+センターキャリア+収納バッグ」の3点がセットになっています。
センターキャリアとしての仕様はもちろん、専用収納バッグにも様々なアイテムを収納可能です。
積載性が向上し、街乗りやツーリングでも便利です。
取り付けもボルトオンと車体に加工が必要なく誰でも簡単に取り付けができる点もポイントです。


 

 

hatta
hatta

筆者はDiabloタンクカバーセットを取り付けてとても満足しています!
ニーグリップはもちろん、積載性やドレスアップ性など様々な効果があり、なぜ使わなかったんだ思うほどです!

 

 

Diabloタンクカバーセットはハンターカブの標準装備にしたいほど便利

以上がCT125ハンターカブでニーグリップができるDiabloタンクカバーセットについての解説でした。
CT125ハンターカブはタンクがシートの下にあるため、ニーグリップが出来ません!
そんなときはDiabloタンクカバーセットの取り付けがおすすめです!
ニーグリップが可能になり、低速走行時の安定性も向上します。
また、センターキャリアや収納バッグもついており、積載性も向上します!

Diabloタンクカバーセットは実用的で、費用対効果の高いのパーツです!
是非、取り付けてみてください。

 

hatta
hatta

Diabloタンクカバーセットは標準装備にしたいほど操作性が向上するパーツです!
走行時の安定性向上や積載性、ドレスアップ性向上など付けても損しないパーツと言えます!

 

 

CT125ハンターカブのシフトインジケーターの選び方とおすすめ3選!取り付け簡単!利便性向上!

CT125ハンターカブのシフトインジケーターの選び方とおすすめ3選!取り付け簡単!利便性向上!
CT125ハンターカブにはシフトインジケーターはついていません。 走行中に何速かわからなくなることも多いです。 シフトインジケーターを付けると、何速か一目瞭然になります。 走行中に何速に入っているかすぐに確認することができます。 そこで、CT125ハンターカブのシフトインジケーターの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました