AirPods Proの防水性能を解説!雨やシャワー、お風呂は大丈夫?

ガジェット

「AirPods Pro」は防水性能を搭載しています。
第1・第2世代の「AirPods」では防水機能は搭載されてなく、「AirPods Pro」から初の防水機能を搭載しています。
「AirPods Pro」の防水性能について解説、お風呂・シャワー・ジム・ランニングなどで利用できるかも解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

AirPods Proの防水性能について知りたい

AirPods Proはお風呂場で使えるの?

AirPods Proジムで使えるの?

 

・AirPods Proの防水性能
・AirPods Pro耐汗・耐水に対応
・AirPods Proの使用できるシーン

上記3点から解説していきます

 

hatta
hatta

「AirPods Pro」の防水性能について解説していきます!

 

集中力・作業効率を爆上げする神アイテム「AirPods Pro」について詳しくはこちら!

AirPods Proは集中力・作業効率を爆上げするおすすめ神アイテム
AirPods Proは周りの音を消してくれるノイズキャンセル機能がずば抜けています。 周りの音や他人の声などは集中力や作業効率に大きく関わってきます。 そこで集中力や作業効率を爆上げできるおすすめの神アイテム「AirPods Pro」の特徴や機能、筆者が実際に使ってみたレビューなどを解説します。

 

AirPods Proの防水性能

防水性能の基準「IPX」

「IPX」というのは「0」から「8」まであります。「0」が耐水性能がない状態「8」は水の中に置いておいても問題がない状態、いわゆる「完全防水」の製品です。

 防水内容
 IPX0 保護されていない
 IPX1 鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない
 IPX2 鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
 IPX3 鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
 IPX4 あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない
 IPX5 あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない
 IPX6 あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない
 IPX7 一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない
 IPX8 IPX7よりも厳しい条件で水没しても内部に浸水しないもの

 

AirPods Proの本体(イヤホン部分)は、耐汗・耐水性能の「IPX4」に対応しています。
ちなみにiPhoneはiPhone 7から防水性能があり、iPhone 7からiPhone Xまでの防水性能は「IPX7」、iPhone XSから防水性能は「IPX8」になりました。

 

hatta
hatta

AirPods Proの防水性能は「IPX4」企画です!

AirPods Pro耐汗・耐水に対応

イヤホンは耐汗・耐水性能の「IPX4」

AirPods Proの本体(イヤホン部分)は、耐汗・耐水性能の「IPX4」に対応しています。
AirPods Proの「IPX4」の防水性能がどの程度のなのか?というと、「水が軽くかかるのは大丈夫」なレベルです。
ポイントは「飛まつは大丈夫」という点です。シャワーやホースで水をかけるのは対応できないようです。

充電ケースには耐汗・耐水性能はない

充電ケースには耐汗・耐水性能はありません。充電ケースは水に濡れないように扱う必要があります。
充電ケースを防水使用にするケースなんかも発売されているので、使用するのもありです。

 

hatta
hatta

AirPods Proは軽く水がかかるくらいなら大丈夫なので、シャワーや水没などに注意すれば日常の使用には問題ないですね!

 

AirPods Proの使用できるシーン

お風呂やシャワーでは使用できない

AirPods Pro は耐水・耐汗仕様です。防水・防汗仕様ではありません
AirPods Pro は、水上または水中でのスポーツ (スイミングなど) やシャワーでの使用は想定していません。

AirPods Proは水っけのあるところでは使わない方がよいです。
防水や耐水、耐汗に対応したとしても、精密機器は精密機器です。
壊れる時には壊れる可能性はあありますが、使う環境に注意するだけで、十分予防ができます。

ジムやワークアウトでの使用は大丈夫

AirPods Proは汗など軽い水滴には対応しているので、ジムやランニングなどのワークアウト時には使用することができます
音楽を聴きながら集中してワークアウトしたいときには最適です。
※外で行う場合は雨など天気に注意が必要です。

使用後のメンテナンス

多量の汗をかいた後、水しぶきがかかった後は、AirPods Proをワイヤレス充電ケースに入れる前に、糸くずの出ない柔らかく乾いた布で拭きとりましょう
熱源やエアダスターでAirPods Proを乾燥させてはいけません。

 

hatta
hatta

AirPods Proは屋内でのワークアウトに最適です。屋外では天気などに注意すれば問題ないです!

AirPods Proの防水性能の過信は注意

以上がAirPods Proの防水性能についての解説でした。
水中心の環境では使用しないことや、豪雨などの雨に気をつければ十分故障の予防はできると思います。
防水性能への過信の死過ぎは注意です。
是非ご自分の使用環境と照らし合わせて、参考にしてみてください。

 

hatta
hatta

水での故障のリスクは使用方法で下げることができます!

 

「AirPods Pro」と「WF-1000XM3」どっちがおすすめ?徹底比較レビュー!

「AirPods Pro」と「WF-1000XM3」どっちがおすすめ?徹底比較レビュー!
ノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスイヤホン、Apple「AirPods Pro」、Sony「WF-1000XM3」。 そんなAppleとSONYのイヤホンどちらを買えば良いか悩んでいる人も多いのでは? そこで「AirPods Pro」と「WF-1000XM3」を筆者のレビューを交えながら徹底比較していきます!
タイトルとURLをコピーしました