ダナー(DANNER)のアウトドアラインはごくわずか!メインは軍・警察用ブーツ?

Danner

ダナー(DANNER)といえばアウトドアブーツのイメージが強いですよね?
ダナーライトやマウンテンライトは誰もが聞いたことがある有名なモデルですね。
しかし、アウトドアカテゴリーはダナー(DANNER)の生産するブーツの中ではごくわずかなんです。
ダナー(DANNER)の知られざるカテゴリー別生産数の解説をしていきます。

 

hatta
hatta

ダナー(DANNER)通なら知っておいて損はないです!

 

ダナー(DANNER)ブーツとは?

ダナー(DANNER)社の歴史

1932年、アメリカのウイスコンシン州チペワフィールズで創業しました。実は創業当初は森林伐採用のワークブーツを製造していました。
その後、現在の拠点のオレゴン州に移ります。この頃から作業靴のメーカーとして高い評価を得ることになります。
「可能な限り最高の靴を作る」をコンセプトに、現在まで多くのマウンテンブーツやトレッキングブーツを製造しています。

製品改良への飽くなき探究心

1952年、アメリカではどの靴にも使われていなかったイタリアのソール(靴底)メーカー「ビブラム(Vibram)」の品質に目をつけ、イタリアから輸入しソールとして採用します。
1979年、ゴアテックス社との共同開発により、靴に採用することが難しいとされていた高機能素材「ゴアテックス(GORE-TEX)」を使用した靴を世界で初めて開発し高く評価されます。
これがダナーの大人気フラッグシップモデル「ダナーライト」です

ダナー(DANNER)の製造カテゴリー

軍・警察・警備機関用ブーツ

ダナー(DANNER)は「軍・警察・警備機関用ブーツ」のカテゴリーが実は一番多いんです。
その割合は全体の55%とほぼ半分です!
ダナーのハイクオリティなスペックは軍や警察などにも認められているということですね。
ハードな環境が予想される軍・警察・警備部門の足元もサポートしているんです。

アウトドアブーツ

ダナーといえば「アウトドアブーツ」のイメージが強いですね。
「ダナーライト」や「マウンテンライト」などは誰もが知っている有名なモデルです。
ダナーを世界中で有名にしたのもアウトドアブーツカテゴリーです。
その割合は全体の25%です。
以外にも少なく驚いたのではないでしょうか?

ワーク・ハンティング

ダナーはワーク・ハンティングカテゴリーも充実しています。
元々はワークブーツを製作していたメーカーだけあって、そのクオリティーも一品です。
それもそのはず元々はワークブーツメーカー「チペワ」と同じ歴史を持っています。
その割合は全体の20%です。

 

hatta
hatta

筆者はアウトドアブーツのイメージが強すぎてその割合に驚きました!

 

軍・警察・警備機関用ブーツの特徴

サイドジップ

ベースモデルにはサイドジップが付いているものが多いです。
ジップで開閉する部分も、アッパーの内側は伸縮する構造になっており、ここからも水が入らないような仕組みになっており、ダナーらしく構造も考えられてます。

ゴアテックス(GORE-TEX)

モデルによりますが、ベースモデルには「ゴアテックス(GORE-TEX)」が搭載されていることが多いです。
搭載されていないモデルは特殊ライナーが使用されており、こちらも強烈な防水機能を備えています。

セメント製法

「ダナーライト」や「マウンテンライト」のようなブーツの多くが、ダナー(DANNER)ならではのステッチダウンという製法で作られているのに対し、軍・警察・警備部門のブーツは「セメント製法」で製造されています。
アウトドアブーツやワークブーツなどは使用する際に長時間の歩行や運動による耐久力が必要です。
アッパーとソールの接合力が何よりも問われますし、頑丈でなくてはいけません。
重い荷物を持って運んだり、移動したりする際に履く靴はある程度重量や固さが必要です。それは足元が安定するからです。
そして、一過性ではいけないので、修理が出来る事も重要です。履きなれた靴を直しながら愛用する事が求められます。

対して、軍・警察用ブーツは、タクティカルブーツなどとも呼ばれたりしますが、軽く、脱着もスムーズで、素早い動きに耐えられることが重要です。
もちろん、状況に応じて様々なモデルが存在しますが、多くのモデルは次の出番までに、直して履くなんて事は想定していません。
用途や使うヒトに合わせて、靴の製法も変わります。

軍・警察・警備カテゴリーのベースモデル

28017 KINETIC SIDE-ZIP ’6インチ

6インチのサイドジップミリタリーブーツです。
頑丈かつ軽量な1000デニールナイロンと耐久性のある防水ヌバックレザーをアッパーに使用しています。
ミッドソールには長時間履いていても疲れにくいポリウレタンミッドソールを採用し、アウトソールは接地面をしっかりととらえて瞬発力・グリップ力に優れるキネティックアウトソールを装備しています。

43011 STRIKER TORRENT SIDE-ZIP ’6インチ

6インチのサイドジップブーツです。
頑丈かつ軽量な1000デニールナイロンと耐久性に優れたフルグレインレザーをアッパーに使用しています。
ミッドソールには長時間履いていても疲れにくいポリウレタンミッドソールを採用し、アウトソールには迅速な動きを可能にするカスタムビブラムトレントソールを採用しています。
ダナー独自の五角形のラグパターンは撥水性を高め360°全方向に高いグリップ力を発生させます。

43013 STRIKER TORRENT SIDE-ZIP ’8インチ

8インチのサイドジップブーツです。
頑丈かつ軽量な1000デニールナイロンと耐久性に優れたフルグレインレザーをアッパーに使用しています。
ミッドソールには長時間履いていても疲れにくいポリウレタンミッドソールを使用し、アウトソールには迅速な動きを可能にするカスタムビブラムトレントソールを採用しています。
独自の五角形のラグパターンは撥水性を高め360度全方向に高いグリップ力を発生させます。

 

hatta
hatta

紹介した3モデルは本国アメリカで軍や警察・警備部門の方が多く使用しているベースモデルです。
サバゲーなどもで使えそうですね!

軍・警察・警備部門ブーツという選択

以上がダナーの製造ラインについてでした。
軍・警察・警備部門ブーツはサバイバルゲームに行かれるっていう方がなどにもってこいです!
カラーもモデルによりますが、「オリーブ」や「ベージュ」「リアルツリー」「デザート」など迷彩柄もあります。
サバゲーや山用にぜひ試してみてください!

ダナーのおすすめミリタリーラインにアップについては下記記事を読んでみてください!

軍隊でも採用!ダナーのミリタリーラインナップ5選!
アウトドアブーツの代名詞ともいえるDanner(ダナー)。 ゴアテックス (GORE-TEX) 、ビブラムソール搭載で完全防水のハイスペックブーツ。 ハイスペックが故に軍隊でも採用されているモデルがあります。 hatta ...

 

hatta
hatta

筆者も山用にダナーの軍隊用ブーツの購入を考えています!

タイトルとURLをコピーしました