ブッシュクラフトナイフの選び方とおすすめ5選!フルタングでバトニングや料理などに!

アウトドア

ブッシュクラフトナイフはフェザースティックを作ったり、薪割り、調理と幅広く使用できるアウトドアで活躍するアイテムです。
フルタングタイプのナイフは頑丈な造りでハードな使い方に向いており、長く愛用できるのもポイントです。
そこで、ブッシュクラフトナイフの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

ブッシュクラフトナイフのおすすめは?

ブッシュクラフトナイフの選び方は?

 

・ブッシュクラフトナイフとは
・ブッシュクラフトナイフの選び方
・ブッシュクラフトナイフのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

ブッシュクラフトナイフの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばブッシュクラフトナイフで迷うことはもう無くなります!

 

 

CB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ5選!コンパクトで持ち運びが便利

CB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ5選!登山やキャンプに!コスパがよく料理にも!
シングルバーナーはガス缶に装着するだけで、お湯を沸かしたり、簡単な料理ができる便利なアイテム(ガジェット)です。 携帯性に優れ、1つ持っておくとキャンプやアウトドアはもちろん、災害時にも役立ちます。 そこで、入手しやすく、手軽に使用できるCB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

ブッシュクラフトナイフとは

ブッシュクラフトナイフは便利なキャンプ道具を使わずに自然にあるもので道具を作り、キャンプをするためのナイフです。
ブッシュクラフトナイフは火種となるフェザーステックを作ったり、薪割り(バトニング)や調理など幅広く使用することが出来ます。
丈夫でナイフとしての高い機能性を持ったナイフです。

 

フルタングとは

フルタングとは先端から後端まで1枚のブレードが通っているナイフの構造です。
柄の中にしっかりとブレード(刃)からつづいている金属が入っています。
フルタングはナイフの中でも最も頑丈な造りが特徴です。
ハードに使える構造で、薪割り(バトニング)などにもおすすめの構造です。
フルタングは丈夫なので長く使えるナイフです。

 

hatta
hatta

最低限の装備でアウトドアを楽しむブッシュクラフトには信頼できるフルタングタイプのブッシュクラフトナイフは必需品です!
長く使用できるので、使用するにつれて自分だけのナイフに仕上がります!

 

 

ブッシュクラフトナイフの選び方

刃の素材を確認

ステンレス

ステンレスはサビに強く、難しいメンテナンスないのが特徴です。
初心者にもおすすめの素材です。
切れ味はカーボン製に劣ります。

カーボン

カーボンは鋭い切れ味が特徴の素材です。
耐久性が高いですが、錆びやすいのも特徴です。
定期的にメンテナンスが必要なので、玄人向けの素材でもあります。

 

刃の厚さを確認

薪割りに使用するのであれば、ある程度刃の厚いフルタングシースナイフを選ぶ必要があります。
腕の太さを超えるような木で安心してバトニングをするには、最低3mm以上の厚さが必要です。

 

刃の長さを確認

刃の長さも使い勝手に影響する重要なポイントです。
刃が長めの方がバトニングはしやすいですが、長すぎるとフェザースティックを作るときのような細かい作業がしづらいくなります。
刃の長さの目安としては、10cm以上のフルタングシースナイフを選びましょう

 

hatta
hatta

「刃の素材」「刃の厚さ」「刃の長さ」の3点がブッシュクラフトナイフを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

ブッシュクラフトナイフのおすすめ5選

上記でブッシュクラフトナイフの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!どんな状況でもブッシュクラフトを楽しみすぎる呪いにかけられた筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したブッシュクラフトナイフを5つ紹介します!

 

Morakniv Bushcraft Survival Black

Morakniv Bushcraft Survival Black」は使い勝手の良いブッシュクラフトナイフです。
ケースにファイヤースターターと砥石が装備されています。
焚き火などに火をつけるのも楽で、切れ味が落ちたらすぐに砥ぐことが出来ます。
高いグリップ力も魅力で、刃はカーボン製で切れ味抜群です。

・刃の素材:カーボン
・刃の厚さ:3.2mm
・刃の長さ:109mm

 

 

APECTY シースナイフ

APECTY シースナイフ」鋭い切れ味とサビに強いブッシュクラフトナイフです。
440Cステンレス鋼でカーボン含有率が高く切れ味が鋭いです。
サビに強くグリップ力も高いので、使いやすいブッシュクラフトナイフです。
丈夫なハードケースもポイントです。

・刃の素材:ステンレス
・刃の厚さ:3mm
・刃の長さ:90mm

 

 

MOSSY OAK シースナイフ

MOSSY OAK シースナイフ」は木材のハンドルが特徴のブッシュクラフトナイフです。
高級感のある落ち着いたデザインが特徴で、ステンレス製なので錆びに強いです。
刃の長さ約145mmと使いやすい長さでバトニングから調理と幅広く使用できます。

・刃の素材:ステンレス
・刃の厚さ:4.8mm
・刃の長さ:145mm

 

 

KA-BAR ベッカーカンパニオン BK2

KA-BAR ベッカーカンパニオン BK2」はブレードの厚さが特徴のブッシュクラフトナイフです。
6.6mmをの極厚のブレードとは非常に耐久性が有り頑丈です。
ハードに使っても全く問題ないタフなナイフです。
ブレードに錆びにくいコーティングがされているのもポイントです。

 

・刃の素材:カーボン
・刃の厚さ:6.6mm
・刃の長さ:127mm

 

 

Real Steel ブッシュクラフト プラス コンベックスグラインド

Real Steel ブッシュクラフト プラス コンベックスグラインド」はコスパに優れたブッシュクラフトナイフです。
ブレードはコンベックスグラインド形状でサビに強く切れ味バツグンです。
コスパがいいのに高性能なナイフです。

・刃の素材:ステンレス
・刃の厚さ:4.3mm
・刃の長さ:113mm

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているブッシュクラフトナイフです!
ブッシュクラフトは頼りになるナイフがあると更に楽しくなりますよ!

 

 

ブッシュクラフトナイフはアウトドアの必需品

以上がブッシュクラフトナイフの選び方とおすすめ5選の解説でした。
ブッシュクラフトには長く使えるタフなナイフがキーアイテムです!
特に薪割りなどにナイフを使用したい場合、頑丈でタフなナイフを選ぶことが重要です!
長く使えるナイフは自分だけの経年変化を楽しめ、唯一無二の相棒になるはずです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

丈夫で頑丈なフルタングタイプのブッシュクラフトナイフは生涯長く使える自分だけの相棒になります!
たくさん使用して経年変化を楽しんでみてください!

 

 

直火式ホットサンドメーカーの選び方とおすすめ5選!キャンプや屋内など料理に大活躍

直火式ホットサンドメーカーの選び方とおすすめ5選!キャンプや屋内など料理に大活躍
ホットサンドメーカーは手軽にホットサンドを作れるだけでなく、最近は様々なアレンジ料理に使用されている注目のアイテムで(ガジェット)です。 ガス火だけでなく、HIにも対応しているモデルもあり、アウトドアの使用はもちろん自宅での使用にも便利です。 そこで、今回は直火式ホットサンドメーカーの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました