ワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM3」のノイズキャンセリングをレビュー&徹底解説!

ガジェット

「WH-1000XM3」最大の特徴は、「ノイズキャンセリング機能」です。
周りの音を消して、集中力や作業効率を爆上げしてくれる神アイテムです
そんな驚異的な機能「ノイズキャンセリング」機能の解説や筆者のレビューなどを解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

「WH-1000XM3」のノイズキャンセルが気になる

「WH-1000XM3」を買おうか悩んでいる

 

・WH-1000XM3とは
・WH-1000XM3ノイズキャンセリング解説
・WH-1000XM3ノイズキャンセリングのレビュー

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

WH-1000XM3のノイズキャンセリングをレビュー&徹底解説していきます!

 

「AirPods Pro」と「WH-1000XM3」の組み合わせは生産性を爆上げする!

「AirPods Pro」と「WH-1000XM3」の組み合わせは生産性を爆上げする!
「AirPods Pro」と「WH-1000XM3」は集中力や生産性を爆上げしてくれるイヤホンとヘッドホンです。 筆者は普段から両方使用しているのですが、この2つの性能をを比較しつつ、使い分けを解説します。 筆者がおすすめする「AirPods Pro」と「WH-1000XM3」のシーンによる使い分けを解説します。

 

WH-1000XM3とは

WH-1000XM3

WH-1000XM3」は2018年にSONYから発売されたワイヤレスヘッドホンです。
ハイレベルなノイズキャンセリング性能と、ワイヤレスでも高音質をダブルで実現していた「WH-1000XM2」の進化版で後継機です。
新開発されたプロセッサー搭載の効果でノイズキャンセリング性能の大幅な向上に加え、高音質化も実現しているヘッドホンです。

 

ヘッドホン部
型式密閉, ダイナミック
ドライバーユニット40mm ドーム型(CCAWボイスコイル採用
感度104.5dB/mW(有線接続、POWER ON時 1kHzにて)、101dB/mW(有線接続、POWER OFF時 1kHzにて)
マグネットネオジウム
再生周波数帯域4 Hz – 40,000 Hz (JEITA)
インピーダンス47 Ω (有線接続、POWER ON時 1 kHzにて)、16Ω(有線接続、POWER OFF時 1 kHzにて)
コード長約1.2m、OFC線、金メッキステレオミニプラグ(ヘッドホンケーブル)
コードタイプ片出し(着脱式)
入力プラグ金メッキL型ステレオミニプラグ
質量約 255g
ヘッドホン部(その他)
電源DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間約3時間(フル充電) (1.5AのACアダプター使用時)
充電方法USB充電
電池持続時間(連続音声再生時間)最大30時間(NC ON時)、最大38時間(NC OFF時)
電池持続時間(連続通話時間)最大24時間(NC ON時)、最大30時間(NC OFF時)
電池持続時間(待受時間)最大30時間(NC ON時)、最大200時間(NC OFF時)
周波数特性4Hz-40,000Hz
対応インピーダンス47 Ω (有線接続、POWER ON時 1 kHzにて)、16Ω(有線接続、POWER OFF時 1 kHzにて)
音声入力端子ステレオミニジャック

 

WH-1000XM3のここがすごい

  • ノイズキャンセリング機能
  • ハイレゾ級の音質
  • 外部音取り込みモード
  • 細かなカスタマイズ
  • タッチセンサーコントロールパネル
  • 電池持ち

WH-1000XM3特徴はざっくりこんなところです。

詳しくは下記記事を読んでみてください!

SONYのワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM3」の特徴やレビューを徹底解説!
SONYのワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM3」は業界最高峰のノイズキャンセリングを搭載したワイヤレスヘッドホンです。 「WH-1000XM3」はノイズキャンセル機能、音質どちらもずば抜けたワイヤレスヘッドホンです。 「WH-1000XM3」を使用した筆者のレビューを交えて特徴などを徹底解説します。

 

hatta
hatta

集中力や作業効率を上げるためにワイヤレスヘッドホンはとても大切なキーアイテムです。

 

 

WH-1000XM3ノイズキャンセリング解説

ノイズキャンセリング

「WH-1000XM3」はソニー独自開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載しています。
プロセッサーの処理能力が前モデルの4倍となり、ノイズキャンセリング効果をさらに強化されています。
さまざまな環境においてもノイズを気にせず、こだわりの高音質に存分に浸ることができます。

筆者は「WH-1000XM3」に出会うまでは、「AirPos Pro」をメインで使用していました。
ノイズキャンセル機能だけでいうと「AirPods Pro」が一番性能が良く好んでいました。
しかし、家電量販店で初めてSONYのワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM3」を試しに耳にかけてみたんです。
感想は、、、周りの音が全て消えました。聞こえるのは再生されている音楽だけ。
試しに音楽の音量を小さくしても雑音は入ってこず、音楽もクリアに聞こえる。
音楽を停止しても周りの雑音は一切聞こえません。
そして、「WH-1000XM3」のすごいところは、装着時の個人差(髪型、メガネの有無、装着ズレなど)を数秒で検出して、使用するユーザー1人1人に合わせてノイズキャンセリング特性を最適化してくれます!

「AirPods Pro」のノイズキャンセル機能も確かにすごいのですが、周囲の音を消すという点では「WH-1000XM3」の方が一枚上手です!
本当に違和感なく周囲の音を消してくれます。
おそらくですが、密閉型イヤホンとヘッドホンの違いが大きいと思います。

外部音取り込み

「クイックアテンションモード」「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」という2種類の外音取り込みモードがついており、とても素晴らしいです。
特に「クイックアテンションモード」は話しかけられた時に一時的に音楽を小さくしてくれて会話ができるので本当に便利だと感じています。
「クイックアテンションモード」は本体のタッチセンサー部分を手のひらで覆うことで外の音が一時的に聞こえるようになります。
手を離すとまたノイズキャンセリング機能が働くので便利です。
この2種類の外音取り込み機能は本当に重宝しています。

 

hatta
hatta

筆者はWH-1000XM3の「ノイズキャンセリング」だけでも十分買う価値はありすぎると考えています!

 

WH-1000XM3ノイズキャンセリングのレビュー

質の違うノイズキャンセリング

筆者は「WH-1000XM3」のノイズキャンセリングで一番思うのは質の違いです。
ノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホンは他にもあるのですが、大体がノイズキャンセリング機能をONにするとキャンセリング機能によって、ヘッドホン外で発生した音が、「サー」という極小な音へ変化するしているものが多いです。
しかし、「WH-1000XM3」は本当に無音になります。
「サー」というホワイトノイズもなく違和感も全くないノイズキャンセリングは「WH-1000XM3」が初めてでした。

その性能は、家の中など比較的静かな場所で使用すると本当によくわかります。
外など比較的雑音が大きな場所で使用した場合はあまり違和感なく使える商品は多いのですが、家の中など小さな環境音だと誤魔化せないんですよ。
ホワイトノイズになり「サー」と聞こえるんですが、「WH-1000XM3」はそんな事ありません。
完全な無音になります!
これは驚き以外の何物でもありません!

 

周りの音を取り込んでくれる機能

上記で説明したノイズキャンキャンセル機能を使用しているともちろんですが、周りの人の話し声は聞こえません。
腹話術をやっているようにしか見えません。
しかし、「WH-1000XM3」は人と話す時などヘッドホンをいちいち外す必要はありません!
「WH-1000XM3」には「クイックアテンションモード」「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」という2種類の外音取り込みモードがついています。

「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」は一般的な外音取り込みモードです。

そしてもう一つの「クイックアテンションモード」がめちゃくちゃ便利です!

「クイックアテンションモード」は本体のタッチセンサー部分を手のひらで覆うことで外の音が一時的に聞こえるようになります。
もともと外音を消したくてこのヘッドホンをしようしているので外音取り込みモードはめったに使いませんし、それでも聞かなきゃいけない話もあるわけで、そんなときにこの機能は本当に便利でよく使用しています!
筆者的には1日中つけっぱなしでもいいと思うくらいの神アイテムです!
もう、耳に埋め込みたいです。笑

 

飛行機や施設内での使用

飛行機内や商業施設内で使用したのですがかなり効果的でした。
想像以上に周りの音が消えて、確実に音楽や仕事に集中できます。
「WH-1000XM3」のノイズキャンセリング機能をオンにすると別世界に入ったような不思議な感覚を味わえます。

飛行機の中では周りの雑音など一切聞こえなくなり、仕事やKindle Paperwhite(キンドルペーパーホワイト)での読書に没頭できます。
商業施設の中は想像以上にガヤガヤしているので、より一層効果がわかります。
もちろん大切な内容などは「外部音取り込みモード」ですぐに聞けますし、とても便利だと感じています。

そして飛行機の中で便利なのが付属品の「航空機用プラグアダプター」です。
これを使用することにより、機内の音楽サービスや映画などのコンテンツをノイズキャンセリングヘッドホンで楽しめます。
筆者的に地味に嬉しいアイテムです!

 

集中力や作業効率が上がるならこの値段は安い

筆者は「WH-1000XM3」を買って本当に良かったと思います!
最初は「3万円以上するしどうしよ?」と悩んでしたのですが、結果、買って本当に満足しています。
この「WH-1000XM3」をつけることによって得られる効果、「集中力」「作業効率」を値段と比較すると安いという感想です!
これだけ集中力を高めて作業効率を上げることができるなら、大満足です!
「簡単にペイできてしまうな」と思っています。

 

hatta
hatta

「WH-1000XM3」は筆者にとって集中力・作業効率を爆上げする神アイテムです!

 


「WH-1000XM3」はノイズキャンセルだけでも買う価値あり

以上が「WH-1000XM3」のノイズキャンセリングのレビュー&徹底解説でした。
筆者は「WH-1000XM3」のノイズキャンセリングだけでも十分買う価値がありすぎると思います!
集中力や作業効率を高めたい人全てにおすすめしたい神アイテムです!
買って損しないシリーズのナンバー1のヘッドホンですので、是非試してみてください!
作業効率爆上げ決定です!

 

hatta
hatta

「WH-1000XM3」は買って損しない神アイテムです!

 

SONYのワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM3」のメリット&デメリットを徹底解説!

SONYのワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM3」のメリット&デメリットを徹底解説!
SONYのワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM3」は業界最高クラスのノイズキャンセリングを搭載したワイヤレスヘッドホンです。 「WH-1000XM3」はノイズキャンセル機能、音質どちらもずば抜けたワイヤレスヘッドホンです。 「WH-1000XM3」を使用して筆者が感じたメリット&デメリットを徹底解説します!
タイトルとURLをコピーしました