【第2段】ソロキャン用パップテントの選び方とおすすめ3選!登山やツーリングにも!コスパモデルも!

アイテム

パップテントは軽量かつコンパクトが魅力なテントです。
設営パーツが少なく、コンパクトかつ軽量で携帯に優れています。
また、設営撤収が簡単なのも魅力です。
ソロキャンプや登山、ツーリングなどにおすすめのアイテムです。
そこで、ソロキャン用パップテントの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

ソロキャン用パップテントのおすすめは?

ソロキャン用パップテントの選び方は?

 

・パップテントの特徴
・ソロキャン用パップテントの選び方
・ソロキャン用パップテントのおすすめ3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

ソロキャン用パップテントの選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めばソロキャン用パップテントで迷うことはもう無くなります!

 

 

ソロキャン用パップテントの選び方とおすすめ3選!登山やツーリングにも!安いコスパモデルも!

ソロキャン用パップテントの選び方とおすすめ3選!登山やツーリングにも!安いコスパモデルも!
パップテントは軽量かつコンパクトが魅力なテントです。 設営パーツが少なく、コンパクトかつ軽量で携帯に優れています。 また、設営撤収が簡単なのも魅力です。 ソロキャンプや登山、ツーリングなどにおすすめのアイテムです。 そこで、ソロキャン用パップテントの選び方とおすすめ3選を解説します。

ソロキャン用ウッドストーブの選び方とおすすめ3選!キャンプや登山、ツーリングに最適な最強モデル!

ソロキャン用ウッドストーブの選び方とおすすめ3選!キャンプや登山、ツーリングに最適な最強モデル!
ウッドストーブは小枝や枯れ葉など自然にあるものを燃やして燃料とするアイテムです。 燃料は自然にあるものを使うので、燃料を持ち歩かなくても良い点がポイントです。 焚き火で暖をとったり、調理にも使用でき、キャンプや登山ツーリングにもおすすめです。 そこで、ソロキャン用ウッドストーブの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

パップテントの特徴

  • 設営・撤収が簡単
  • コンパクトかつ軽量
  • 携帯性に優れる
  • カスタマイズに優れる

 

パップテントはもともと軍で使用されていたテントです。
任務遂行のため素早い行動を求めら、最低限のパーツで構成されています。
そのため、簡単に設営・撤収が可能です。
設営パーツが少なく、コンパクトかつ軽量で携帯に優れています
ソロキャンプやツーリングなどにもおすすめのアイテムです。
パップテントは基本的にマットとタープポールの2つがメインのセット内容です。
テント内は地面なので、コットやマットなどを使用し自分の好みに合わせてカスタマイズすることが可能です。

 

hatta
hatta

パップテントはもともとは軍用で使用されていたテントで、設営や撤収の簡単さが特徴です!
キャンプや登山、ツーリングなどにおすすめのアイテムです!

 

 

パップテントの選び方

収納サイズと重量を確認

ソロキャンプやバイクや自転車でのツーリングでは収納時のサイズは重要な確認事項です。
サイズが小さければ、小さいほど、積載しやすく荷物の負担を減らすことが出来ます
また、重量も合わせて確認しましょう。

 

耐水圧を確認

耐水圧とは生地が水を弾く能力です。
単位は「mm」で表されます。
アウトドアなどでは天気が変わりやすく重要な確認事項です。
目安としては1500~3000mmの耐水圧を備えていれば大雨でも安心して使用することが出来ます。

 

hatta
hatta

「収納時のサイズと重量」「耐水圧」の2点がソロキャン用パップテントを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

ソロキャン用パップテントのおすすめ3選

上記でパップテントの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!ソロキャン用パップテントには誰よりもうるさい筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したパップテントを3つ紹介します!

 

GeerTop パップテント

GeerTop パップテント」は携帯性に優れたパップテントです。
約42×17×17cm(約1.53kg)と軽量かつコンパクトで携帯性抜群です。
通気性の良い防虫メッシュ蚊帳を備えた2層構造のエントランスでつかいがっても抜群です。
高い防水性も魅力のパップテントです。

 

・収納時のサイズと重量:約42×17×17cm 約1.53kg
・耐水圧:2000mm


 

TOMOUNT パップテント

TOMOUNT パップテント」はコットンとポリエステルの混紡のTC素材、ポリコットン生地を採用したパップテントです。
夏は涼しく、冬は暖かい機能性が特徴です。
また、遮熱性や紫外線カットに優れ、火の粉に強く耐火性もポイントです。
蚊帳の底には210Dのオックスフォード生地を採用しており、耐水圧は最大3000mmと高い耐水性を備えています。
様々な形に変化でき虫よけ対策にも優れているパップテントです。

 

・収納時のサイズと重量:約50×20×20cm 約5.7kg
・耐水圧:2000~3000mm


 

キャプテンスタッグ パップテント トレッカー

キャプテンスタッグ パップテント トレッカー」は快適装備をプラスした本格的なソロベースパップテントです。
タープポールが付属されており、使用すれば大型の前室も作ることができ使い勝手も抜群です。
高い防水性を備えた、長く使用できるパップテントです。

 

・収納時のサイズと重量:約66×15×15cm 約3.8kg
・耐水圧:フロア2000mm、フライ3000mm


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用しているソロキャン用パップテントです!
コンパクトかつ軽量で設営撤収が簡単なので、ソロキャンプやツーリングに相性抜群のアイテムです!

 

 

パップテントはキャンプや登山、ツーリングをさらに楽しくする

以上がソロキャン用パップテントの選び方とおすすめ3選の解説でした。
パップテントは軽量かつコンパクトが魅力なテントです!
設営パーツが少なく、コンパクトかつ軽量で携帯に優れています!
また、設営撤収が簡単なのも魅力です!
ソロキャンプや登山、ツーリングなどにおすすめのアイテムです!

パップテントは実用性に優れてたテントです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

パップテントは実用性が高く設営や撤収がスムーズに行えるもの特徴です!
本格的なキャンプはもちろんツーリングにもおすすめのアイテムです!

 

 

ソロキャン用鉄スキレットの選び方とおすすめ3選!HI対応!シーズニングの方法や洗い方も解説!

ソロキャン用鉄スキレットの選び方とおすすめ3選!HI対応!シーズニングの方法や洗い方も解説!
鉄スキレットは鋳造製の分厚いフライパンです。 熱伝導率がよく美味しく料理が仕上がります。 また、1台で「焼く、煮る、蒸す、揚げる、炒める」など幅広くタフに使えるのが特徴です。 キャンプや登山はもちろん、ツーリングなどにもおすすめです。 そこで、ソロキャン用鉄スキレットの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました