ソロキャン用鉄スキレットの選び方とおすすめ3選!HI対応!シーズニングの方法や洗い方も解説!

アイテム

鉄スキレットは鋳造製の分厚いフライパンです。
熱伝導率がよく美味しく料理が仕上がります。
また、1台で「焼く、煮る、蒸す、揚げる、炒める」など幅広くタフに使えるのが特徴です。
キャンプや登山はもちろん、ツーリングなどにもおすすめです。
そこで、ソロキャン用鉄スキレットの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

鉄スキレットのおすすめは?

鉄スキレットってシーズニングは必要なの?

 

・鉄スキレットの魅力
・ソロキャン用鉄スキレットの選び方
・ソロキャン用鉄スキレットのおすすめ3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

ソロキャン用鉄スキレットの選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めば鉄スキレットで迷うことはもう無くなります!

 

 

ソロキャン用焚き火台の選び方とおすすめ3選!軽量コンパクトモデル!ツーリングにも!

ソロキャン用焚き火台の選び方とおすすめ3選!軽量コンパクトモデル!ツーリングにも!
焚き火台は焚き火はもちろん、BBQや調理などにも使えるアイテムです。焚き火に調理に1台2役の優れものなので、キャンプや登山、ツーリングにもおすすめです。直火NGなキャンプ場も増えてきているので、1つは持っておきたいアイテムです。そこで、ソロ

 

 

鉄スキレットの魅力

  • 熱伝導率が良い
  • 料理が美味しく仕上がる
  • 1台で「焼く、煮る、蒸す、揚げる、炒める」ができる
  • オーブンで使用可能
  • HIで使えるモデルもある
  • 耐久性があり長く使える

 

鉄スキレットは鋳造の鉄製フライパンです。
鋳造製で分厚く、重みがあるのがあり、熱伝導率の良さが特徴です。
熱伝導率が良いので、素早く調理可能で、食材の旨味を逃さないので、美味しく仕上がります。
鉄スキレットは1台で「焼く、煮る、蒸す、揚げる、炒める」などができ、アウトドアで重宝します。
また、HIに対応したモデルやオーブンでも使用可能なので自宅でも使用できます。
鉄スキレットは耐久性があり、丈夫なので、様々なシーンでタフに使える調理器具です。

 

シーズニングの方法と必要性

鋳造製の鉄スキレットは大体のモデルが使用前に「シーズニング」をする必要があります
シーズニングは油(食用油)をなじませ、スキレット自体に油の膜を作る作業のことです。
シーズニングにより、販売時に塗られている錆止めの保護ワックスを取り、仕様後もサビや焦げ付きからスキレットを守る事ができます。
スキレットを長く使用するにはシーズニングが必要不可欠です。
また、シーズニング済や不要のモデルもあるので、面倒な方は確認してみてください。

 

  1. 洗剤を使って洗う(錆び止めに施されているワックスを落とす)
  2. 水を入れ沸騰させる(洗いきれなかった錆止め剤を浮かすため)
  3. スキレットを火にかけ空焼きする(水気がとび、煙が上がるくらいしっかり空焚きする)
  4. 乾いたら油を全体に塗り、再度熱する(取手も忘れずに)
  5. 4を2〜3回繰り返す
  6. くず野菜を入れて炒めて冷ます
  7. 最後にもう一度食用油を塗る

 

鉄スキレットの洗い方

スキレットを使用した後は洗剤は使わず、すぐに熱めのお湯とスポンジで洗うようにしましょう
洗い終わったら、しっかり拭いて、空焚きし水分を飛ばします。
乾いたあとは、油を塗って弱火で5分ほど加熱します。
これでまたすぐに使える状態になります。

アウトドアのようにすぐに洗えない場合は、空焚きをして焦げや汚れ、サビなどを炭化させましょう。
すぐに汚れやサビなどをを落とすことができ、キレイにすることが出来ます。
自宅などでメンテナンスできる状態になったら、洗ったあと空焚きし、軽くオイルを塗って加熱すれば簡単に復活します。

鉄スキレットデリケートと思いがちですが、耐久性抜群なので、ラフに使用できるのも魅力です。

 

hatta
hatta

鉄スキレットはキャンプはもちろん自宅でも使用できる調理アイテムです!
1台で「焼く、煮る、蒸す、揚げる、炒める」をこなせる優れものです!

 

 

ソロキャン用鉄スキレットの選び方

サイズを確認

鉄スキレットは鋳造製で重たいのがネックです。
大きくなモデルになるほど重さは増します。
目的に応じたサイズ選択が重要です。
特にソロキャンプやツーリングなどは1人用の小さめサイズを選ぶようにすると良いです。
目安としては15センチ程度のものがソロキャンプやツーリングにおすすめです。
また、家で使う場合は大きめのサイズでも負担にはなりません。

 

HI対応か確認

家の中でも使えるポイントとしてIHに対応しているかも重要な確認ポイントです。
直火はほぼすべてのモデルで大丈夫ですが、HIは対応していないモデルも多いので注意が必要です。
IHに対応しているモデルなら、家でも気軽に使用することが出来ます

 

hatta
hatta

「サイズ」「HI対応」の2点が鉄スキレットを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

ソロキャン用鉄スキレットのおすすめ3選!

上記でソロキャン用鉄スキレットの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!アウトドアはもちろん家の中でも鉄スキレットをヘビーユーズしている筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したソロキャン用鉄スキレットを3つ紹介します!

 

LODGE ロジッスキレット6 1/2インチ L3SK3

LODGE ロジッスキレット6 1/2インチ L3SK3」はシーズニング不要な鉄スキレットです。
シーズニング済みのため、軽く洗ったらすぐに使用することが出来ます。
サイズは直径約16.5cmとソロキャンプやツーリングに丁度よい大きさです。

 

・サイズ:直径約16.5cm
・HI対応:対応


 

 

和平フレイズ 鉄スキレット ヘビーズ コンボセット HR-7967

和平フレイズ 鉄スキレット ヘビーズ コンボセット HR-7967」は深型、浅型の2つがセットになったスキレットです。
2つ重ねると蓋をすることができるのもポイントです。
また、網がついており、蒸し焼きや燻製など様々な料理をすることが出来ます。

 

・サイズと:直径約15cm
・HI対応:対応


 

 

和平フレイズ 鉄スキレット HR-7966

和平フレイズ 鉄スキレット HR-7966」は直径約18cmのスキレットです。
自宅でもアウトドアでも使い勝手の良いサイズが特徴です。
耐久性も高く、丈夫で蓄熱性の高い鉄鋳物は熱源を選ばずハードに使えます。
調理後も冷めにくいのでそのままテーブルへ出せばアツアツの料理を楽しめます。

 

・サイズ:直径約18cm
・HI対応:対応


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用している鉄スキレットです!
鉄スキレットが1つあるとソロキャンやツーリングなどのアウトドアもちろん、家での料理も更に楽しくなりますよ!

 

 

ソロキャン用鉄スキレットはキャンプやツーリングをより楽しくする

以上がソロキャン用鉄スキレットの選び方とおすすめ3選を解説でした。
鉄スキレットは鋳造製の分厚いフライパンです!
熱伝導率がよく美味しく料理が仕上がります!
また、1台で「焼く、煮る、蒸す、揚げる、炒める」など幅広くタフに使えるのが特徴です!
キャンプや登山はもちろん、ツーリングなどにもおすすめです!

筆者としては一度、肉を焼いてみてほしいです!
特に分厚いステーキ!
火の通り具合とおいしさに驚くはずです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ソロキャン用鉄スキレットはキャンプやツーリングをより楽しくするアイテムです!
料理が更に楽しくなること間違いなしです!

 

 

アウトドア調味料のおすすめ3選!キャンプや登山、ツーリングに!携帯に便利な調味料入れも紹介!

アウトドア調味料のおすすめ3選!キャンプや登山、ツーリングに!携帯に便利な調味料入れも紹介!
アウトドア調味料はキャンプや登山などのアウトドアめしをより楽しめる調味料です。 1つで味付けがバッチリきまり、肉、魚、野菜などどんな食材にも合う万能さが魅力です。 アウトドアシーンはもちろん、ツーリングや自宅でのBBQ、普段の調理などにもおすすめです。
タイトルとURLをコピーしました