【第2段】ジムニーのカーサイドタープの選び方とおすすめ3選!車中泊やキャンプに!簡単設営!

ジムニー

ジムニーにカーサイドタープを装備すると車中泊やキャンプが快適になります。
簡単に設営でき、車中泊やキャンプで居住スペースと就寝スペースを分けることができます。
車と地面に固定するため、安定性が高く、強風時でも安心して使用することができます。
そこで、ジムニーのカーサイドタープの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

ジムニーにおすすめのカーサイドタープは?

ジムニーのカーサイドタープの選び方は?

 

・ジムニーにカーサイドタープを装備するメリット
・ジムニーのカーサイドタープの選び方
・ジムニーにおすすめのカーサイドタープ3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

ジムニーのカーサイドタープの選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めばジムニーのカーサイドタープで迷うことはもうなくなります!

 

 

ジムニーのカーサイドタープの選び方とおすすめ3選!車中泊やキャンプに!リアやサイドに簡単設営!

ジムニーのカーサイドタープの選び方とおすすめ3選!車中泊やキャンプに!リアやサイドに簡単設営!
ジムニーにカーサイドタープを装備すると車中泊やキャンプが快適になります。 簡単に設営でき、車中泊やキャンプで居住スペースと就寝スペースを分けることができます。 車と地面に固定するため、安定性が高く、強風時でも安心して使用することができます。 そこで、ジムニーのカーサイドタープの選び方とおすすめ3選を解説します。

ジムニーのポータブル電源の選び方とおすすめ3選!車中泊やキャンプ、災害の備えに!大容量モデルも

ジムニーのポータブル電源の選び方とおすすめ3選!車中泊やキャンプ、災害の備えに!大容量モデルも
ポータブル電源はジムニーの車中泊をより快適にします。 ポータブル電源はどこへでも持ち運び可能で、電気が使用できない様々なシーンで便利なアイテムです。 どこでもコンセントやUSBなどが使え、車中泊はもちろん、キャンプ、災害時の防災用品としても便利です。 そこで、ジムニーのポータブル電源の選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

ジムニーにカーサイドタープを装備するメリット

  • キャンプや車中泊などが快適になる
  • 居住スペースと就寝スペースを分けることができる
  • 手軽に日陰を作ることができる
  • 安定性が高い
  • 低コスト

 

ジムニーにカーサイドタープを装備する1番のメリットはキャンプや車中泊などが快適になる点です。
車中泊やキャンプで手軽に居住スペースと就寝スペースを分けることができます
また、手軽に日陰スペースを作ることも可能です。

カーサイドタープは車と地面に固定するため安定性が高いのが特徴です。
安定性が高く、強風時にも安心して使用することができます。
安価なモデルも多く比較的低コストで導入できます。
キャンプや車中泊などにおすすめのアイテムです。

 

hatta
hatta

ジムニーにカーサイドタープを装備すると車中泊やキャンプがより快適になります!
手軽に日陰や居住スペースを確保できるため、ジムニーに備えて損はないアイテムです!

 

 

ジムニーのカーサイドタープの選び方

取り付け位置を確認

カーサイドタープはモデルにより取り付け位置が異なります。
車の横に取り付けるモデルや車のリアに取り付けるモデルなど様々です。
自分の使用する状況似合ったモデルを選びましょう。

 

耐水圧を確認

耐水圧とは生地が水を弾く能力です。
単位は「mm」で表されます。
アウトドアでは天気が変わりやすく重要な確認事項です。
目安としては1200~3000mmの耐水圧を備えていれば大雨でも安心して使用することが出来ます。

 

収納時サイズや重量を確認

サイズが小さければ、小さいほど、積載しやすく荷物の負担を減らすことが出来ます
重量も合わせて確認しましょう。
また、キャリアやルーフラックに取り付けるタイプ(備え付けタイプ)もあります。
この場合は取り外して車内に収納はできませんが、取り付けたままにできるので設営撤収が簡単です。

 

hatta
hatta

「取り付け位置」「耐水圧」「収納サイズと重量」の3点がカーサイドタープを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

 

ジムニーにおすすめのカーサイドタープ3選

上記でジムニーのポータブル電源の選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!車中泊やキャンプなどジムニーの車内快適性には誰よりもうるさい筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したジムニー用ポータブル電源を3つ紹介します!

 

ogawa カーサイドタープAL 2332

ogawa カーサイドタープAL 2332」はリアとサイドに取付可能なジムニー用カーサイドタープです。
アウトドアメーカー「ogawa」製で作りもしっかりとしています。
ジムニー純正品との違いはジムニーのロゴが入っているかいないか違いだけです。
リアとサイドに取り付けることができ、リアかサイドに居住空間を作れるので、車内へのアクセスが快適になります。
組み立ても簡単で、取り付けは吸盤で取り付けることができます。
収納時もコンパクトになり、スペースを取らず邪魔になりません。
専用の収納袋が付いてくるのもポイントです。
コンパクトかつ実用性の高いジムニー用カーサイドタープです。

 

・取り付け位置:リア、サイド
・耐水圧:1500mm
・収納サイズと重量:幅約58×横約12×高さ12㎝ 約2.5㎏


 

バーデン ウェイストランダー トノカバー&カーサイドタープ

バーデン ウェイストランダー トノカバー&カーサイドタープ」はカーサイドタープとトノカバーの2通りの使い方ができるジムニー用カーサイドタープです。
カーサイドタープとしての使用はもちろん、ラゲッジの荷物を車外から目隠しするトノカバーとしても使用することができます。
ポリエステルオックス生地で耐水圧、耐久性に優れタフに使用することができます。
カーサイドタープとして使用する際はタープポールなどは別途購入が必要なのでが注意点です。
またトノカバーとして使用する際はM6のアイボルトが必要です。
2WAYで使えてタフで丈夫なジムニー用カーサイドタープです。

 

・取り付け位置:リア、サイド
・耐水圧:2000mm
・収納サイズと重量:幅約45×横10×高さ10㎝ 約1.0㎏


 

ロゴス neos ALカーサイドオーニング-BB

ロゴス neos ALカーサイドオーニング-BB」は大型リビングスペースが特徴のジムニー用カーサイドタープです。
アルミ製フレームの採用で軽量かつ大型リビングスペースで車中泊に最適です。
3方向から出入り可能で手軽に空間をひろげられるので車中泊まもちろん、キャンプなどのアウトドアにもおすすめです。
また、メッシュもあり、使い勝手も抜群です。
素材は難燃性68Dポリエステルタフタを採用しており、破れに強く、耐水性も申し分ないです。
車体連結用吸盤ジョイントが2つセットになっているので、すぐに設営可能です。
車中泊はもちろん、キャンプなど様々なシーンで活躍するジムニー用カーサイドタープです。

 

・取り付け位置:サイド
・耐水圧:1600mm
・収納サイズと重量:幅約63×横20×高さ20㎝ 約3.9㎏


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用しているジムニー用カーサイドタープ3選です!
車中泊やキャンプなどのアウトドアがさらに快適に楽しくなること間違いなしです!

 

 

カーサイドタープはジムニーの利便性を爆上げする

以上がジムニーのカーサイドタープの選び方とおすすめ3選の解説でした。
ジムニーにカーサイドタープを装備すると車中泊やキャンプが快適になります!
簡単に設営でき、車中泊やキャンプで居住スペースと就寝スペースを分けることができます!
車と地面に固定するため、安定性が高く、強風時でも安心して使用することができます!

ジムニーは車中泊やキャンプにも相性抜群の車です!
カーサイドタープは車中泊やキャンプでの利便性を爆上げするアイテムです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

カーサイドタープは間違いなくジムニーの利便性、使い勝手を向上させます!
手軽に設営でき、車中泊やキャンプの利便性、快適性が爆上がりする費用対効果の高いパーツです!

 

 

ジムニーのルーフキャリアの選び方とおすすめ3選!積載量問題を解決!軽量でキャンプや車中泊に!

ジムニーのルーフキャリアの選び方とおすすめ3選!積載量問題を解決!軽量でキャンプや車中泊に!
ルーフキャリアは付けるだけで積載量をアップすることができるパーツです。 ジムニー最大の欠点である荷物が詰めない問題を解決することができます。 キャンプなどのアウトドアや車中泊、ウインタースポーツにも便利です。 また、ドレスアップ効果も期待できます。 そこで、ジムニーのルーフキャリアの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました