「ダナーライト」「マウンテンライト」の特徴と違いを徹底比較!

Danner

アウトドアブーツメーカーダナー(Danner)を代表する2大モデル「ダナーライト」「マウンテンライト」。
ダナーのブーツを購入する際にこの2つのモデルで迷う方も多いのではないのでしょうか?
「ダナーライト」「マウンテンライト」の特徴や違いを徹底解説します!

この記事はこんな人におすすめ!

「ダナーライト」「マウンテンライト」の2つで迷っている

「ダナーライト」「マウンテンライト」の違いを知りたい

「ダナーライト」「マウンテンライト」の特徴は?

 

・「ダナーライト」「マウンテンライト」について
・「ダナーライト」「マウンテンライト」の特徴
・「ダナーライト」「マウンテンライト」の違い

上記3点から解説していきます。

 

hatta
hatta

ダナーの2大モデルを解説していきます!

ダナーブーツにインソールは必要?理由とおすすめのインソールを解説!
アウトドアブーツの代名詞的メーカー「ダナー(DANNER)」。 「ダナーライト」や「マウンテンライト」など、ダナーにはインソール(中敷)が付属していないモデルが多いです。 ダナーブーツにインソールを入れるべきか、インソールを入れた時のメリットやデメリット、おすすめのインソールなどを解説していきます。

 

「ダナーライト」「マウンテンライト」について

ダナーライト(DANNER LIGHT)

世界で初めてゴアテックス(GORE-TEX)を採用し、完全防水を実現したダナーのフラッグシップモデルです。発売から30年以上変わらぬデザインを守っています。
今もなおオレゴン州ポートランドの工場で職人のハンドメイドによるステッチダウン製法で作られています。
完全防水であり、そのハイスペックはアウトドアシーンなどで厳しい環境で発揮されるが、まるでスニーカーのような履き心地でタウンユースでも違和感がないスタイル。
今もなおポートランドの工場でハンドメイドにこだわり特徴的であるダナー式ステッチダウン製法により組み立てられています。
ゴアテックスを使用し防水性を兼ね備えることで、アウトドアにも耐えることができるタフなブーツを製造しています。
アッパーにはコーデュラナイロンを使用することで、軽量化、通気性を向上させることに成功しました。
また、靴底であるソールもビブラムソールを使用し高いポテンシャルを誇るブーツになっています。

マウンテンライト(MOUNTAIN LIGHT)

1960年代、バックパッカー雑誌に「最も登りやすいブーツ」と取り上げられ、バックパッカーの間で絶大な人気を誇ったマウテントレイルの後継モデルです。
誕生から30年以上経過した今もマウンテンブーツの定番として人気があります。
ゴアテックス、ウォータープルーフフルグレインレザーを採用しており、突然のゲリラ豪雨に見舞われても足元は安心です。
ゴアテックスを使用し防水性を兼ね備えることで、アウトドアにも耐えることができるタフなブーツを製造しています。
またブーツ特有のムレの問題も解消しています。
ウォータープルーフフルグレインレザーですべてを覆うことでより堅牢な作りが特徴でづ。
また、靴底であるソールもビブラムソールを使用し高いポテンシャルを誇るブーツになっています。

 

hatta
hatta

「ダナーライト」「マウンテンライト」どちらもダナーの靴づくりに対する熱い情熱が詰まったモデルです。

 

「ダナーライト」「マウンテンライト」の特徴

「ダナーライト」の特徴

  • ゴアテックス(GORE-TEX)
  • コーデュラナイロン
  • フルグレイン防水レザー
  • ビブラムソール

「マウンテンライト」の特徴

  • ゴアテックス(GORE-TEX)
  • フルグレイン防水レザー
  • ビブラムソール(#148)

一番の違いはコーデュラナイロン

2つの一番の違いは「コーデュラナイロン」を使っているか、いないかの違い!
ダナーライトはアッパーにコーデュラナイロンを使用しており、
マウンテンライトはウォータープルーフフルグレインレザーのみ!

 

ゴアテックス(GORE-TEX)

世界で初めてゴアテックス(GORE-TEX)を採用し、完全防水を実現したのがダナーライトです。
その性能は凄まじく、川の中や大雨時、ベチャベチャ雪でも一度も浸水したことがありません。
さらにブーツ特有のムレもほぼありません。

ダナー(DANNER)に搭載!ゴアテックス(GORE-TEX)の特徴や構造を解説!
ダナー(DANNER)ブーツの特徴の一つといえばゴアテックス(GORE-TEX)を採用していること。 世界で初めてダナーライトにゴアテックス(GORE-TEX)を採用することで防水性能を高め、ダナーの完全防水は一躍有名になりました。これが...

 

コーデュラナイロン

化学繊維の特殊なナイロンで、普通のナイロンの7倍の強度があるとされ、軽量ながら耐摩耗性・耐久性とも高い生地です。

ダナーライトに搭載のコーデュラナイロン!その能性を解説!
ダナー(DANNER)のフラッグシップモデル、ダナーライト。 ダナーライトのアッパーに採用されている素材「コーデュラナイロン」。 このコーデュラナイロンはダナーライトの特徴の一つですね! コーデュラナイロンの特徴や性能を徹底解説します!

 

フルグレイン防水レザー

フルグレイン防水レザーという水に強い特殊レザーを使用することにより、
外部からの浸水を防ぎ高い防水性、堅牢さを実現しました。

 

ビブラムソール

安定感を重視したソール(靴底)にはVibram(ビブラム)ソールを採用し高いグリップと耐摩耗性を実現しています。
ブーツの中で初めてこのビブラムソールを採用したのがダナー社です。
ビブラムソールのおかげで「耐久性」「軽量性」「機能性」「安全性」を実現しました。

ダナー(DANNER)搭載のビブラム(Vibram)ソール!その機能性!
1932年にアメリカで創業されたダナー(DANNER)は、アウトドアシューズのブランドとして有名です。 高い機能性とおしゃれなデザイン性を持ち合わせており、アウトドアだけでなくタウンユースでも人気が高いです。 ダナー(DANNER)の機...




 

hatta
hatta

二つのモデルの違いは実はそこまで多くはなく、「コーデュラナイロン」と「見た目」だけです!

 

「ダナーライト」「マウンテンライト」の違い

ダナーライトマウンテンライト
製造国アメリカアメリカ
製法ダナー式ステッチダウンダナー式ステッチダウン
ゴアテックス搭載搭載
レザーフルグレイン防水レザーフルグレイン防水レザー
靴紐通し上3つフック上2つフック
タンの構造1枚3枚重ね(Z折り)
靴紐の太さ太い細い
ナイロンコーデュラ1000Dナイロンなし
足首外側のタグMADE IN USAなし
インソールなしなし
ソールVIBRAM KLETTERLIFT(#148)VIBRAM KLETTERLIFT(#148)
筒丈(ハイト)約12.5cm約11.0cm
つま先シャープ丸い
カウンター太い細い
価格¥55,000+税¥55,000+税




どちらが好み?ダナーライト・ダナーマウンテンライト徹底比較!
ダナー(DANNER)といえばアウトドアブーツの代名詞的存在です。 ダナーの中でも「ダナーライト」「マウンテンライト」は2大人気のモデルです。 そんなダナーのフラッグシップモデル2つを徹底比較します! hatta ...

 

hatta
hatta

並べてみるとディティールの違いが判りますね!

 

ダナー(Danner)を代表する2大モデル

以上が「ダナーライト」「マウンテンライト」の特徴や違いの解説でした。
どちらのモデルもダナーの靴づくりに対する熱い情熱が詰まった一足です。
アウトドアやタウンユースでも頼りになる一足です。
自分だけの一足になるはずですので、是非履いてみてください!

全天候型ブーツ、ダナーライトが一足あればレインブーツなんていらない!
アウトドアブーツの代名詞的メーカーダナー(DANNER)。 ダナー(DANNER)のフラッグシップモデルといえば「ダナーライト」ですね。 梅雨時期にはレインブーツが活躍するんですが、歩きづらいし、デザインもイマイチだし、不満があると思い...

 

hatta
hatta

アウトドアやタウンユースなどどんなシーンでも活躍するモデルです!

タイトルとURLをコピーしました