カビや型崩れからブーツを守る!ワークブーツの保管方法

お手入れ

暖かくなるこの時期はスニーカーやサンダルを履く機会が増えますね。
夏の間、ブーツは出番が少なくなります。
そこでブーツを下駄箱で何気なく保存していると、

「カビが生えてしまった」

「型崩れをしてしまった」

ということになりがちです。

そうならないためにもしっかりと保管方法を見直しましょう!

この記事では、

・ブーツにとって最適な保管場所
・ブーツを保管する際に使用するアイテム

上記2点を集中的に解説します。

大切なワークブーツをカビや型崩れから守る方法を解説します。

 

hatta
hatta

しっかりと保管することも立派なメンテナンスです。

 

ブーツや革靴、スニーカーのカビの除去方法はこちらの記事を読んでみてください!

ブーツや革靴、スニーカーをカビから守る!予防法やカビの落とし方!
暖かくなるこの時期はスニーカーやサンダルを履く機会が増えますね。 どうしても夏はブーツや革靴をを履く機会が少なくなります。 夏の間ブーツや革靴を下駄箱にしまっておくとカビだらけになっていることも少なくありません! この記事では、 ...

ブーツがカビまみれに?

汚れはすぐに落とす

汚れはカビが繁殖しやすくなる原因になります。
その他に悪臭や色のくすみなど様々な傷みの原因になります。
汚れが靴に固着すると汚れを落とす際に強くこすり革そのものを傷をつけることにもなります。
一回履いたら必ずすぐに馬毛ブラシでブラッシングすることを習慣づけましょう!

湿気はカビや悪臭の原因に

足はコップ一杯分の汗をかくと言われています。
ブーツや革靴はスニーカーやサンダルに比べて湿気がたまりやすいです。
汗や雨でブーツの内外に湿気がたまりやすいです。
おまけにオイルが含まれている革ならなおさらカビの発生は高くなります!
ブーツを脱いだら靴の中に乾燥剤を入れることをおすすめします。
百均(百円均一)でも靴の中に入れる靴専用の乾燥材が売っているのでおすすめです。
靴用の乾燥材を入れたまま一日おいておくとよいです。

 

hatta
hatta

汚れはカビの栄養源になり、湿気はカビを蔵相くさせます!

 

室内保管が最高の保管方法

部屋の中での保存がベスト

ブーツをしまう場所は下駄箱ではなく部屋の中がベストです!
なぜかというと、玄関にある下駄箱は湿度が高くなりやすくカビの温床になりやすいです。
部屋の中は玄関に比べて湿度が適正に管理しやすく、室温も常温が保たれているのでカビが発生しずらいです。
なにより、換気ができており空気が動いています。空気の流れはカビ予防にとても重要です。
大切なブーツが部屋のインテリアになるので最高ですね!

どうしても下駄箱で保管する場合

下駄箱しか保管する場所がない場合はとにかく湿度のコントロールが大切です。
下駄箱用乾燥材を入れ、毎日下駄箱の扉を開けて空気の入れ替えをすることが望ましいです。
その他には、靴をギュウギュウに詰め込まないことです。
密度が高いと湿度が高くなりやすく、空気がこもってしまいます。
大切なブーツや靴を保管するのに下駄箱はあまりおすすめしません。

 

hatta
hatta

靴やブーツのことを考えるなら、下駄箱の戸を取り払ってもよいです!

 

シューキーパー(シューツリー)で型崩れを防ぐ

型崩れを予防する

ブーツや靴を保管する際に型崩れが起きてしまう場合があります。
そんなときのために、「シューキーパー(シューツリー)」を靴の中に入れてあげるのがよいです。
シューキーパー(シューツリー)は靴の型崩れを防いでくれます

木製のシューキーパー

シューキーパーは木製が望ましいです。
木製のシューキーパーはブーツや靴内部の湿度を適度にコントロールしてくれます。
カビ予防にもなります。

シューキーパー(シューツリー)はサイズが大切

シューキーパー(シューツリー)は靴のサイズと合っていないと、かえって型崩れを起こしてしまいます。
必ずブーツや靴のサイズに合ったシューキーパー(シューツリー)を入れてましょう。

 

hatta
hatta

正しいサイズのシューキーパーは靴の骨格を正してくれます!

 

カビを発生させないのが一番の予防策!

大切なブーツや革靴をカビや型崩れなどからしっかり守りましょう!、
部屋に保存するとディスプレイとして存在感を発揮してくれるはずです!
大好きなアイテムがいつでも目に入ると気分も上がります。
筆者も部屋の中にディスプレイしながら保管しているのですが、最高に気分上がります。
お気に入りのブーツや革靴を長く使うためにも、正しい保管方法を実践してみてください。

ブーツや革靴、スニーカーのカビの除去方法はこちらの記事を読んでみてください!

ブーツや革靴、スニーカーをカビから守る!予防法やカビの落とし方!
暖かくなるこの時期はスニーカーやサンダルを履く機会が増えますね。 どうしても夏はブーツや革靴をを履く機会が少なくなります。 夏の間ブーツや革靴を下駄箱にしまっておくとカビだらけになっていることも少なくありません! この記事では、 ...

ブーツのお手入れに関しては下記記事を読んでみてください!

【保存版】簡単!レッドウイングのおすすめお手入れ手順!
オイルドレザーブーツのお手入れ(メンテナンス)方法を紹介します! 今回は、レッドウイング(RED WING)のブーツを例に解説します。 ワークブーツはメンテナンス次第で一生履けるブーツです。 大事なブーツを綺麗に長持ちさせるメンテナン...
ハイスペックを保つ!ダナー(DANNER)ブーツのおすすめのお手入れ方法!
ダナー(DANNER)といえば誰もが知ってるアウトドアブーツブランドの代名詞的存在です。 ダナーライトやマウンテンライトはダナー(DANNER)の中でも特に有名なモデルですね。 そんなダナーブーツはメンテナンス(お手入れ)次第で一生の相...
簡単!スエード・ヌバックタイプのブーツお手入れ手順!【保存版】
今回は、スエードやヌバックなどの起毛革タイプのブーツのお手入れ方法を紹介します! メンテナンス次第で一生履けるブーツです。 hatta スエードブーツを綺麗に長持ちさせるメンテナンス術を教えます! ...

 

hatta
hatta

カビを発生させない方法が一番の予防策です!

タイトルとURLをコピーしました