単眼鏡の選び方とおすすめ5選!コンパクトで高性能!アウトドアや美術館などに!

アウトドア

単眼鏡はアウトドアはもちろんスポーツ観戦やライブ、美術館などで役立つ便利なアイテムです。
双眼鏡と比べ実用性や携帯性の高さから注目されています。
野生動物や野鳥などの観察や美術館や博物館でもの使用にも向いています。
そこで、単眼鏡の選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

単眼鏡のおすすめは?

単眼鏡の選び方は?

 

・単眼鏡とは
・単眼鏡の選び方
・単眼鏡のおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

単眼鏡のおすすめ5選を解説します!
これを読めば単眼鏡で迷うことはもうなくなります!

 

 

CB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ5選!コンパクトで持ち運びが便利

CB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ5選!登山やキャンプに!コスパがよく料理にも!
シングルバーナーはガス缶に装着するだけで、お湯を沸かしたり、簡単な料理ができる便利なアイテム(ガジェット)です。 携帯性に優れ、1つ持っておくとキャンプやアウトドアはもちろん、災害時にも役立ちます。 そこで、入手しやすく、手軽に使用できるCB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

単眼鏡とは

単眼鏡と双眼鏡は筒の数が違い、この相違点により見え方にも大きな違いが生じます。
両目で見る双眼鏡は、立体感や距離感をつみやすいですが、片目で見る単眼鏡は平面的で立体感や距離感はほとんどありません。

これは、一見デメリットのようですが、双眼鏡と異なる単眼鏡ならではの使い方と目的があります。
特に、単眼鏡の大きなメリットとなるのは、双眼鏡と比べて携行性に優れている点です。
また、近いモノをしっかり見る際に、双眼鏡よりピントの合う距離が近いのも大きなメリットといえます。

 

hatta
hatta

単眼鏡は双眼鏡と比べコンパクト軽量で携帯性に優れています!
アウトドアはもちろん、美術館のような屋内での使用にも向いています!

 

 

単眼鏡の選び方

倍率の確認

単眼鏡は、倍率が高いほど遠くのモノが大きく見えます。
しかし、高倍率になるほど視野は狭くなり、手ブレで視界は乱れやすくなるのがデメリットです。
その対策として手ブレ補正機構を搭載したモデルもあり、倍率が高くても視界のブレを軽減できます。

ただし、手ブレ補正機構のある単眼鏡は大きく重量も増えるため、携行性を重要視する場合は補正機構のない通常モデルがおすすめ。
倍率は4~10倍程度のモノがおすすめです。

 

最短合焦距離の確認

単眼鏡の大きな魅力として、対象物を詳細に鑑賞できることが挙げられます。
たとえば、美術館や博物館で展示物を見る際は、肉眼よりはるかに拡大して鑑賞可能です。

そこで、ピントを合わせる「最短合焦距離」は、単眼鏡を選ぶ際の重要なポイントです。
これは、ピントが合う最短距離を表し、最短合焦距離が0.6mという表示は「60cmからピントが合わせられる」という意味です。

 

サイズと重量の確認

単眼鏡のメリットは軽量で携帯に優れている点です。
そのため単眼鏡のサイズと重量は重要なポイントです。
片手で使用するシーンも多くあるので、できるだけ軽いモデルがおすすめです。

 

hatta
hatta

「倍率」「最短合焦距離」「サイズと重量」の3点が単眼鏡を選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

単眼鏡のおすすめ5選

上記で単眼鏡の選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!アウトドアやスポーツ観戦で単眼鏡をヘビーユーズしている筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選した単眼鏡を5つ紹介します!

 

Vixen 単眼鏡 マルチモノキュラー 4×12 1105-06

Vixen 単眼鏡 マルチモノキュラー 4×12 1105-06」約20cmの近距離から焦点が合わせられる単眼鏡です。
対物と接眼の両レンズに施されたマルチコーティングにより、明るい視野とくっきりしたコントラストを実現しています。

本体は、高さ58×幅31×厚さ33mmと手にすっぽり収まるコンパクトなサイズで、ポケットの出し入れも簡単です。
別売のルーペスタンドを使えば、高倍率ルーペとしても使用できます。

アイレリーフは15mmと、メガネをかけたままでも使いやすい設計です。
長時間の使用でも目が疲れにくく、美術鑑賞におすすめしたい単眼鏡です。

 

・倍率:4、6、8倍(モデル選択可能)
・最短合焦距離:約20cm
・サイズと重量:58x31x33mm 60g

 

 

Vixen 単眼鏡 アルテスモノキュラー HR6×12 11485-6

Vixen 単眼鏡 アルテスモノキュラー HR6×12 11485-6」はクリアな視野が得られる単眼鏡です。
色収差が非常に少ないEDレンズをプリズムに採用し、視野の隅々までロスのない光を確保できます。
レンズやプリズムに特殊なコーティングを施し、色の滲みが極めて少ないクリアな視界が得られます。

本体サイズは、高さ35×幅35×厚さ102mmとスマートで、ポケットにすっぽり収まります。
17.5mmのアイレリーフで、メガネをかけたままでも広い視野を楽しめる単眼鏡です。

 

・倍率:6倍
・最短合焦距離:約20cm
・サイズと重量:35x35x102mm 147g

 

 

SIGHTRON 単眼鏡 ダハプリズム 7倍28mm ミリタリー TAC-M728 SIB63-0476

SIGHTRON 単眼鏡 ダハプリズム 7倍28mm ミリタリー TAC-M728 SIB63-0476」は対象物までの距離が測定可能な単眼鏡です。
光学性能はもちろん、耐衝撃性や完全防水機能などのミリタリースペックを備えているのが特徴です。
アルミ製のモノコックボディは、全面ラバーコートが施されキズが付きにくく耐久性も優れています。

対象物の大きさが判明していれば、内蔵された100/100ミルスケールの目盛りでそこまでの概算距離も算出可能です。
最短合焦距離は約5mと、アウトドアや水辺のスポーツ観戦におすすめしたい単眼鏡です。

 

・倍率:7倍
・最短合焦距離:約20cm
・サイズと重量:39x39x120mm 145g

 

 

SIGHTRON 暗視スコープ ナイトゲイザー SP868A

SIGHTRON 暗視スコープ ナイトゲイザー SP868A」は手のひらサイズで、暗視スコープタイプの単眼鏡です。
本体サイズは、長さ148×高さ118×幅58mmとコンパクトですが、デジタルズームを使用すれば最大倍率は4倍になります。

高輝度の赤外線照射領域は約100mで、暗闇での野生動物観察やセキュリティ活動に役立ちます。
また、モノクロ映像の動画も撮影可能です。
撮影したデータは、内蔵したマイクロSDカードに保存可能と、汎用性の高い単眼鏡です。

 

・倍率:4倍
・最短合焦距離:約3m
・サイズと重量:140x118x58mm 246g

 

 

Kenko 単眼鏡 7×18 対物フォーカスタイプ 100882

Kenko 単眼鏡 7×18 対物フォーカスタイプ 100882」は目に当てたままピントを合わせられる単眼鏡です。
接眼部のゴム製アイカップは顔にフィットし、目に当てたままピントリングを調整できます。
本体サイズは、長さ92×幅36×厚さ34mmとポケットに入るほどコンパクトです。
倍率は7倍ながら、重量は約50gと軽く携行性に優れている点も魅力です。

最短合焦距離は約3mなので、アウトドアやスポーツ観戦に適しています。
明るいレンズを採用し視界もクリアなので、単眼鏡初心者にもおすすめしたいアイテムです。

・倍率:7倍
・最短合焦距離:約3m
・サイズと重量:92x36x34mm 50g

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用している単眼鏡です!
アウトドアやライブスポーツ観戦で活躍間違いなしです!

 

 

単眼鏡はアウトドアや美術館、スポーツ観戦などのに最適

以上が単眼鏡の選び方とおすすめ5選の解説でした。
単眼鏡はアウトドアはもちろんスポーツ観戦やライブ、美術館などで役立つ便利なアイテムです!
小型軽量で携帯性に優れているので、野生動物や野鳥などの観察や美術館や博物館でもの使用にも向いています!
是非、アウトドアや美術館などで使用してみてください。

 

hatta
hatta

アウトドアで野鳥の観察や美術館での使用に単眼鏡は大活躍のアイテムです!
単眼鏡のコンパクトさになれると双眼鏡には戻れません!

 

ウッドストーブの選び方とおすすめ5選!焚き火も調理もこれ一つ!

ウッドストーブの選び方とおすすめ5選!焚き火も調理もこれ一つ!
ウッドストーブは小枝やまつぼっくりなどの自然素材を燃料にして火が起こせるアイテムです。 グリルとしても使用でき、簡単な調理もできるとアウトドアやキャンプでも注目されています。 そこで、ウッドストーブの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました