【第2段】ジムニーのポータブル電源の選び方とおすすめ3選!車中泊やキャンプ、防災!大容量モデルも

ジムニー

ポータブル電源はジムニーの車中泊をより快適にします。
ポータブル電源はどこへでも持ち運び可能で、電気が使用できない様々なシーンで便利なアイテムです。
どこでもコンセントやUSBなどが使え、車中泊はもちろん、キャンプ、災害時の防災用品としても便利です。
そこで、ジムニーのポータブル電源の選び方とおすすめ3選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

ジムニーにおすすめのポータブル電源は?

ジムニーのポータブル電源の選び方は?

 

・ジムニーにポータブル電源を装備するメリット
・ジムニーのポータブル電源の選び方
・ジムニーにおすすめのポータブル電源3選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

ジムニーのポータブル電源の選び方とおすすめ3選を解説します!
これを読めばジムニーのポータブル電源で迷うことはもうなくなります!

 

 

ジムニーのポータブル電源の選び方とおすすめ3選!車中泊やキャンプ、災害の備えに!大容量モデルも

ジムニーのポータブル電源の選び方とおすすめ3選!車中泊やキャンプ、災害の備えに!大容量モデルも
ポータブル電源はジムニーの車中泊をより快適にします。 ポータブル電源はどこへでも持ち運び可能で、電気が使用できない様々なシーンで便利なアイテムです。 どこでもコンセントやUSBなどが使え、車中泊はもちろん、キャンプ、災害時の防災用品としても便利です。 そこで、ジムニーのポータブル電源の選び方とおすすめ3選を解説します。

ジムニーの車内テーブルの選び方とおすすめ3選!車中泊やキャンプに!選べるリア、フロント、助手席!

ジムニーの車内テーブルの選び方とおすすめ3選!車中泊やキャンプに!選べるリア、フロント、助手席!
ジムニーは街乗りはもちろん、車中泊やキャンプなど様々なシーンで使用できるポテンシャルの高い車です。 車内にテーブルがあればより利便性がアップします。 食事や休憩、作業などはもちろん、キャンプや車中泊でも便利です。 専用品も多く取り付けも簡単です。 そこで、ジムニーの車内テーブルの選び方とおすすめ3選を解説します。

 

 

ジムニーにポータブル電源を装備するメリット

  • 車中泊が快適になる
  • キャンプやアウトドアでも家電が使える
  • 災害時の備えにも最適

 

ジムニーにポータブル電源を装備する1番のメリットは車中泊が快適になる点です。
ポータブル電源は大容量のバッテリーが内蔵されており、電気の使用できない状況でも様々な家電を充電または使用することが出来ます。
ACコンセントやUSB-A、USB-C、シガーソケットなど様々な出力端子が備わっています。
どこでもパソコンや暖房器具など家電製品を使用できるので、車中泊はもちろん、キャンプなどのアウトドアなどでも装備しておくと便利なアイテムです。

ポータブル電源はどこへでも持ち運びすることができます。
スマホやタブレットの充電はもちろん、暖房器具の使用もすることができます。
防災の備えとしてもおすすめのアイテムです。

 

hatta
hatta

ポータブル電源はジムニーでの車中泊をより快適にすることができます!
スマホやタブレットの充電はもちろん、様々な家電が使用でき、車中泊やキャンプなどでも便利です!

 

 

ジムニーのポータブル電源の選び方

容量を確認

製品によりバッテリーの容量は異なります。
バッテリーは「Wh(ワットアワー)」という単位で表されます
バッテリー容量が大きほどたくさん電気と使用することが出来ます。
しかし、容量が大きほど本体が大きく、重くなるので注意が必要です。
大容量のほうが良いのは当たり前ですが、持ち運びがネックになってきます。

目安として

  • 1泊のキャンプや車中泊:400Wh
  • 2泊以上のキャンプや車中泊:600wh
  • 防災の備えとして:600Wh以上

上記を基準として考えると良いです。
ちなみに444Wh(120,000mAh)はiPhone8だと約75台分満充電可能です。

 

出力端子を確認

製品によって搭載している出力端子が異なります。
ACコンセントやUSB-A、USB-C、シガーソケットなど様々な出力端子があるので、自分の使用したい出力端子があるモデルを選ぶことが大切です。

 

防水性能の有無を確認

製品によっては防水機能を備えたモデルもあります。
アウトドアなどで雨などで製品が濡れてしまっても安心です。

 

hatta
hatta

「容量」「出力端子」「防水性能の有無」の3点がジムニーのポータブル電源を選ぶ際に重要なポイントです!

 

ジムニーにおすすめのポータブル電源3選

上記でジムニーのポータブル電源の選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!車中泊やキャンプなどジムニーの車内快適性には誰よりもうるさい筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したジムニー用ポータブル電源を3つ紹介します!

 

Anker PowerHouse II 400

Anker PowerHouse II 400」はコンパクト設計で使いやすいジムニー用ポータブル電源です。
容量は389Wh、重さは約4.6kgでどこへでも持ち運びしやすく使いやすい設計が特徴です。
キャンプや車中泊でも使いやすく、価格も比較的安価でコスパにも優れています。
また、オプションで太陽光(ソーラー)充電などもラインナップされています。
キャンプや車中泊はもちろん普段使いにも便利なジムニー用ポータブル電源です。

 

・容量:389h(108,000mAh)
・出力端子:USB-Aポート×3・USB-Cポート×1・ACポート×1・DCポート×2・シガーソケット×1
・防水性能の有無:無


 

EcoFlow ポータブル電源 RIVER Pro 720Wh

EcoFlow ポータブル電源 RIVER Pro 720Wh」は大容量でパワフルなジムニー用ポータブル電源です。
容量は720Wh、最大出力は1200Wと高出力なのが特徴です。
高出力で様々な家電が使用でき、車中泊やキャンプはもちろん、防災の備えてとしてもおすすめです。
また、専用アプリで遠隔操作が可能で電池残量の確認やAC・DCの作動や停止などが可能です。
LEDライトの強弱、また注意喚起用のSOS点滅機能をコントロールなどもすることができます。
専用のエクストラバッテリーをつけることによって容量を720Whから1440Whへ増量することも可能です。
キャンプや車中泊、防災など様々なシーンにおすすめのジムニー用ポータブルバッテリーです。

 

・容量:720Wh(194,595mAh)
・出力端子:USB-Aポート×3・USB-Cポート×1・ACポート×3・DCポート×2・シガーソケット×1
・防水性能の有無:無


 

Anker PowerHouse II 800

Anker PowerHouse II 800」は大容量かつ軽量なジムニー用ポータブルバッテリーです。
容量は778Whで、重量は約8.3kgなのでどこへでも持ち運びしやすいのが特徴です。
大容量なので、車中泊やキャンプはもちろん防災用品としても便利です。
また、オプションで太陽光(ソーラー)充電や車から充電できるキットもあり、使い勝手抜群です。
耐衝撃性にも優れており、被災時や落下時の予期せぬ衝撃からもバッテリーを守ります。
オールラウンドに活躍するジムニー用ポータブル電源です

 

・容量:778Wh(216,000mAh)
・出力端子:USB-Aポート×4・USB-Cポート×2・ACポート×2・DCポート×2・シガーソケット×1
・防水性能の有無:無


 

 

hatta
hatta

上記3点が実際に筆者が使用しているジムニー用ポータブル電源です!
車中泊やキャンプなどのアウトドア、災害時の防災用品として1つ備えておくと心強いアイテムです!

 

 

ポータブル電源はジムニーに絶対装備したいアイテム

以上がジムニーのポータブル電源の選び方とおすすめ3選の解説でした。
ポータブル電源はジムニーの車中泊をより快適にします!
ポータブル電源はどこへでも持ち運び可能で、電気が使用できない様々なシーンで便利なアイテムです!
どこでもコンセントやUSBなどが使え、車中泊はもちろん、キャンプ、災害時の防災用品としても便利です!

ジムニーは車中泊やキャンプにも相性抜群の車です!
ポータブル電源はどこへでも持ち運びでき、どこでも家電が使用でいます!
車中泊はもちろんキャンプなどのアウトドアや防災用品としても便利なアイテムです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ポータブル電源は間違いなくジムニーの利便性、使い勝手を向上させます!
装備するだけで、利便性、快適性が爆上がりする費用対効果の高いアイテムです!

 

 

ジムニーのサンシェードの選び方とおすすめ3選!車中泊やキャンプに!取付簡単でプライバシーを守る!

ジムニーのサンシェードの選び方とおすすめ3選!車中泊やキャンプに!取付簡単でプライバシーを守る!
サンシェードはジムニーの車内を快適にしプライバシーを守ることができます。 窓を覆い隠し、車内のプライベート空間を守ることができます。 紫外線をカットし、夏や冬も車内を快適に保つこともできます。 エアコン効率がアップし、車中泊やキャンプにも最適です。 そこで、ジムニーのサンシェードの選び方とおすすめ3選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました