ウッドストーブの選び方とおすすめ5選!焚き火も調理もこれ一つ!

アウトドア

ウッドストーブは小枝やまつぼっくりなどの自然素材を燃料にして火が起こせるアイテムです。
グリルとしても使用でき、簡単な調理もできるとアウトドアやキャンプでも注目されています。
そこで、ウッドストーブの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

ウッドストーブのおすすめは?

ウッドストーブの選び方は?

 

・ウッドストーブとは
・ウッドストーブの選び方は
・ウッドストーブのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

ウッドストーブの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばウッドストーブで迷うことはもうなくなります!

 

 

CB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ5選!コンパクトで持ち運びが便利

CB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ5選!登山やキャンプに!コスパがよく料理にも!
シングルバーナーはガス缶に装着するだけで、お湯を沸かしたり、簡単な料理ができる便利なアイテム(ガジェット)です。 携帯性に優れ、1つ持っておくとキャンプやアウトドアはもちろん、災害時にも役立ちます。 そこで、入手しやすく、手軽に使用できるCB缶用シングルバーナーの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

ウッドストーブとは

ウッドストーブは小枝や木の葉を燃料とします。
小型で気軽に使えることから、ここ数年で注目を集めている人気のアイテムです。

グリルとしても使用でき、コーヒーや簡単な料理なども作れる多機能さが魅力です。
特にソロキャンプを頻繁にする方に適しています。

 

ウッドストーブの構造

ウッドストーブは、二重構造によって「二次燃焼」を起こして強い火力を発揮します。
二次燃焼とは、燃やした燃料から出た煙を燃やして燃料を無駄なく効率化することです。

また、二重構造により本体があたためられることで、空気が上昇して勢いのある火力を実現しているのがポイントです。
少ない燃料でも強い火力を発揮できる構造です。

 

hatta
hatta

ウッドストーブは焚き火もグリルとしても使用できる便利なアイテムです!

 

 

ウッドストーブの選び方

形状を確認

円柱型

円柱型は五徳付きのモノが多く、二重構造になっているタイプがほとんどです。
二次燃料を生み出して最後まで燃料を燃やせます。

 

箱型

箱型は、折りたたみが可能で持ち運びに便利なのが特徴です。
また、太い枝や薪などを入れられるタイプもあり、強い火力が期待できます。
一般的に円柱型のウッドストーブがほとんどですが、持ち運びの際にかさばるデメリットもあるため、目的に合わせて選択することが大切です。

 

素材を確認

ウッドストーブは主にチタン製とステンレス製があります。
どちらも錆びにくい素材なので、錆びを気にすることなく海辺でのキャンプや釣りに使用可能です。

なかでもチタンは価格が高めですが、軽量で持ち運びに便利なところが魅力です。
一方でステンレスは重量が重めですが、価格は比較的リーズナブルです。

そのほか、鉄で作られたウッドストーブもありますが、鉄は錆びやすく手入れにも手間がかかります。
持ち運びやすさを重視するなら、チタン製がおすすめです。

 

hatta
hatta

「形状」「素材」の2点がウッドストーブを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

ウッドストーブのおすすめ5選

上記でウッドストーブの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!ウッドストーブでの調理を何より楽しんでいる筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したウッドストーブを5つ紹介します!

 

Solo Stove キャンプファイヤー SSCF

Solo Stove キャンプファイヤー SSCF」は直径17.8×高さ23.5cmのファミリー向けウッドストーブです。
2重構造で燃焼効率が高く、自然素材からでも簡単に燃焼できます。
約950mlの水であれば、2~4分ほどで沸かすことが可能です。
3本足の五徳を搭載しているため、調理器具も安定して置けます。

材質はステンレスを採用し、丈夫でサビにくいのが魅力で、重量も約998gと軽量です。
収納時は高さ約17cmまでコンパクトになります。
収納袋を付属し、保管や持ち運びに便利なのも嬉しいポイントです。
ソロストーブの「2ポットセット」と組み合わせれば、スタッキングしての持ち運びに対応します。

本製品は調理用としてだけでなく、名前の通りキャンプファイヤーを楽しむことも可能です。
高い火力を必要とする方におすすめのモデルです。

 

・形状:円柱型
・素材:ステンレス

 

 

Solo Stove タイタン SST

Solo Stove タイタン SST」は直径13×高さ20cmと中型サイズのウッドストーブです。
ソロストーブの「キャンプファイヤー」よりも一回り小さいモデルです。
収納時は、高さが約14cmまで小さくなります。

本製品は円柱型の2重構造で、燃焼効率は良好です。
小枝などの自然素材から簡単に燃焼でき、煙が少ないのも特徴です。
約950mlの水であれば、4~6分で沸きます。
天端には五徳が付いているのも嬉しいポイントです。

材質は、上質なステンレスを採用しており、堅牢性や耐食性に優れています。
重量は468gと軽量です。
付属のナイロン製収納袋を利用すれば、多少の汚れも気にせず持ち運べます。
別売りの「ポット1800」のなかに収納することも可能です。

本製品はソロキャンプで高い火力を求める方におすすめです。
少人数でのキャンプで手ごろなサイズのモノを必要とする方にも適しています。

 

・形状:円柱型
・素材:ステンレス

 

 

VARGO チタニウム ヘキサゴンウッドストーブ T-415

VARGO チタニウム ヘキサゴンウッドストーブ T-415」はソロキャンプで使いやすい、小型のヘキサゴン形状ウッドストーブです。
折りたたみが可能な点が本製品の魅力です。
使用時のサイズは、幅12.7×奥行12.7×高さ10.2cmほどで、収納時は長さ14.5×厚さ0.7cmまでコンパクトになります。

本製品は、パーツが一体型になっているため、組立が簡単です。
穴が空いている板に出っ張りを差し込むことで、設置時の安定性も実現しています。

付属の専用ケースは余裕をもったサイズで、収納しやすい設計です。
また、汚れを気にせずに持ち運べるのもポイントでです。
本体の材質にはチタンを採用し、重量は116gと軽量です。

台座部分は地面と少し距離が離れており、底から空気を供給しやすくなっています。
ウッドストーブとしてだけでなく、アルコールストーブの風防や五徳台としても使えます。

 

・形状:箱型
・素材:チタン

 

 

SOTO ミニ焚き火台 ヘキサ ST-942

SOTO ミニ焚き火台 ヘキサ ST-942」はポケットサイズに収納できるウッドストーブです。
本体サイズは幅15.5×奥行15.5×高さ7.9cm、収納時のサイズは幅14×奥行14×厚み0.5cmです。
収納時は付属の専用ポーチを使うことで、気軽に保管や持ち運びができます。

本製品は、名前の通り6角形の形状です。
燃料を入れるスペースが広く設計されているほか、調理器具などをセットした際に安定感があります。
少し大きめの鍋を載せることも可能です。
別途網を用意して、炙り料理を楽しむのにも使えます。

 

・形状:箱型
・素材:ステンレス

 

 

LIXADA ウッドストーブ チタン製 Lサイズ B07D34S7WC

LIXADA ウッドストーブ チタン製 Lサイズ B07D34S7WC」は優れた性能を備えたウッドストーブです。
チタン製なので、高い耐食性と軽量性を実現しています。
本体サイズは幅153×奥行153×高さ180mmと大きめですが、重量は約290gと軽量で、ソロや二人でのキャンプにおすすめです。

本体底部には多くの空気穴が設けてあり、燃焼を促進します。
正面のパネルは大きく口が空いており、燃料を追加するのに便利です。
組立もパネル同士のツメを引っかけるだけとで簡単です。
分解して付属の収納袋に入れれば、コンパクトにまとめて持ち運べます。

 

・形状:箱型
・素材:チタン

 

 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているウッドストーブです!
自然の中で1度ウッドストーブを使用するとトリコになりますよ!

 

 

ウッドストーブがあれば焚き火も調理もこれ一つ

以上がウッドストーブの選び方とおすすめ5選の解説でした。
ウッドストーブは焚き火だけでなく、グリルとしても使用でき簡単な調理もできる便利なアイテムです!
アウトドアやキャンプでも活躍すること間違い無しです!
それにキャンプだけでなく防災グッズとして備えておくのもおすすめです。
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

ウッドストーブは焚き火も調理も1つでできる優れもののアイテムです!
キャンプなどに是非使用してみてください!

 

直火式ホットサンドメーカーの選び方とおすすめ5選!キャンプや屋内など料理に大活躍

直火式ホットサンドメーカーの選び方とおすすめ5選!キャンプや屋内など料理に大活躍
ホットサンドメーカーは手軽にホットサンドを作れるだけでなく、最近は様々なアレンジ料理に使用されている注目のアイテムで(ガジェット)です。 ガス火だけでなく、HIにも対応しているモデルもあり、アウトドアの使用はもちろん自宅での使用にも便利です。 そこで、今回は直火式ホットサンドメーカーの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました