WEBカメラの選び方とおすすめ5選!高画質配信でZoomなど会議に! VTuber配信にも!

ガジェット

WEBカメラはZoomなどのWEB会議などで注目されているアイテムです。
パソコンの内蔵カメラよりも高画質なモノが多く、よりきれいな画質で配信することができます。
WEB会議やYouTubeなどの動画配信、子供やペットなどの見守りなどにも活用できます。
そこで、WEBカメラの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

WEBカメラのおすすめは?

WEBカメラの選び方は?

 

・WEBカメラとは
・WEBカメラの選び方
・WEBカメラのおすすめ5選

上記3点から解説します。

 

hatta
hatta

WEBカメラの選び方とおすすめ5選を解説します!
これを読めばWEBカメラで迷うことはもう無くなります!

 

 

Chromebookの選び方とおすすめ5選!コスパ最強でアプリも入れられる!タブレット使用も!

Chromebookの選び方とおすすめ5選!コスパ最強でアプリも入れられる!タブレット使用も!
Chromebookはリーズナブルで快適な作業ができるパソコンです。 ネットサーフィンや、動画視聴、書類作成、画像編集などの作業をウェブブラウザのChrome上で行うのが特徴です。 WindowsやMacとは別の選択肢として注目されているパソコンです。 そこで、Chromebookの選び方とおすすめ5選を解説します。

 

 

WEBカメラとは

「WEBカメラ」はノートパソコンやデスクトップパソコンに接続してビデオ通話ができる機器です。
カメラで撮影した動画や音声をパソコンからインターネット回線を通して遠方に配信できるため、ペットや室内を監視する目的でも使用できます。
カメラが内蔵されていないパソコンを使っている場合でも、WEBカメラを外付けすればビデオ通話ができるので便利です。

離れている相手の表情を見ながら会話できるのがWEBカメラのメリットです。
自分の表情や声もはっきり伝わるため、お互いに相手が目の前にいるような感覚で会話ができます。
ビジネスシーンで使用されることが多いですが、遠方に住む祖父母や親戚との会話やYouTubeに動画配信するのにも使えるので需要が高まっています。

 

hatta
hatta

WEBカメラパソコンに接続してビデオ通話ができる機器です!
WEB会議はもちろん、YouTubeなどの動画配信、子供やペットなどの見守りなどにも活用できます!

 

 

WEBカメラの選び方

設置方法を確認

クリップタイプ:モニターに固定できる

クリップタイプのWEBカメラは、パソコンのモニターに固定してスマートに使えるのが魅力です。
また、モニターの上に設置することで目線の高さにカメラが来るので、見下ろしたり見上げたりすることなく快適に使えます。
カメラを置く場所がない場合もクリップタイプを使うのがおすすめです。
折りたたみ式を選べば外出先にも楽に携帯できます。

クリップタイプを選ぶ場合は、クリップで挟める幅がどのくらいまでかを確認しておきましょう。
ノートパソコンはモニターが薄いため問題なく挟めるモノが多いですが、デスクトップに設置する場合はモニターの厚さをチェックしておかないと挟めないこともあります。
また、カメラをクリップで固定した後に角度調節ができるかどうかも確認しておきましょう。

 

卓上タイプ:テーブルに置くだけ

卓上タイプのWEBカメラは、自由に動かせるのがメリットです。
カメラを持って動かせば、自分一人だけでなく横にいる人や部屋全体を映せます。
クリップタイプのモノでパソコンのモニターに傷を付けたくない方にもおすすめです。

卓上タイプを選ぶ場合は、足の高さやカメラの角度が調節できるかどうかも確認しましょう。
場所によってカメラを低くしたり高くしたりできたほうが何かと便利に使えます。
外出先に携帯したい場合は、折りたためるモノを選ぶとかさばらないのでおすすめです。

 

画質を確認

WEBカメラを選ぶ際には、画質がよいかどうかをしっかり確認しましょう。
画質を確認する上で重要となるのが「画素数」です。
画素数とは映像素子に並んだ光をデジタル信号に変える画素の数のことです。
映像素子が多いほど光を受けてデータに変換される画素の数が多くなるため、美しくて鮮明な画像を映し出すことが可能です。

WEBカメラの画素数は製品によってさまざまで、100万画素から1000万画素以上のものまであります。
WEBカメラにおいては200万画素以上あれば、細かい文字などもはっきり写し出すことが可能です。
友人とビデオ会話するだけであれば、200万画素以上のモノを選べば十分満足できます。

 

フレームレートを確認

動画の配信や録画をする場合はフレームレートも確認しておくのがおすすめです。
フレームレートとは1秒間の動画で見せられる静止画の枚数のことです。
FPSという単位で表され、フレームレートが大きければ大きいほど映像がなめらかになります。
ストリーミング配信をする場合は映像がなめらかでないと観ている方にストレスを与えることもあるので、30FPS以上のモノを選びましょう

Zoomはフレームレートを最大で30FPSに設定することが可能です。
但し、30FPSを維持すると回線にかなりの負担がかかるため、ネットワークが一時的に重くなる可能性もあります。
ビデオ会話においては30FSP以下でも問題ないので、用途に合った性能のWEBカメラを選びましょう。

 

hatta
hatta

「設置方法」「画質」「フレームレート」の3点がWEBカメラを選ぶ際に重要なポイントです!

 

 

WEBカメラのおすすめ5選

上記でWEBカメラの選び方を解説したのですが、実際のところたくさんある中から探すの面倒ですよね?
安心してください!ストレスのないリモート会議は現代のスタンダードだと強く思う筆者が「The Anser」を提示します!
これをポチればチェックメイトです!
筆者が実際に使用している厳選したWEBカメラを5つ紹介します!

 

ELECOM WEBカメラ UCAM-C980FBBK

ELECOM WEBカメラ UCAM-C980FBBK」は最高クラスの高画質WEBカメラを探している方におすすめの製品です。
高感度で色再現性の高い映像を映し出せる裏面照射型CMOSセンサーを採用しています。
フルHD対応の800万画素WEBカメラで、動画も静止画も美しく映し出すことが可能です。
SkypeやZoomなどのチャットソフトやYouTubeライブなどの配信サービスで動作確認済みのため、さまざまな用途に活用できます。

パソコンのモニターに取り付けたり、テーブルなどの平面にも設置できるマルチスタンドを搭載しています。
カメラ本体は上下に角度調節できるため、好みのアングルから撮影できます。
英語や中国語などに対応している多国語マニュアルを付属しているので、外国人の方にもおすすめです。
高画質で多機能なWEBカメラです。

 

・設置方法:クリップ、卓上
・画質:3200万画素
・フレームレート:最大30FPS

 


 

SANWA SUPPLY 会議用ワイドレンズカメラ CMS-V43BK

SANWA SUPPLY 会議用ワイドレンズカメラ CMS-V43BK」は超広角150°ワイドレンズを搭載したWEBカメラです。
ホールやイベント会場などの様子を幅広く撮影するのにおすすめです。
大人数の会議で使用すれば、参加している人だけでなくホワイトボードなどもはっきり映し出すことが可能です。
マイク内蔵で学校や研修所などの講習会で使用するのにも適しています。

HD720p対応でフレームレートが最大30FPSのため、なめらかできれいな映像を撮影することが可能です。
パソコンモニターや三脚に取り付けできるので、好みのアングルに設置できます。
USBケーブルを接続するだけですぐに使えるため、オンライン会議の準備に手間がかかりません。
ZoomやSkypeにも対応している機能性の高いWEBカメラです。

 

・設置方法:クリップ、卓上、三脚
・画質:100万画素
・フレームレート:最大30FPS

 


 

Logicool WEBカメラ StreamCam C980OW

Logicool WEBカメラ StreamCam C980OW」は臨場感のある高画質な映像でストリーミング配信をしたい方におすすめのWEBカメラです。
1080pのフルHD対応でフレームレートも最大60FPSのため、鮮明な映像で撮影や録画ができます。
AI対応の顔トラッキング機能により、ストリーム配信やビデオ撮影の最中に被写体の顔を正確にフォーカスすることが可能です。

デュアルフロントフェースマイク搭載で美しい音声を配信できるのも魅力です。
音楽や歌をストリーミング配信する方におすすめです。
通信速度の速いUSB Type-Cでパソコンと接続できるので、素早くビデオ転送ができます。
高画質で高音質な映像をスムーズに配信できるWEBカメラです。

 

・設置方法:クリップ、卓上
・画質:350万画素
・フレームレート:最大60FPS

 


 

Spedal WEBカメラ

Spedal WEBカメラ」はフルHDのWEBカメラでできるだけ安いモノを探している方におすすめの製品です。
高解像度なだけでなくフレームレートも最大60FPSと高いため、なめらかに動くきれいな映像を撮影できます。
画角が100°と広いので、大人数のオンライン会議や家族全員が参加するビデオ会議にもおすすめです。

自動調光機能により、薄暗い場所でもクリアな映像を撮影できます。
ドライバーソフトが不要でUSB接続するだけですぐに使えるのもポイントです。
折りたたみ式のクリップスタンドでパソコンのモニターやテーブルの上に設置できるため、さまざまなアングルから撮影できます。
使いやすさとコスパのよさが魅力のWEBカメラです。

 

・設置方法:クリップ、卓上
・画質:200万画素
・フレームレート:最大60FPS

 


 

Vitade WEBカメラ 682H

Vitade WEBカメラ 682H」は使いやすい機能が一通り揃っているWEBカメラです。
暗い場所での撮影に適した光補正機能、画角100°の広角レンズ、専用ドライバー不要、マニュアルフォーカス、360°角度調節、などの便利な機能を搭載しています。
2台のステレオマイク内蔵で臨場感のある音声を配信できるのも魅力です。

高画質なフルHDでフレームレートが60FPSなので、なめらかできれいな映像を撮影できます。
パソコンのモニターにもテーブルの上にも設置でき、三脚にも取り付け可能なので好みのアングルで使用することが可能です。
ビデオ会話にもストリーミング配信にも適しているので、さまざまな用途でWEBカメラを使いたい方におすすめです。

 

・設置方法:クリップ、卓上、三脚
・画質:200万画素
・フレームレート:最大60FPS

 


 

 

hatta
hatta

上記5点が実際に筆者が使用しているWEBカメラです!
Zoomやskypeなどのweb会議はもちろん、動画配信などにもおすすめです!

 

 

WEBカメラは1つは持っておいて損はないアイテム

以上がWEBカメラの選び方とおすすめ5選の解説でした。
WEBカメラはZoomなどのWEB会議などで注目されているアイテムです!
パソコンの内蔵カメラよりも高画質なモノが多く、よりきれいな画質で配信することができます!
WEB会議やYouTubeなどの動画配信、子供やペットなどの見守りなどにも活用できます!

筆者はきれいな画質はリモート会議のスタンダードだと強く思っています!
これからますます在宅でWEB会議などが触れると予想しています!
そんな中でWEBカメラは1つは持っておいて損はないアイテムです!
是非、お気に入りのモデルを選んでみてください。

 

hatta
hatta

働き方の変化で場所や距離が関係ない時代です!
WEBカメラは1つは持っておいて損はないアイテムです!

 

 

ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンの選び方とおすすめ5選!音楽や仕事に!

ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンの選び方とおすすめ5選!音楽や仕事に!
ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンは外からの雑音や騒音を消してくれ、音楽に集中できる便利なアイテム(ガジェット)です。 音楽はもちろん、テレワークなどの仕事や通話などにも便利で、人生の生産性を上げることができるアイテムです。 そこで、ノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンの選び方とおすすめ5選を解説します。
タイトルとURLをコピーしました